泉野図書館にて句会ライブ♪

0

    百六十人にて満員のアットホームな会場。

    昨日に引き続き、俳号だけ知ってる組員バンサン(坂三)にも会ったぞ♪

    なんと八百通近い往復葉書の申し込みがあったとのことですが、抽選で会場に来ることができたのは百六十人。「妻は当たらなくて」という夫、「家族みんなで葉書出したんですが二通のみ当たりで」と姉の車椅子を押して来てくれた妹。全く当たらなかったけど、句会ライブが終わるのを待ってましたという人もいて、さまざまな出会いを有り難く、申し訳なく有り難く。

     

    ワタクシの俳句の種蒔き運動はさらに続きます♪


    コメント
    白山の千代女全国俳句大会に私も出席しました。

    私も裾野の一人として名乗りを上げられず残念でしたが、前から5番目の席でじっくり講演を、拝聴しましたよ。

    隣の方たちが信濃の「一茶記念館」から来た18名のうち何人かでした。しかも吟行で組長とお会いして、ノートにサインもらってました。

    「美人なので、驚いた。」と言ってました。

    壇上の先生は、若くて、ほんとにきれい。言葉が最初から最後まで力強くて
    イキイキされてましたね。
    • はずきめいこ
    • 2017/10/09 12:40 AM
    種を蒔いても大事に育ててくれる人がいないと実はならないし次の種も育たない。
    でも俳句って本来野良生えの雑草みたいなもんだと思うのだがなあ〜
    やはり大輪の花を咲かせようとなると人の手がいるのかなあ〜
    俳句甲子園のお仕事で地方に行って、そこの土地の俳人の先生方や高校生たちと出会えるのが好き。
    • ねこ端石
    • 2017/10/09 8:30 AM
    一句一遊の10/8締切に深夜出せました。「団」。
    佳き日の記念にじっくり投句できました。とても嬉しいです。ありがとうございます。
    • Ban-san
    • 2017/10/09 11:19 AM
    千代女全国俳句大会でのお話に感銘を受けていた矢先、今朝の読売俳壇に俳人の佐藤文香さんの記事が載っているのを見つけました。「人生の転機」と題した文章には、松山に引っ越して夏井いつき先生と出会った偶然が自分の人生を変えたとありました。蒔かれた種の中から、山の一角を担う人たちが育っているのですね。裾野の端に連なったばかりの私ですが、いつかまた生でお話を伺う機会があることを願って、脳トレ俳句楽しみます。お話、ありがとうございました。
    • にゃん
    • 2017/10/09 3:42 PM
    コメントする








       

    ★当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    俳句新聞いつき組
    ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちらへ!

    【夏井いつき最新刊】

    「プレバト!!」俳句コーナー
    番組公式本 第2弾!

    2択で学ぶ赤ペン俳句教室
    (発行:ヨシモトブックス)

    1日の終わりに
    愉快な俳句と小さな気づきを。

    寝る前に読む一句、二句。
    (発行:ワニブックス)

    一冊丸ごと雪づくし!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「雪」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    【夏井いつき近著】

    links

    日本俳句教育研究会
    俳句甲子園
    俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
    四国 おひるのクローバー
    朧庵

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM