金子兜太先生 訃報の朝

0

    新聞社からの電話で知る。

    覚悟はしていたが、その日は今日であったかと。

     

    兜太先生は、春を吐いてるような人だった。

    エネルギーの塊みたいで、大好きだった。

     

     

      兜太先生春を吐き尽くして笑う    いつき


    コメント
    朝日新聞の俳句欄で「金子兜太選」というのが無くなっていましたから、
    かなり悪い状態なのだろうとは思っておりました。
    心よりお悔やみ申し上げます。
    • いつき組リスナー版 たあさん
    • 2018/02/21 8:53 AM
    大きな大きな狼がゆつくり倒れゆきにけり リンド
    狼についていた蛍は魂のようなものでその光が消えてしまったようでとても寂しいです。今は春ですが金子兜太さんの狼の句が好きです。
    • 矢野リンド
    • 2018/02/21 10:08 AM
    数年前の俳句甲子園のことを昨日のことのように覚えています。
    「私はこういう句が好きだ」
    兜太先生のこの一言で、会場の空気が一変しました。
    それだけの力をもたれた方でした。
    ぜひもう一度来ていただきたかった。
    • kyoto
    • 2018/02/21 10:14 AM
    でも金子兜太さんの魂は光を失わないと思いなおしました。(二回も書き込んですみません。)
    • 矢野リンド
    • 2018/02/21 10:19 AM
    ネットつけるとこのニュースがあり、間違いでないこと確認しました。
    小学校の教科書で、 彎曲し火傷し爆心地のマラソン
    で衝撃を受け、以来俳句に縁のなかった数十年の間もふと浮かんでくる句でした。
    俳句を始めて、あらためて金子兜太さんの句をいろいろ読ませていただき、特にアニミズムと言われている句にまだ深く読む力もないままですが魅かれます。
     おおかみに蛍が一つ付いていた  金子兜太
    は、大好きな句であり、いつかこんな句がと思い求める句です。今年度の365日季語手帖掲載の
     猪が来て空気を食べる春の峠  金子兜太
    にも兜太さんの世界に酔わせていただき、自分でも「春の峠」で詠んでみようと挑戦しているところでもありました。
    私のような、俳句歴の浅い、まだ俳句というものもわかりかねている者が、こんな大きな方の訃報にコメントしてもいいのだろうかとも思いましたが、じっとしていられずコメントさせていただきました。
    改めまして、金子兜太さんのご冥福をお祈り申し上げます。   あまぶー拝


    • あまぶー
    • 2018/02/21 10:20 AM
    夏を喰らうくらいの勢いでしたが‥

    一昨日の誤報の後、予断は許さない状態とのことでした。4月の秩父道場に参加の予定でした。残念です。
    • ありこ
    • 2018/02/21 10:43 AM
    俳句甲子園に来られた時に本にサインを頂いたことがあります。美しい俳号だねと褒めていただきました。もう一度お目にかかりたかったです。
    • しんじゆ
    • 2018/02/21 12:45 PM
    無念です‼
    兜太死すカミやケモノのともがらへ でるた
    • でるた
    • 2018/02/21 12:48 PM
    暗黒を駆けぬく春風兜太ゆく 播磨陽子

    ご冥福をお祈りいたします。
    • 播磨陽子
    • 2018/02/21 5:27 PM
    暗黒や関東平野に火事一つ 金子兜太
    深い闇、茫々たる関東平野に火の手が上がる。まるで生き物のようにのたうつ炎が、闇の黒を際立たせる。業火の前になすすべもない人間の姿と、同時に必死に火に立ち向かう姿も見えてきます。
    この火が戦火であったかどうかは調べていません。ただ、先が見えないまま必死に励むときが、人生には何度もありますよね。はっぱをかけられたように感じた一句でした。
    • 播磨陽子
    • 2018/02/21 5:50 PM
    先の戦争にて語るべき人が鬼籍に入る今、金子兜太はもっと語るべきではなかったのか?
    • ねこ端石
    • 2018/02/21 5:51 PM
    大きな句の道を、句史を綴りつけられた偉人が過ぎ去って至ったのですね。残念な事ですが、残された句はこれらの句の道に刻まれ道を歩もうとする人々の心を満たされていくでしょう。
    金子兜太先生に御冥福をお祈り申し上げます。
    • 野中泰風
    • 2018/02/21 7:14 PM
    道後俳句塾でのこと、兜太先生と杏子先生との車中での会話のやり取りを思い出しました。ご冥福をお祈り致します。

    朧夜を揺さぶる秩父の軍神よ きとうじん
    • きとうじん
    • 2018/02/21 7:50 PM
    七年ほど前の事ですが、俳句王国で御一緒させていただきました。「あんた歳はいくつだい?」と収録中に声を掛けられ「俺が作りたい句だ」と拙句を誉めて下さいました。収録後に後にお礼を申し上げ夏井いつきの弟子だと告げると「あんたにゃ今日はやられたなあ、そうかいそう言うことかい」と笑顔で言われました。金子兜太先生、俺は何百年生きても貴方にはかないませんが、数センチでも近付ける様に頑張ります。
    合掌。

    理酔拝
    • 理酔
    • 2018/02/21 8:35 PM
    昨年四月、それまで見向きもしてなかった朝日俳壇にて金子兜太先生のお名前を知りました。これも俳句なんだと、型破り精神を教えていただいたように思います。ご遺族ご近親の上に慰めと希望を祈ります。

    きょお!と喚いてこの汽車はゆく兜太の忌
    • 純音
    • 2018/02/21 8:45 PM
    大変驚きました。
    私のような一方的に金子兜太氏を存じ上げている者でも訃報を知りため息のつく1日でしたから
    組長の御心はいかばかりかと思われます。
    2015年に落合恵子さんのクレヨンハウス夏の学校に参加し、金子兜太さんの講演をお聞きしました。ご自分の戦争体験のこと、心から戦争を憎み平和を願うこと、戦場での句会。
    楽しく強く話されました。

    謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

    春潮を振り切り旗手の飛びゆける

    かま猫拝
    • かま猫
    • 2018/02/21 9:44 PM
    昨夜のネットニュースで見ていましたが、決定的現実なのですね。専ら、季寄せの例句でしか存じ上げませんでしたが、同県民で、しかも秩父の出身とは…。狼を詠んだ句が光るのも道理です。組長の句も、光ります。 埼玉県民として、又、俳句を愛する者として、心から御冥福をお祈り致します。
    • おんちゃん
    • 2018/02/22 12:08 AM
    昨日になってしまいましたが、びっくりして悲しくて力の入らない一日でした。合掌。。。
    • せり坊
    • 2018/02/22 1:41 AM
    コメントする








       

    ★当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    俳句新聞いつき組
    ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちらへ!

    【夏井いつき最新刊】

    第3弾の夏は
    「時鳥(ほととぎす)」!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「時鳥」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    【夏井いつき近著】

    第2弾の春は、まるごと桜!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「花」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    季語と名句を毎日鑑賞!
    待望の2018年版登場!

    2018年版
    夏井いつきの
    365日季語手帖


    「プレバト!!」俳句コーナー
    番組公式本 第2弾!

    2択で学ぶ赤ペン俳句教室
    (発行:ヨシモトブックス)

    1日の終わりに
    愉快な俳句と小さな気づきを。

    寝る前に読む一句、二句。
    (発行:ワニブックス)

    一冊丸ごと雪づくし!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「雪」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    だれでもカンタンに
    「才能アリ!」な俳句が作れる!

    夏井いつきの
    超カンタン!俳句塾

    (発行:世界文化社)

    「才能アリ!」な季節の挨拶
    季語を使ったお便り実用書

    夏井いつきの
    美しき、季節と日本語

    (発行:ワニブックス)

    夏井いつき第一句集復刊!
    新装版となって登場

    句集 伊月集 龍
    夏井いつき
    (発行:朝日出版社)


    超辛口先生の赤ペン俳句教室
    夏井いつき
    (発行:朝日出版社)


    俳優 勝村政信×俳人 夏井いつき
    付句のある往復Eメール書簡集



    句集シングル 龍尾



    句集シングル 蝶語

    links

    日本俳句教育研究会
    俳句甲子園
    俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
    四国 おひるのクローバー
    朧庵

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 重要なお知らせ & ブログ移転のお知らせ
      りんりん。 (12/09)
    • 重要なお知らせ & ブログ移転のお知らせ
      ヨミビトシラズ (12/01)
    • 重要なお知らせ & ブログ移転のお知らせ
      麗久 (12/01)
    • NHK学園主催 松山市俳句大会 投句〆切は12月1日!
      なを (11/30)
    • ドイツ 月の道から クリスマスカクタス観察レポート 
      月の道 (11/30)
    • ドイツ 月の道から クリスマスカクタス観察レポート 
      月の道 (11/30)
    • ドイツ 月の道から クリスマスカクタス観察レポート 
      月の道 (11/30)
    • ドイツ 月の道から クリスマスカクタス観察レポート 
      純音 (11/29)
    • 「鰭酒」についての私的考察
      播磨陽子 (11/29)
    • NHK学園主催 松山市俳句大会 投句〆切は12月1日!
      葉音 (11/29)

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM