本屋さん定期巡回〜七瀬ゆきこ

0
    日本中の書店の俳句コーナーが活性化することを願う日々。
    七瀬ゆきこからの特派員レポートです♪
    組長〜
    お疲れ様です。
    本屋の定期巡回報告です。
    今回は、ブログにもあった、2018年版「365日季語手帖」を中心に。
    久々に、三重県は、四日市駅の丸善に行きましたら、広くなった俳句コーナーは、組長一色の面陳列。ゴールデンゾーンを占拠し、雪の句、なんて、となりの棚に飛び出して、落ちそうなくらいになってました。表紙を見せる面陳列は、書店員のオススメ商品が多いこと。平積みのように、下のほうに置く陳列法と異なり、人の目線の高さに置かれること。でも、多部数を置くことはほとんどないとの事ですが、なんのなんの、二段、奥までビッチリでございますよ。俳句を全く知らない人には、俳句=組長の図ですね。芭蕉を知らなくても、夏井先生は知ってる、すごい事です。
    2018年版、京都の丸善には、年末から並んでいましたし、大阪駅の紀伊国屋書店二軒とも、年明け、しっかり並んでいます。新刊が出ると、多面陳列もしてくれます。
    名古屋駅の三省堂書店は、雪の句発売の数日前から、再々入荷日を確認していたら、当日は、あのサイズが雑誌コーナーのガラスに、激しく面陳列で、目立つこと。その後も、順調に俳句コーナーが広がっています。
    鈴鹿市の蔦屋書店は、俳句コーナーがありませんが、NHK俳句テキストを年間予約したり、度々本を探してもらううちに、良い場所に、移動しています。組長の本で、スペースが広がってますので、コーナー化も、時間の問題かな。
    店員さんの意識が、売り場を作りますので、本屋さんは、格好の種蒔き場ですよね。
    ちょっと、小賢しいのですが、俳句コーナーどこですか?と、毎度聞きます。それだけで、夏井先生の本ですよね、と言われること、多いんです。それと、本に、カバーをかけてもらいます。店員さんに少しでも触れてほしいし、印象に残るでしょうから。
    そのうち、俳句の話ができたら、最高です。
    どの書店も、新刊「花の句」を置くために、更に、他の棚を侵食する模様です。
    あっ、遅くなりましたが、サイン本、ありがとうございました。
    手元にあった方は、無事、種蒔きになりました。七瀬ゆきこ
    七瀬ゆきこ〜
    定期巡回ありがとう!
    日本中の本屋さんを応援することと「俳句の種蒔き」が両立できるのが理想だと思ってるので、書店員さんにも俳句ファンになってもらえたら嬉しいよね。日本中の人たちが「俳句って楽しい!」と思ってくれる日を目指す♪

    コメント
    田舎の本屋でも、じわじわと俳句ファンが増えてるのは感じてます。

    ただ、句集は、いろいろあって置けないんですよね。濃ゆめの俳句ファンとしてはそこが辛い。
    サラリーマン川柳の本は売れるんですが。

    例えば金子兜太さんが亡くなり、氏の句をじっくり味わってほしいと思っても、実質置けるタマがなかなかない、というのが本当に歯がゆいです。
    • すな恵
    • 2018/02/24 7:32 AM
    壮観ですね!広い俳句コーナーを見るととっても嬉しくなります!
    「日本中の本屋さんを応援する」という組長のお言葉にじーんとします。図書館も古本屋も大好きですが本に関わる方がそれで生計を立てていけますように・・・という気持ちで本を購入していきます。本屋さんでわくわくする気持ちを次の世代にも伝えたいな、とおこがましくも思うのです。
    ところで先日、高知の金高堂本店で5月オレンジホールでの句会ライブのお知らせが置いてあり組長のお写真に飛びつきました!
    今日が前売り券発売日だったので購入いたしましたー!!
    わー!嬉しいー!!
    ネットの句友の皆さんが「人生観が変わるほど楽しいよ!」「絶対組長に声かけてね!」と言ってくださったので人見知りの自分ですが、機会を見てお声をかけさせていただく、いただきたく・・・
    ガタガタ震えているかもしれませんがどうぞ笑ってやってくださいね!組長にお会いできる日を楽しみに生きてまいります!!

    • 桃猫
    • 2018/02/24 4:58 PM
    大きなチェーン店などの書店は、トーハンやら日販やらの取次会社に色々と便宜を図ってもらえるのです。

    ですが、私が以前に働いていた個人経営の書店などでは、欲しい本が思うように配本されず、たまたまその週だけ売り上げが落ちた雑誌が翌週に減本されすぐに売り切れて、常連の方が買えずに申し訳ない想いをした経験もあります。
    また、地方の小出版社の書籍は注文したお客様がいるにも関わらず届くまでに時間がかかったり、取り次いでもらえなかったりと、裏の事情は複雑です。
    地方による発売日の差もまだありますし、書籍の売り上げが減っていると嘆く前に、もっとやることがあるだろう!と。

    そのような中で、夏井さんの書籍を発行している松山のマルコボさんの企業努力には感心しています。これからも頑張ってください!
    • 通りすがりの元書店員
    • 2018/02/26 1:55 AM
    夏井先生、こんばんは!先生の辛口コメント、いつもとっても面白いです☆

    ・・・でもね、あなたに悪気が無くても、相手が本気で傷つく場合も多いんですよ?

    まして、俳句も芸術作品でしょう?
    良いも悪いも無い。

    人それぞれで、いいはずです。
    • 尾植久実
    • 2018/02/26 6:12 AM
    尾植久実さんは俳句はなさらない方でしょうか。

    たとえば句会に、どうしようもないつまらない句が出たとしたら……辛口コメントすらありません。誰にも取り上げてもらえず、スルーされるだけ。
    「この句はここがダメ!」「下手!」とズバリと言っていただけるのって、実はとても有難い事なんですよね。

    俳句に良いも悪いもない、と言われますが、俳句やってる人間からしたら、やっぱり「いい俳句、魅力のある俳句」と「つまんない、魅力のない俳句」はあるんですよ。

    魅力のない俳句に対しても「人それぞれですからね〜いい句ですよ〜」なんて言うのは、実は優しさじゃないと思うんですよね。

    誰だって魅力的な句を詠みたいわけで、そのために勉強したり苦吟したりするんです。
    夏井先生のは辛口でも毒舌でもなくて、愛ある言葉だと私は思います。

    もちろん、考え方は「人それぞれ」ですけれど。
    • 一俳人として
    • 2018/02/26 7:15 PM
    テレビだけを見よったら辛口で毒舌だと思われるのでしょうね。ぜひ句会ライブに参加してみてください。
    カルチャー教室はいつも笑いがあふれています。10年はとおに過ぎました、ここがいかんというふうに厳しく言われたことはただの一度もありませんし、誰かが言わよとるのを見たこともありません。テレビの場合演出も多少はあるでしょうが、辛口は信頼の証のように思えて、私は梅沢さんがうらやましくてたまりません。
    • あねご
    • 2018/02/26 10:37 PM
    尾植さんのような意見が、ここに載ることも、この広場のありようだし、やはり、組長は、水なのだと思いました。

    一つだけ、
    もし、組長がテレビで辛口先生でなかったなら、ああどの句もいいね、素敵だねと言っていたら、私は、この広場に出会う事がなかった。

    昨年5月、初めてのプレバトカルチャースクールに、勇気を振り絞って1人参加し、俳句って面白い!と思ったのが始まり。スクールは全員、組長の辛口を浴びたくての参加、私は凡人ど真ん中でしたが。

    尾植さん、よろしかったら、一句一遊を聞いてみてください。月曜日の句に笑い、火曜日の句に安堵し、水曜日の句に癒され、木曜日のお便りに泣き、そして、やはり、金曜日の句には、生きる力をもらいます。
    組長がいつも言う、いい俳句に出会うと血が綺麗になる、を、初心者の私でも体感する事ができます。私もまた、俳句に救われた一人なのです。


    もちろん、テレビの演出ではありますが、あの辛口こそが、組長の100年計画の本気度なのだと、私は、思っています。

    • 七瀬ゆきこ
    • 2018/02/27 9:17 AM
     組長の「辛口」は「辛口」だけど「悪口」ではない。

     組長の「厳しい言葉」は厳しくはあるが「冷たく」はない。

     辛口と悪口。厳しいと冷たい。

     違いは根底に「愛」があるかいなか。一句一遊や句会ライブ、組長を迎えての句会を経験すれば底に愛があるのが分かる。どんな初心者のどんな下手な句に対しても最低限の敬意を句と作者に払われている。

     プレバトはあくまでもバラエティ番組。ディレクターの演出に合わせてわざとオーバーにしている。それでも十分良いところは褒め、辛口コメントの後もにっこりわらって「冗談だよ、本気じゃないよ」と相手に伝えておられる。

     組長程度のことを不快に思っていたら、若手芸人に対する拷問のようないじりの方がよっぽど見ていて不愉快。いじりを通り越していじめに見える。

     そういう方はテレビはニュースとドキュメンタリーだけを見るようにしたほうが良いと思いますよ。
    • クラウド坂上
    • 2018/02/27 9:19 PM
    あのう…
    誰かの間違いや誤解を解きたいならば、一人が穏やかに諭せばそれで良いわけで、
    異論は認めないとばかりに常連さんが集まってきてわーわーと反論しているのは、今の不寛容なネット社会の縮図そのものに見えます。
    いくら組長が自由な広場だと言っても、そこに集う人たちがその意識を持ってないと、外から見ていてずいぶん封建的で閉鎖的な集まりだと見えてしまうんですけど。
    • ハクビシン
    • 2018/02/28 11:50 AM
    うーん……皆さんが書かれていることって「わーわーと反論」なんでしょうか。
    私にはそうは思えませんけど、そんな風に受け取る方もいるのだなと驚きました。
    まさに人それぞれではありますね。
    • 何も言えなくなっちゃう
    • 2018/03/01 1:54 AM
    コメントする








       

    ★当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    俳句新聞いつき組
    ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちらへ!

    【夏井いつき最新刊】

    季語と名句を毎日鑑賞!
    待望の2018年版登場!

    2018年版
    夏井いつきの
    365日季語手帖


    【夏井いつき近著】

    「プレバト!!」俳句コーナー
    番組公式本 第2弾!

    2択で学ぶ赤ペン俳句教室
    (発行:ヨシモトブックス)

    1日の終わりに
    愉快な俳句と小さな気づきを。

    寝る前に読む一句、二句。
    (発行:ワニブックス)

    一冊丸ごと雪づくし!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「雪」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    季語と名句を毎日鑑賞!
    夏井いつきによる
    俳句上達のポイント満載!

    2017年版
    夏井いつきの
    365日季語手帖


    だれでもカンタンに
    「才能アリ!」な俳句が作れる!

    夏井いつきの
    超カンタン!俳句塾

    (発行:世界文化社)

    「才能アリ!」な季節の挨拶
    季語を使ったお便り実用書

    夏井いつきの
    美しき、季節と日本語

    (発行:ワニブックス)

    夏井いつき第一句集復刊!
    新装版となって登場

    句集 伊月集 龍
    夏井いつき
    (発行:朝日出版社)


    超辛口先生の赤ペン俳句教室
    夏井いつき
    (発行:朝日出版社)


    俳優 勝村政信×俳人 夏井いつき
    付句のある往復Eメール書簡集



    句集シングル 龍尾



    句集シングル 蝶語

    links

    日本俳句教育研究会
    俳句甲子園
    俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
    四国 おひるのクローバー
    朧庵

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM