重陽の日の感慨

0

    九月九日は重陽の節句。

    茱萸を入れた袋をもって、茱萸のなった枝を髪に差して、厄災を避ける。

    小高い丘に登って、茱萸を浮かべた酒を飲んで、寿命を延ばす。

     

    実際にやらんけどね(世間の皆さんには、絶好の土曜日だったかもしれんけどね)

    今日は重陽の節句だなと思って過ごせることが豊かなのだよ、きっと。

     

    鰯雲を追っての散歩。

     

    明日は姫路!

    はよ寝んとな。


    コメント
    先生、こんばんは!お疲れさまです。

    先生の本を片手に俳句を始めたこの春、もっと初心者向けの本はないかと手にしたのが神野紗希著「俳句の練習帳」でした。読み進めていくうちに、なにか思いやりのような優しさを感じ、この方の俳句を読んでみたいとネット注文、送られてきてみれば裏表紙にご本人直筆のサインと栞にも一言。なんとお優しい心ある方だと感激致しました。時折思い出したようにこの「光まみれの蜂」を開くのですが「こんな詩心俺にはねえ」と溜息ばかりついております。
    そしてこの方の夫たる方が、あのNHK選者のプリンス睫大先生でいらっしゃるのですね。まあなんと、俳句界最強のスーパーごカップルじゃないでしょうか。婚礼の時にはさぞや全国津々浦々の俳人先生方の祝福を受けたことと思います。(あー集えるもんなら俺も集ってみたかった。心から祝福します)そしてこのプリンセス神野先生の出身が松山市であの俳句甲子園のご出身なんですね。そしてその俳句甲子園を立ち上げたのが我らが天下無敵のボナパルトいつき大大先生なのですね!いやあいろいろいろいろいろいろ繋がってるんですねえ!感動。

    もしプリンス睫先生&プリンセス神野先生にお会いすることがありましたら、最近365に現れた純音とかいう得体の知れんもんが「光まみれの蜂」読んで俳句勉強しとると、よろしければお伝え願えませんでしょうか。たのんます。

    先生、お身体には気をつけて。
    あ、それからマドンナ葉子さんにもよろしく。

    先生、
    あしたは
    日曜日です。
    • 純音
    • 2017/09/09 11:30 PM
    先生のブログ面白いだよ。先生!
    全部の文が松山弁になっている〜。
    何時もだったら上品な言い方の文もあったら
    男っぽい文が書いているのに今回は全部の文が松山弁だぁ〜。
    私の所の新居浜弁では、ほうじゃけんとか・そうなんじゃけんとか・何んとかじゃけんとか・よく使うよ。先生の所では使わないよね。松山弁は優しい言葉に聞こえるよね。
    私、松山弁大好きだよ。言い方が優しいから。
    それと、ブログの写真を見ていると鰯雲が綺麗だよね。
    それに、天気も良く散歩するのには良い気候だよね。それに、大分、爽やかな陽気になって散歩しもて、句材を見つけて句にするのも良いかもね。先生!
    それに、又、姫路に行ってしまう先生。クシュん
    でも、それならローソンチケットで知ってるよ。姫路キャスパホールの句会ライブなんだよね。私も、チケットを買おうとしたら予定枚数終了ってなってたから行けない〜(*≧∀≦*)
    先生、無事に句会ライブが終わると良いね。頑張れ〜先生〜。えいえいおーっ。でね。早く松山に帰ってきてね。私は、先生が松山にいるだけで嬉しくて嬉しくてしょうがないんだよ。でも、先生は、句会ライブの仕事だから、ずっと松山に居ても仕事にならないもんね。無事に愛媛に帰って来るのを待ってるからね。先生!
    • ( いつき組 ) 太鼓祭り好きの祭り娘 ( 山内洋子 )
    • 2017/09/10 12:54 AM
    重陽は、俳句では十月二十八日(?)。
    • Uematsu Naaotaka
    • 2017/09/10 7:39 AM
    茱萸(ぐみ)ですね。まだまだ辞書を引くことが多くあります。
    • いつき組リスナー班 たあさん
    • 2017/09/10 8:14 AM
    こんにちわあ! 何だってえ、姫路〜〜?! ああ〜そうだった!

     松山城もよいが、なんといっても、姫路は白鷺城です。日赤病院も綺麗な建物だがチト比べものにならないです。城は会場のキャスパホールのすぐ東にある五十m道路(地元の年寄はそういう)からの正面からの眺めがド凡人には打ってつけだが、そんな角度は一般人に譲っておいて、城の西側から裏手に廻る散策道がお勧めです。

     絶対に! 男山・・ちなみにお城があるのは姫山・・の水源地に上がってみるのもグッド

     そこから、反対の東側に廻って、動物園の観覧車に乗っての眺めがサプライズ!象もキリンも駱駝も河馬もカピパラも出迎えてくれますヨ。(ついでにその横の図書館は昭和と平成の葉境に出来たもので、ぐずみの思い出がいっぱい詰まっています)そうなんだ!もうこうなったら、半日かけて全部廻ってみる、・・・とか。

     え?時間がない????

     二時からの句会ライブ、どたキャンして、兼光さんと二人で歩くのです。・・・ぐずみがOK出しますから、なんの心配も要りません! m(__)m ・・なんか、想像しただけでワクワクしてきませんか?  

                     ぐずみ拝
      *************************************
    PS
    黄葉(こうよう)や広い街路に白鷺城     ぐずみ 2016 9 / 10

     以上のご提案、不採用ならば、晩秋の播州路も一考の価値あり、かも、と。

     去年のNHKの投稿の没句です。〆切が偶然今日でした。そして、今年の今日は「鳥威し」が〆切。

     <ガンバ!> X <がんば!> m(__)m m(__)m
    • ぐずみ
    • 2017/09/10 12:06 PM
    先生!

    私が趣味で挿し友禅をする絵柄に
    重陽に因んだものがあります。

    宝船が縁起が良くて好きなので
    二枚完成して
    一枚は額装にし姉の所に嫁がせました。
    もう一枚は掛け軸にして我が家におります。
    出来上がりを見て母がとても喜んでくれました。

    今日は兄が桜ポークを買ってきたので
    なすと炒めて食事中です。

    1年前に天守閣まで頑張って上がりました!

    姫路はいかがですか。
    美味しいお酒に廻り会いましたか。
    • りんりん。
    • 2017/09/10 7:26 PM
    すっかり秋になったら、知らん間に草に種ができていて泣きそうです。
    これらがまた来年からあとずっとずっとずっと生えてくるのだからなぁ・・・。
    ても、草の実はどれも金色でとても綺麗。
    雑草も一生懸命生きているのだなぁと思うとちょっと癒されます。
    この気持ちも秋思かなぁ?
    • まとむ
    • 2017/09/10 8:35 PM
    コメントする








       

    ★当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    俳句新聞いつき組
    ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちら!

    【夏井いつき最新刊】

    季語と名句を毎日鑑賞!
    夏井いつきによる
    俳句上達のポイント満載!

    2017年版
    夏井いつきの
    365日季語手帖


    【夏井いつき近著】

    links

    日本俳句教育研究会
    俳句甲子園
    俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
    えひめ おひるのたまご
    朧庵

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM