末黒野の寅次

0

    東京の寅次から特派員報告です。箱根に吟行したらしいよ♪

     

     

    東京の寅次です。
    いつぞやは「針供養」のメールを特派員レポートに取り上げてくださりありがとうございました。
    今回は「末黒野」の現場に出掛けてみました。
    場所は箱根の仙石原。秋にはススキ草原として有名なところです。
    仙石原で「野焼」があることは今回調べて初めて知ったのですが、
    今年は3月15日に行われたようです。
    一面が黒々と焦げた焼け野原、
    そんな写真を撮るつもりでしたが、
    思い出してください、3月21日の春分の日に関東地方に雪が降ったことを…。
    ところどころ雪が映り込んでいますがお許しください。
    季語の現場に赴いた感想としましては、
    未だに 時おり焦げ臭さを感じた事。
    春分の日の積雪、そして雪解けを経ても焦げ臭さを感じたのには驚きました。
    そして、栄養分を蓄えたであろう大地がフカフカで、必要以上に歩き回ることは躊躇われました。
    また、これは絶対に気のせいなのでしょうが、表面に熱を維持し続けているような錯覚に陥りました。
    焼けたのは薄ばかりでなく、石や大きな岩、木の幹などもありました。
    1時間ほど居たというのに現場では句にならず、俳句の種だけ持ち帰りました。
    その後、なんとか1句2句はひねり出せそうな気配です。
    なお、以下二枚は薄がフサフサな時のもの(10年ほど昔)です。
    末黒野の状態との比較になればと思いまして。
    寅次
    寅次ありがとう!
    それにしても、一枚目二枚目の燃えてる写真はどうやって撮ったのか?
    寅次は、仙石原に何年も通ってるのか。人の姿が入ると、広さや高さも分かります。
    「末黒野」という素敵な響きの季語。
    皆さんも一句いかが♪ 

    コメント
    末黒野。こうした地に自分も行って時が尽きるまで眺め、句を捻り出したいものです。駄句かもしれませんが、一句お許しください。
    末黒野や口ずさりたる中也の詩
    • 野中泰風
    • 2018/03/29 9:31 AM
    末黒野、懐かしいです。
    由布岳の裾野でも野焼きが行われるのですが、私は野焼きの2日後の焼野に立ちました。
    辺り一面が焦げ臭く、地面の熱がトレッキングシューズの厚い靴底を通して伝わってきました。
    あちこちで上昇気流が小さなつむじ風を起こしていました。
    木の実が十個ばかり固まって焦げている場所があって、野ネズミの巣でもあったのだろうか、逃げおおせただろうかと想像しました。

    太陽も風も歪んでゆく焼野
    • 樫の木
    • 2018/03/30 9:39 AM
    初めて知った「末黒野」という季語(言葉)。現場に赴いて受けた衝撃のままお便りを送信してしまいました。俳句一年生が出しゃばり過ぎたかもしれません。お許し下さい。

    野中泰風さんや樫の木さんは素敵な句を披露してくださり、その流れを汲んで私も一句…といきたいところですが、いまいち自信が無く、ご容赦…。

    そんな私は温泉が好きな東京在住の者でして、箱根は手軽に行ける温泉地なので折りにつけ訪問はしております。ただ、年に何回も毎年といった箱根通ではありません。仙石原も5、6回ぐらいでしょうか。

    ちなみに、仙石原の薄草原ですが、入場料がいるような特別な公園ではないようなので基本的にいつでも出入りは可能だと思います。そういうわけで、末黒野を直に踏み締め、手に触れることも可能。写真は座り込んで思いっきり接写したものです。

    チーム裾野(でしたっけ?)の一員として、これからも特派員レポートをお送りすることがあるかもしれませんがよろしくお願いいたします。
    • 寅次
    • 2018/03/31 9:24 PM
    コメントする








       

    ★当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    俳句新聞いつき組
    ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちらへ!

    【夏井いつき最新刊】

    第3弾の夏は
    「時鳥(ほととぎす)」!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「時鳥」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    【夏井いつき近著】

    第2弾の春は、まるごと桜!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「花」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    季語と名句を毎日鑑賞!
    待望の2018年版登場!

    2018年版
    夏井いつきの
    365日季語手帖


    「プレバト!!」俳句コーナー
    番組公式本 第2弾!

    2択で学ぶ赤ペン俳句教室
    (発行:ヨシモトブックス)

    1日の終わりに
    愉快な俳句と小さな気づきを。

    寝る前に読む一句、二句。
    (発行:ワニブックス)

    一冊丸ごと雪づくし!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「雪」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    だれでもカンタンに
    「才能アリ!」な俳句が作れる!

    夏井いつきの
    超カンタン!俳句塾

    (発行:世界文化社)

    「才能アリ!」な季節の挨拶
    季語を使ったお便り実用書

    夏井いつきの
    美しき、季節と日本語

    (発行:ワニブックス)

    夏井いつき第一句集復刊!
    新装版となって登場

    句集 伊月集 龍
    夏井いつき
    (発行:朝日出版社)


    超辛口先生の赤ペン俳句教室
    夏井いつき
    (発行:朝日出版社)


    俳優 勝村政信×俳人 夏井いつき
    付句のある往復Eメール書簡集



    句集シングル 龍尾



    句集シングル 蝶語

    links

    日本俳句教育研究会
    俳句甲子園
    俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
    四国 おひるのクローバー
    朧庵

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM