世間は三連休ながら

0

    夏井&カンパニーは、明日のラジオ収録『夏井いつきの一句一遊』の収録に備えての選句、出版間近の『おうちde俳句』の最終校正、愛称『俳句前夜本』の詰め、祝日関係のないルーティン、さらに犇めく諸々諸々の仕事のため祝日出勤! す、すまん、みんなッ!

     

    ウェンズデー正人がNHK全国俳句大会の予選選者として東京へ行ってるためいつも以上の人手不足で、社員全員目一杯働きました。が、私がいうのも何ですが、気持ちよく働くとその日のご飯が美味いのです。

     

    夏井&カンパニーの自慢は、我が義妹さっちゃん(@調理師)の賄いを皆で食べる、サラ飯です♪

    今日は、祝日なのに振り替え仕事となったため、子連れ出勤も!

    大鍋のシチューが豊かであります。

    そんなこんなというよりも、さっちゃんの昼ご飯は文句なく美味いのだよ♪(笑)

     

    みなで一緒に食べるというのは、大事なことかもしれません。

    かつての職人の家、自営業の家。

    みんな一緒にご飯を食べることで、心をつなげていったのかもしれないね。


    岡田一実 出版記念会〜愛のあいさつ

    0

      フジミンこと、岡田一実さんの句集出版記念会。

      現代俳句協会新人賞その他、着々と力をつけてきた今回の句集は、まさにホンモノの実力!

       

      私もスピーチをさせていただきました。

      フジミンに「組長、今の挨拶の下書きをください」と言われたけど、下書きなんかないので、後ろのほうの覚えている部分を(いい足りてなかったのも加えつつ)再現してみます。ははは!

       

      (フジミン&マイマイの俳句結婚式、今回の句集について等の後)

      今回の句集の題名に「沼」という言葉が出てきます。彼女にとって「沼」とは何か。それは、己の心身を沈めて補修し再生し覚醒するための思索の沼なのでしょう。その沼は彼女にとってなくてはならないもの。その美しく静かな沼を、守ってくれているのがマイマイという男です。彼の力なくして、岡田一実の今はありません。こんな素晴らしい夫を、私はマイマイ以外には、この世で一人しか知りません。(会場、一瞬の間の後の大拍手&爆笑@さんきゅ) フジミン、私たちは、豊かな土壌のような類い希な夫と出会うことができました。謙虚に感謝しつつ、この夫たちを大切にしつつ、自分自身を存分に育ててまいりましょう。


       

      この写真は、夫マイマイくんの口笛コンサート。

      最初の曲は「愛のあいさつ」

      フジミン、ほんとに幸せそうでした。


      湯之町秋まつり 伊月庵に御神輿!

      0

        秋祭りの頃に道後に来ることはなかったので、初めての体験!

        道後駅前の鉢合わせに圧倒され、あまりの吃驚に写真を撮るのを忘れておりました。

         

        その後、新築の伊月庵に御神輿が来てくれて、お祓いをしていただき、

        賑やかにワッショイワッショイ♪

         

        神輿に乗りますかと誘っていただいたけど、わたしゃ無理だよ。

        ウェンズデー正人が息子りんりんを連れて!

        リンリンは、御神輿の兄ちゃんたちが苦笑いするほど、

        あたりに轟き渡る号泣!

        佳き秋祭りでありました。ははは!


        新居浜 俳句ウォーク 台風にて中止

        0

          金曜日のうちに中止は決定していたので、

          高知黒潮町の講演が終わった後、高知市内まで移動して一泊。

          翌土曜日は四国中央市周りで戻りました。

          四国を半周するカタチです。

           

          新宮のあたりは深い霧と激しい雨の繰り返し。

          新居浜あたりの山沿いも豪雨。

          これではウォーキングは無理だったなあ〜と思いつつ、

          松山まで戻ってくると嘘のような青空。

           

          ウェンズデー正人が出演していた、ラジオウォークのイベントは無事に実施できたようだねと話しつつ、伊月庵まで戻ってくると、な、なんと庵の前に人だかり。何事かと坂を上っていくと、庵のすぐに横にある小屋に軽トラが突っ込んでいて吃驚仰天! ラジオウォークの後片付けに来ていた軽トラックのサイドブレーキが甘かったとかで、無人のまま走り出し、小屋に突っ込んだそうな。万が一、そのまま上人坂を下っていったら惨事となっていたかも。小屋にぶつかってくれたのは、不幸中の幸いというべきでしょう。

           

          元は井戸小屋だったという小屋のブロックがことごとく壊れ、トンネルみたいになってます。

          いやはや、何が起こるか分からない。


          高知 黒潮町にて講演

          0

            台風25号の豪雨の中、高知の黒潮町に到着。

            雨が凄くて、ビビりました!

             

            しかし、そこには待って下さる人たちがいる。

             

            そして、昨日の記事への書き込み。

            福岡の理酔兄ちゃんから、青森の佐東あーすけ君へのメッセージ。

             

            あーさんへ

            俺と貴兄は俳句と言う縁で結ばれてしまっているので、いつか必ず会えます。

            会って握手をし酒を酌み交わし句会に臨むのです。

            信じられなくても構いません、でも約束します。理酔拝。

             

            有り難いよ。

            嬉しいよ。

            私の脳の中では、あーすけと理酔が一緒に飲んでる姿が思い浮かぶ。

            あ、勿論わたしも一緒に♪

            なんの接点もない人間同士が俳句という一点で繋がる。

            なんて素敵なことだろう!

             

            私の今年の活動のキーワードは「繋がる」

            ケンコーさんとスーツケースを引きずって日本中を歩きまわっているのは、

            俳句という一点で繋がる仲間たちを増やしていくため。

             

            己の俳句結社にだけ会員を集めようと腐心するのではなく、

            己に忠誠を誓う会員を増やすのでもなく、

            ましてや、己のもとに利権を囲い込もうなどとは言語道断。

             

            100年後の未来に向かって、俳句の種を蒔きましょう!という合い言葉のみで繋がっていく。

            それが、夏井いつきの変わることのない志であります。


            青森 成田本店にてトークショー

            0

              ショッピングモールでのトークショー&サイン会!

              平日の昼日中なのに、こんなにたくさんの皆さんが集まって下さって驚きました。

              「仕事休んできました!」という人もいれば、

              「おばあちゃんが冥土の土産に行きたいというので一緒に来ました」という人もいる。

               

              ハイポにストの佐東あーすけ、津軽わさお。会うことができました。

              嬉しいことです。

               

              今日の本屋さんのスタッフとの記念写真♪

               

              先日のコメントに、福岡の理酔兄ちゃんが優しいことを書いてくれてて、

              なんかホロリと涙しそうになりました。

              理酔兄ちゃん、人間いつかいずれ動けなくなる日がきます。

              今しばらくは、全国の仲間たちに会うための旅を続けていきます♪


              弘前芸術鑑賞会句会ライブ

              0

                事務局の皆さんの熱意を肌で感じた夜。

                また新しいご縁を結ぶことができました。

                 

                そして、この日は400人の皆さんと、大いに笑い転げました。

                「俳句って楽しい!」

                これから、青森に移動。

                成田本店という本屋さんでのトークショー♪


                『プレバト!!』 の楽屋にて

                0

                  仕事を持ち込んでパソコン叩きつつ、

                  そこに来ていただいた取材の方、打ち合わせの方々との慌ただしい時間。

                  前回の『冬麗戦』も楽しんでいただけたそうで嬉しく思っております♪

                   

                  明日は弘前へ!

                   

                  3日朝の追伸。

                  早速、人見直樹に突っ込まれてた〜(笑)

                  楽屋で冬麗戦の兼題写真の相談してたので、脳がそっちにいってたワ〜ははは!


                  拓殖大学第一高等学校 1300人の句会ライブ

                  0

                    いや〜いいヤツらでした。明るくて、ユニークで、素直で、いかにも思春期。

                    自分の心にあるモノを真っ直ぐに見つめてくれて、考えさせられる句も色々出てきました。

                    それらを受け止める先生方がまたいい。

                    共に笑い共に悩むという空気を共有しているのが頼もしい。

                     

                    良き句会ライブでありました。

                    明日は『プレバト!!』の収録です♪


                    俳都松山から 嵐の前の東京へ

                    0

                      昨日は、俳都松山イベントにご参加下さいまして、ありがとうございました!

                      遠くは、石川県、東京都、和歌山県、福岡県など県外からもご来場いただき、新車感謝・・・いやいや、深謝感謝でございます。

                       

                      今回のイベントは「俳句ポスト五十年」というテーマでした。

                      え?もう五十年なの?と驚いた人もいたのではないかと思いますが、

                      夏井が選句を担当させていただいているのは「まつやま俳句ポスト365」で、これはネット上で運営されている松山市公式俳句サイトです。元祖「俳句ポスト」は、五十年前に松山城長者ヶ平に設置された投句箱なのだそうです。そんな俳句ポストが、松山市内には94ヶ所あり、さらに県外や国内にも設置されているのだということを、私は昨日知りました。

                       

                      その「俳句ポスト」は、年に四回、投句箱が開けられ、松山市内の俳人が当番制で選句をしているのだそうです。この五十年間で、投句総数が45万句なのだとか。俳都松山を訪れた皆さんが「これが噂の俳句ポストか」と投句して下さるのですね。

                       

                      かたや「まつやま俳句ポスト365」は、

                      毎月二回、隔週で投句〆切がありますので、先週で第202回を向かえております。

                      最初の頃は、毎週投句〆切があり毎週結果発表していたのですが、投句者の数が増え続けるため選句作業が追いつかなくなり、現在は隔週〆切隔週発表となっています。

                      サイト開設当時は、100人弱?ぐらいの投句者でしたが、現在は毎回1300人以上。投句は7000句以上集まります。嬉しい悲鳴ですが、このサイトを通じて、投句者同士のさまざまな交流も生まれ、俳都松山ファンも静かに増えており、選者冥利に尽きる仕事をさせていただいております。

                       

                      参加者の皆さん、

                      昨日の「俳句対局」も楽しんでいただけましたか。

                      あ、これは、司会のウエンディー正人と夏井が、ルール説明してるとこ。

                       

                      今回はエキシビションマッチということで、和やかな雰囲気の中での対局でしたが、岸本尚毅さんVS関悦史さんの対戦はさすがでした。作句の速さ、質の高さ。これまでの俳句対局では最高のレベル! 実に面白かった。内容については、どこかなにかの紙面で紹介されるかもしれないので、これ以上は述べませんが、エエもんを見せてもらった!という至福の時間でした。

                       

                      あ、もう一つ。

                      当日の客席に九歳のお嬢さんがいて、私が「最近の一句は?」と頼みましたら、「満月やアリクイの子の仁王立ち」の一句を披露してくれました。会場が暗かったのでシルエットしか見えなかったのですが、句を聞いたとたん「あ!幸の実ちゃん♪」と分かりました。この句は、舞台にいた審査員団も絶賛。高野ムツオ先生も「スゴイ小学生がいる!」と誉めて下さいました。この句は『月の歳時記』のグラビアページにも載せた作品。嬉しい実りです!

                       

                      そんな俳句対局の現場から、松山空港へ直行。

                      今日は東京のホテルに籠もって仕事してます。傍らのテレビでは、台風情報が続いています。

                      とにかく「自分の身を守る」、これを合い言葉に台風に対処いたしましょう。


                      << | 2/435PAGES | >>

                      ★当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

                      俳句新聞いつき組
                      ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちらへ!

                      【夏井いつき最新刊】

                      第3弾の夏は
                      「時鳥(ほととぎす)」!
                      ビジュアルで発想を鍛えて
                      季語に強くなる

                      夏井いつきの
                      「時鳥」の歳時記

                      (発行:世界文化社)

                      【夏井いつき近著】

                      第2弾の春は、まるごと桜!
                      ビジュアルで発想を鍛えて
                      季語に強くなる

                      夏井いつきの
                      「花」の歳時記

                      (発行:世界文化社)

                      季語と名句を毎日鑑賞!
                      待望の2018年版登場!

                      2018年版
                      夏井いつきの
                      365日季語手帖


                      「プレバト!!」俳句コーナー
                      番組公式本 第2弾!

                      2択で学ぶ赤ペン俳句教室
                      (発行:ヨシモトブックス)

                      1日の終わりに
                      愉快な俳句と小さな気づきを。

                      寝る前に読む一句、二句。
                      (発行:ワニブックス)

                      一冊丸ごと雪づくし!
                      ビジュアルで発想を鍛えて
                      季語に強くなる

                      夏井いつきの
                      「雪」の歳時記

                      (発行:世界文化社)

                      だれでもカンタンに
                      「才能アリ!」な俳句が作れる!

                      夏井いつきの
                      超カンタン!俳句塾

                      (発行:世界文化社)

                      「才能アリ!」な季節の挨拶
                      季語を使ったお便り実用書

                      夏井いつきの
                      美しき、季節と日本語

                      (発行:ワニブックス)

                      夏井いつき第一句集復刊!
                      新装版となって登場

                      句集 伊月集 龍
                      夏井いつき
                      (発行:朝日出版社)


                      超辛口先生の赤ペン俳句教室
                      夏井いつき
                      (発行:朝日出版社)


                      俳優 勝村政信×俳人 夏井いつき
                      付句のある往復Eメール書簡集



                      句集シングル 龍尾



                      句集シングル 蝶語

                      links

                      日本俳句教育研究会
                      俳句甲子園
                      俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
                      四国 おひるのクローバー
                      朧庵

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM