子どもも大人も 工作って楽しい?

0

    鯛ちゃんが、お店屋さんごっこのグッズを持ってくる。なんや?と思ってみると、おもちゃの小さなお盆に、ペットボトルの蓋を二つ合わせて可愛い模様入りのテープで止めたものが並んでいる。「ケーキ屋さんです」という。ケーキ?と思う。白っぽい地色に赤い模様があるのは「イチゴケーキです」という。茶色の模様のヤツは「チョコケーキです」という。「早くしないと売り切れます」という。慌てて「ぢゃあチョコください」といったら、「たった一個ですか」という。慌てて「二個」というと「祖父の分ですね」という。真っ白いテープで貼ってるのもあるので「これはなんですか?」と問う。「これはシロップです」という。「ぢゃあ、それも下さい」というと、「ほんとにこれも欲しいんですか」といわれる。「はい……」というと、「ケーキにかけてください」と三個出してくる。「三個全部かけるんですか」と問うと「そうです」という。そして、早く食べろといわれるので、慌てて食べたら「祖父の分も食べてしまいましたね」と言われる。「すいません」と謝る。そんな孫とのあれこれが楽しい普通の日。

     

    鯛ちゃんの工作は可愛いが、大人の工作は本格的だ。

    啓林堂奈良店のイトーさんと愉快な仲間たちの工作は、何度見てもスゴイ〜!

    激しいぞ、これ。

    んで、ちょっと恥ずかしいぞ、これ(笑)


    コメント
    組長、はじめましてm(__)m組員になりたい「おんちゃん」と申します(^ー^)幼子って、独特な世界を持っていて、今となっては、それを羨ましく思う歳になっていることが寂しいです。 寒オリオン幼子想う六畳間
    • おんちゃん
    • 2017/11/14 11:01 PM
    「似顔絵」というのは、その人の顔の「急所となる特徴」さえ掴んでいれば、多少細部が下手だったり適当だったりしてもそれっぽく見えるそうです。恐らくは、「絵の特徴的な場所」のみに目を付けた人の脳が、脳内から「特徴に似ている人」を探して勝手にマッチングするのでしょう……不思議なものです。

    俳句も同じで、「急所」さえ外していなければ、後は読み手が「それっぽい風景やら場面やら」を勝手に探してマッチングし、句意や書き手の意思に近付こうとします。まあ、俳句には17音の字数制限があるから、正確に句意や書き手の意思を割り出せる読み手は確率的にあまりいないでしょうが……最低限、「恋人の似顔絵」を描いたつもりが「化け猫」に見られたというような悲劇は、何としても避けたいものです(>_<)

    えっ……先生の顔(雰囲気)の急所?
    着物と、やや面長の顔と、少し広めの額と、目を細めて歯を見せて笑うところだろうか?
    というか……先生の写真をそこかしこで見ているけど、本や選者紹介のプロフィールの写真にしろ、ブログのプライベートな記念写真にしろ、大体そんな風な顔して写っていませんか?着物・洋服は別として(^o^;)

    恐らくは、この似顔絵を書いた書店の人も、この似顔絵を見て「夏井先生だ」と直感的に思った人も、そんな「先生の笑顔」をよく覚えている人なんでしょう……きっと(^_^)
    • ヨミビトシラズ
    • 2017/11/15 12:00 AM
    先日ようやく「雪の歳時記」を購入できました。
    特選に選んでいただき、ありがとうございます。
    たいへん感激しております。
    また頑張ります。
    • カリン
    • 2017/11/15 12:11 AM
    おはようございます。先日の雪の歳時記発売トークショー、裏話が聞けて楽しかったです。俳ポにもまた参加したいと思っております。

    鯛ちゃんの愛らしいお話にほっこりさせていただきました。賢いお子さんですね〜!「本当に欲しいですか?」とお店屋さんごっこで聞くなんて、初めて聞きました。
    昨日スーパーに行きましたら、個装されたおせんべい(海苔ピーでした)を耳にあてて電話してるお子さんがいました。携帯の時代だから四角い物を使うんだなぁ、と時代の流れを感じつつ、可愛くて可愛くて。
    恐ろしいほどのハードスケジュールをこなしてらっしゃるお二人の心温まる日常を垣間見させていただき、ホッとしました。
    • ささの浮舟
    • 2017/11/15 9:39 AM
    鯛ちゃん、サイコーです。早くかわない売り切れてしまいます、ひとつしか買わないんですか、とといかけて、二つ売るビジネス手腕。シロップもどういうわけか、3個おすすめして、食べてくださいといっておいて、祖父の分も食べてしまいましたねと、落とす。この賢さ。うーん。将来はどんな大人になられるのでしょうか。俳句、きっと書いてますよねえ。鯛ちゃん、可愛いすぎます。
    雪の歳時記、おとりいただきまして、ありがとうございました。本当にうつくしい本に載せていただきまして、嬉しくてありがたくて、心より感謝申し上げます。
    • えみ
    • 2017/11/15 9:53 PM
    子供ってめっちゃおもしろいですね&#12316;
    自分の子供は無理そうですが(ギネスに挑戦してみても良いですが笑)
    せいぜい、よその子とふれあってみます!
    • 小春
    • 2017/11/16 9:17 AM
    コメントする








       

    ★当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    俳句新聞いつき組
    ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちらへ!

    【夏井いつき最新刊】

    季語と名句を毎日鑑賞!
    夏井いつきによる
    俳句上達のポイント満載!

    2017年版
    夏井いつきの
    365日季語手帖


    【夏井いつき近著】

    links

    日本俳句教育研究会
    俳句甲子園
    俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
    えひめ おひるのたまご
    朧庵

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM