新刊企画『おウチDE俳句』 例句募集 第4回 「玄関」は外の世界とつながる空間♪

0
    新しい本のための例句を募集します。
    俳句の実作は、季語の現場に立つことが基本だけれど、
    「歩けない自分は、外に出てゆくことが出来ない」
    「病人をかかえていて思うように外出できない」など、
    さまざまな事情を抱えている人たちもいます。
    が、だからといって「俳句ができない」というわけではありません。
    家の中にだって俳句の種はたくさんある!ということを実証する俳句入門書を作ろうと思います。

    第一回から第六回まで、折々テーマを発表し、投句を呼びかけます。

    第四回のテーマは「玄関」
    『おうちDE俳句』企画としては、唯一、外の世界とつながれる空間です。
    玄関から見える光景、訪れる人、帰ってくる家族、玄関にあるモノ、玄関のインテリアへのこだわりなど、
    あなたの玄関を詠んだ俳句を募集します。
    投句に際しては、以下6点ご留意下さい。
     ‥蟠腓蓮△海竜事のコメント欄に書き込んで下さい。
    ◆―奸Σ董秋・冬・新年、いつの季語を使ってもOKです。
     投句の際には、俳号・都道府県・性別・年齢を明記して下さい。句にまつわるコメントを添えていただいても結構です。
    ぁ‥蟠膺瑤棒限はありませんが、同一人物による別俳号での投句はご遠慮下さい。
    ➄ 第五回のテーマが発表された段階で、第四回の募集は〆切ります。
    Α(臀犬蝋膩從参鵝およそ一週間に一度の目安で募集します。

    ご投句いただいた中から、秋刊行予定の新刊にて「秀句」「佳作」「添削」などを掲載します。
    掲載を前提としての投句であること(作品の権利は出版社が有すること)、
    全句が掲載されるとは限らないことをご了解の上、ご投句下さい。

     沢山の人たちに、実作の種をお分けできるような、佳い本にしたいと思います。
    ご投句お待ちしています♪

    ※コメント欄に住所や電話番号などの個人情報は書かないで下さい。

    コメント
    ただいまとお帰り響く入学児
    ただいまと弾める声のランドセル
    ただいまの帽子に小さき冬景色
    ただいまの声ひとつ減る四月かな
    春の旅終えて玄関懐かしく
    春靴も低きヒールの親子かな
    春散歩お供はよろしくアシックス
    玄関が森の香りの五月尽
    サンダルは緑を選ぶ初夏の朝
    北の冬朝にブーツの丈決めし

    北海道 女性 53歳
    • ジュミー
    • 2017/03/23 6:05 PM
    としなり、大阪府、男、60歳代
    白靴や外反母趾のこんばーす
    (先頭切って投句します!。第4回のテーマ意外だった)
    • としなり
    • 2017/03/23 6:12 PM
    いなべの敏子です。玄関の俳句送ります。

      いなべ敏子  三重県いなべ市  女  63歳


      玄関をよぎる尾の先恋の猫


      玄関のパンジー溺れる孫の水


      今朝もまた建築許可乞う燕かな


      戸口にて捺印の如き紅直す


      
    • いなべの敏子
    • 2017/03/23 6:27 PM
    葦たかし 兵庫県 男 66歳

    玄関に子の声響く追儺かな
    • 葦たかし
    • 2017/03/23 6:44 PM

    マオ 和歌山県 60歳 女性

    もっともっとと子燕の口せわし空

    • マオ
    • 2017/03/23 8:15 PM
    6:05に投句した北海道 ジュミーです。
    季語がない句に気付きました。

    ただいまの弾める声や新学期 に訂正します。

    日本各地や国外の方々の俳句を楽しみにしています。
    何て素敵な俳句!と感じる度に憧れと自分もがんばろう
    という気持ちが湧いてきます。
    夏井先生はご多忙の事と思いますがお身体を大切にお過ごしください。
    • ジュミー
    • 2017/03/23 8:35 PM
    春光へ行ってきますと飛び出す子
    戸を開けて大夕焼のシルエット
    戸締りに立ちし玄関ちちろ鳴く
    玄関は二階になりし雪の宿
    真っ先に初日入り込む戸口かな
    • 山田 天
    • 2017/03/23 8:59 PM
    めいおう星  東京  女  58


    朧夜を来て玄関の湖底めき
    • めいおう星
    • 2017/03/23 9:10 PM
    カリン 神奈川県 27歳 女

    靴の裏春の蕾を持ち帰る
    麗らかな大地を踏みし靴並ぶ

    夏井先生が「広報うちうみ」に載っていらした時からファンです。
    私もいつか句会ライブに参加してみたいです。
    • カリン
    • 2017/03/23 9:48 PM
    よろしくお願いします\(^o^)/

    別世界玄関開けたら銀世界
    • 兵庫県・星博美・46
    • 2017/03/23 9:53 PM
    ◇玄関にスズメも遊ぶおみおくり

    ◇夜桜へ行くと今から父さんの声

    □台所のキフジン・女・東京都・62才
    • 台所のキフジン
    • 2017/03/23 10:07 PM
    凡鑽 京都府 男 52歳

    塩を踏み戻れば妣の白靴は
    汗匂ふ帽子を取りて遅配かな
    • 凡鑽
    • 2017/03/23 10:36 PM
    ガリリっと父雪掻きす午前四時

    父は新聞配達の方とよく大きな声で話していたのでまだ起きる時間でもないのに目が醒めてしまいちょっと迷惑でした。

    父は手作りした雪掻きでガリガリとやっていました。
    もうその音を聞くことはありません。

    りんりん。 三重県 女 56才
    • りんりん。
    • 2017/03/23 10:40 PM
    額の鯛視線の先に散る桜

    兄の作った古布の真っ赤な鯛は下駄箱の上から花見を気取っています。
    玄関の開け閉めに花びらが舞い込んで来ます。

    りんりん。 三重県 女 56才
    • りんりん。
    • 2017/03/23 11:17 PM
    糖尿猫 5さい 男性

    玄関にあと3kmの帰省の子
    消防の玄関開けぬは不可冬
    猫どもの二重玄関固き春
    まだ足りぬ玄関あける春を待つ
    出て行く妻の靴不揃いの五月かな
    折り合うて残る啞の靴春の艶
    明治の部署を彷徨いし玄関冴えるなり
    塞がれし送達の窓ハナエリカ。くおう

    今日、えリカたんに、会う子ヨガふぇけきましえ。

    すみません、酔ってないときに来ます。
    • 糖尿猫
    • 2017/03/23 11:36 PM
    斎乃雪 三重県 女性 54歳

    我と来た沈丁花の香やがて消え
    招かざる木枯らし家に押し入らん
    夕立や畳んだ傘に雨の玉
    梅雨空やビニルに入れた回覧板
    脱ぎし靴裏にひとひら桜かな
    早朝の掃除楽しや燕の巣
    • 斎乃雪
    • 2017/03/23 11:54 PM
    糖尿猫 5さい 男性

    玄関にあと3kmの帰省の子
    猫どもの二重玄関固き春
    出て行く妻の靴不揃いの五月かな
    明治の玄関我を容れ冴えるなり
    揃えたる下駄の焼印いつき組(マルコボ通販で買いました)
    一筋の玄関よぎる蟻の列
    戻り梅雨暗き扉の薫る黴
    亡き父の盆や墨絵のごとき空


    ごめんなさい。さっきの投句はひど過ぎました。酔っているとはいえ、申し訳ありません。削除をおねがいします。
    もちろん、この投句も削除されてもかまわないです。若干マシのつもりですが...。また今度、まともなときに投句しまっす。

    • 糖尿猫
    • 2017/03/23 11:56 PM
    吾の入院牡丹崩るごと母の哭く

    三年前に足の手術で3週間入院することになりその朝、母が玄関の窓を全開して窓枠に両手をついて大きく泣いていました。
    母は私の宝であり大輪の花のような人でした。

    自分のためにあれ程泣いてくれる人はもうこの世にはもう存在しません。

    りんりん。 三重県 女 56才
    • りんりん。
    • 2017/03/24 12:35 AM
    下駄箱の花器にあふるるライラック
    打水の風入り来る門戸開け
    玄関に新酒を抱く友のあり
    たどり着く玄関先で雪はらう

    吉野ふく 61歳 佐賀 魔女おばさん
    • 吉野ふく
    • 2017/03/24 6:52 AM
    重波 三重 62 男

    百千鳥玄関の母振り向かず  

    (老いた母には聞こえない)


    上り口母に手をかす汗拭い

    (玄関で母に手をかし、汗を拭う。 疲れた。暑さのせいばかりではない。 私も老いたのだ。)


    玄関で背を伸ばす母秋高し

    (秋晴れの心地よさでか、気分が良さそうだ)


    冬の朝母を背負うて家を出る


    吾一人上り口にて米こぼす



     伊勢の句会ライブ、楽しかったです。
     いつかまた来てください。
    • 重波
    • 2017/03/24 7:50 AM
    玄関開きベッド暮らしに春の風
    玄関を車椅子でも春うらら

    弟の介護をしています。野球やスキーやサーフィンとアクティブに動いていたのが寝たきりになりました。
    2年になるので大分受け入れられるようになってきたようですが、心が痛みます。そしてしんどいです。

    藤井眞おん 兵庫県 女 60歳
    • 藤井眞おん
    • 2017/03/24 7:51 AM
    としなり、大阪府、男
    ヒューズ飛び吾を肩車春の闇
    ドアスコープ微笑む大家五月闇
    五月雨らし朝刊は袋入
    玄関の守護のシーサー夏甍
    • としなり
    • 2017/03/24 9:54 AM
    姫山りんご 女 兵庫県 39歳

    元日やドアの明珍鳴らし開け
    明珍の春日に響く門戸かな
    明珍の厄落の音受けし夫
    扉開け明珍の音の春の朝
    明珍の招き入れたる涅槃西風

    私の両親が、夫の厄年の厄払いに明珍火箸をくれました。厄払いには玄関のドアに吊るすといいそうです。
    明珍火箸は、兵庫県姫路市の伝統工芸品です。
    • 姫山りんご
    • 2017/03/24 9:56 AM
    階段下り3F辺りから桜
    ドアひらきヒヤシンスまで一時間
    ドアひらき春の嵐に出くわした
    扉開けいらっしゃいませ青嵐
    玄関の白靴だけがしゃんとする
    玄関の派手な長靴七変化
    母のこだわり玄関に葉牡丹って
    五月雨るるビニール傘の二三本
    傘立てに梅雨の透明押し込める
    • ときこ 大阪府 女性 55歳
    • 2017/03/24 10:17 AM
    泉州美人 大阪府 女 54歳

    『ドア開けて朝日を浴びて気も新た』

    初の投句です。プレバトを見て俳句にはまりました。
    ドアを開けて朝日がさーっと入ってくると気が引き締まる思いになります
    • 泉州美人
    • 2017/03/24 10:26 AM
    松永裕歩(ゆうあ)・徳島県・女性・48歳

    野遊びや玄関に投ぐランドセル

    玄関ではたいて吊るす春コート

    春耕や出張前の靴磨き
    • 松永裕歩(ゆうあ)
    • 2017/03/24 10:36 AM
    子の靴の並びて外は春の雪

    母は梅玄関に挿し暮れにけり

    春一番玄関の戸のざわざわと

    風花を肩乗せたまま入る家

    春光やいってきますの背は黒く


    城内幸江 静岡県 女 49才
    • 城内幸江
    • 2017/03/24 10:37 AM
    三ノ宮ねこ 兵庫県 女 48歳

    『姉待ちて戸開けしは虹眺む背』
    “あねまちてとあけしはにじながむせな”
    お姉ちゃん遅いな、いつ帰ってくるんやろ?と待っていて、玄関の戸を開けたら、傘を畳んで虹を眺めている姉の背中がありましたとさ笑

    『初雪や尻尾フリフリ跳ねるシロ』
    小学生の冬の朝、玄関先で愛犬のシロがいつも以上に懐いて、そんなに初雪が嬉しいん?って微笑ましく思っていたら、登校して行く私の後を付かず離れずついてくるシロ。その内帰るかなあと思っていたら、学校までついてきてしまいました(゚o゚;;

    『門番の綿雪のごと寝姿や』
    学校までついてきてしまったシロ、暫くは校庭で走り回ってましたが、いつの間にかいなくなっていました。心配しながら帰宅すると玄関先で丸まるシロの寝姿があってホッとしましたとさ笑
    • 三ノ宮ねこ
    • 2017/03/24 11:11 AM
    寝ぼけ目のドアに花びら朝日うけ

    箒もちドアを開ければ風光る

    朝刊を取りたる吾に春の風

    玄関で箒をさけし蜂牛若

    朝寝して土間には吾の靴一足
    • 重波
    • 2017/03/24 12:26 PM
    風光る玄関壁に拙い絵

    門番は郵便受けの雨蛙

    JICAおえ帰国の長女秋麗
    (一昨年、二年ぶりに無事任務を遂行しバヌアツ共和国から帰宅した時の嬉しい安堵の気持ちを詠みました。)

    隙間風北向き引き戸通り抜け
    (築35年の我が家も建て付けが悪くなり玄関戸に隙間が)
    • お気楽主婦 滋賀県 62  女
    • 2017/03/24 12:53 PM
    たあさん 愛媛県 男 65歳

    ・玄関に妣(はは)の残せしヒヤシンス
    ・玄関に妣(はは)の愛したヒヤシンス
    ・玄関に水栽培のヒヤシンス
    • いつき組リスナー班 たあさん
    • 2017/03/24 1:34 PM
    幾度なく鍵確かめる虎落笛

    佐東亜阿介 青森県 男性 57歳
    杉本とらを
    東京・男・56

    ●玄関の二重ロックや冴返る
    ●番犬の吠えぬ一日春夕焼
    • 杉本とらを
    • 2017/03/24 3:07 PM
    〈玄関を出て朝霧のなかに入る〉松尾清隆・神奈川県・男性・39歳
    • 松尾清隆
    • 2017/03/24 4:48 PM
    内藤羊皐・東京都・男・52歳

    纏足の靴の並びぬ春の昼
    誘蛾灯父の柩を送りけり
    鈴虫を聴きて母の家去りにけり
    表札に父の名遺る初冬かな
    玄関の灯り瞬き去年今年
    • 内藤羊皐
    • 2017/03/24 5:10 PM
    先日は、大変失礼をいたしました。酔っているときに新兼題をみつけて、大喜びで書き込んでしまいました。
    その場で作った、酔っぱらいのバカ句ばかりです。どうぞ、無視していただければ幸いです。
    おまけに、俳号だけは書きましたが、都道府県・性別は書かず。年齢は、55さいのところ5さいと、大幅に間違えていました。
    すみません。バカです。申し訳ありません。

    気を取り直しまして、再投句いたします。

    俳号: 糖尿猫。住所: 神奈川県。性別: 男。年齢: 55さい。
    春・夏の分です。


    引き戸あけ年長さんは一年生へ
    玄関に寝かすオランダ雉隠
    シネラリア玄関外の敵七人
    玄関で姉妹の引きし相撲花
    春まけて鍵の置き場を変えにけり
    千鳥足の父帰宅せり彼岸河豚


    玄関の三和土の奥の夕焼かな
    戸を叩く訃報と赤きかなぶんと
    サンダルを腐す卯の花腐しかな
    下駄箱の上の目高の光る夜
    長々と定斎売が腰おろす
    すててこで夕刊とりに出でにけり
    玄関に鉢植えのある夏休
    受信料取りやってくる電波の日
    • 糖尿猫
    • 2017/03/24 6:30 PM
    俳号: 糖尿猫。住所: 神奈川県。性別: 男。年齢: 55さい。

    秋・冬・新年の分です。

    拝み太郎郵便受けで威嚇せり
    玄関の板の割れおる鹿火屋かな
    坂鳥の朝刊配るバイク音
    玄関を一歩出でれば死人花
    アプローチのフットライトや蚯蚓鳴く
    玄関まで松茸飯の香りけり

    猫騒ぐ帰宅直後の雪催
    長靴の三足揃う雪の朝
    安物の靴べら擦り静電気
    玄関に掛けおる祖父のインバネス
    越冬資金懐に父帰宅せり
    銀竹の影は引き戸に光りたり
    マンションのオートロックや虎落笛

    マンションのロビイに起こす臼小さし
    御降りや子供の靴の増えし朝
    投扇のナチュラルシュート玄関へ
    • 糖尿猫
    • 2017/03/24 6:32 PM
    玄関に溢るる靴やお正月
    がつちやんと朝刊届き家の春
    カーディガン襟寄せ子らを見送りぬ
    節分やインターホンに鬼の顔
    玄関の鈴虫鳴きてお出迎へ
    • 鈴海老 長野県 男 45歳
    • 2017/03/24 6:33 PM
    うちしめる靴放りて軽し 朧月

    との 神奈川県 22歳 男
    • との
    • 2017/03/24 8:41 PM
    斎乃雪 三重県 女性 54歳

    軒下の陣地合戦我と蜂
    夕立や靴のかたちの水溜まり
    扉開き風吹き抜けん薄暑かな
    我も我も菱形並ぶ燕の巣
    • 斎乃雪
    • 2017/03/24 9:46 PM
    永き日や革靴磨き息吹きかけ
    整然と並んだ靴に風光る
    春の暮れドアの隙間で仔猫泣く

    雪山 ドイツ 女 48才
    • 雪山
    • 2017/03/24 10:25 PM
    鋭角に玄関くぐる親燕

    段差なき玄関に敷く花筵

    猫の恋玄関の玻璃震はせむ

    • 十子
    • 2017/03/24 10:41 PM
    表札に嫁ぎし子の名春深し
    ひでやん 愛媛県 男 48歳
    • ひでやん
    • 2017/03/24 10:45 PM
    秋冷や段差なき戸をそっと開け
    宅配便来て抜け出す春の猫
    波痕ある封筒戻る三月尽
    (仙台空港で津波を受けた封筒が三月末戻ってきた。
    航空会社のスタッフさんからのおわび状が添えられて)

         愛知県 何歳  女性(戸籍上)


    • ねもじ
    • 2017/03/24 10:50 PM
    ◇はだし足袋ぬぎ捨てられて秋入日

    ◇嫁ぐ日やふりかえり見る家桜

    □台所のキフジン・東京都・62才・女
    • 台所のキフジン
    • 2017/03/24 10:54 PM
    陽子 兵庫県 女 41歳

    ,そろいの靴をおろさん山笑う
    △ろそうかおそろいの靴山笑う
    小さき鉢あるかなきかのものの芽よ

    • 播磨 陽子
    • 2017/03/24 11:21 PM
    片野瑞木 愛媛県 女 53歳
    家の鍵財布水筒夏帽子
    • 片野瑞木
    • 2017/03/24 11:23 PM
     彩楓(さいふう) 埼玉県  女  64歳 

    全身を鏡に照らし初仕事
    戸締りを夫に頼みて初芝居
    春の星連れてさて置く帽子掛け
    インタフォンに猫の鳴き声春の暮
    靴箱に小さきシーサー春惜しむ
    百合の香に七人の敵忘れたり
    大小の靴にサンダル帰省かな
    玄関の油絵月の桜島
    LEDに換へてよりの秋燈
    靴箱のポインセチアを褒めらるる
    節分の豆傘立ての傘の中
    • 彩楓(さいふう)
    • 2017/03/24 11:39 PM
    裾野彰子・愛知県・女性・61歳

    ●足音と鍵開ける音待つ夜寒

    足音と鍵を開ける音だけで、誰だか分かります
    • 裾野彰子
    • 2017/03/24 11:45 PM
    はじめまして。
    さとい 千葉県 47歳 女性です。

    待ちわびるただいまの声日永かな

    二年前に左半身麻痺になってから、ひとりでは外出することもままならず、
    家族が帰ってくる玄関の扉の音に聞き耳を立てている毎日です。
    俳句に出会ってからは、持て余していた時間を俳句の勉強に充てることで毎日が楽しいです。
    • さとい
    • 2017/03/24 11:52 PM
    俳号 松尾千波矢

    県名 山口県

    性別 女

    年齢 52歳


    のどけしや上り框に猫二匹

    玄関の靴跳び跳ねし新入児


    ※また玄関の句が出来ましたら書き込みます。よろしくお願いします。

    だんびろの靴散らかして来た大暑
    虎が雨戸車重くぎいと鳴く
    鍵穴の合わぬ引き戸や梅雨曇

    トポル 東京都 男 69歳位
    • トポル
    • 2017/03/25 12:50 AM
    堀口房水 埼玉県 男 55才

    春北風をピンポンダッシュ逃げる逃げる
    (春北風=はるきた)

    白日傘男所帯の傘立てに

    下駄箱は闇入るる箱秋の声

    イチニツイテヨーイドン霜柱踏め

    獅子舞の尻忙しなきめでたさよ
    • 堀口房水
    • 2017/03/25 1:18 AM
    久我恒子 栃木県 女性 58歳
    虫出しの雷捨てられぬ子ども下駄
    • 久我恒子
    • 2017/03/25 1:28 AM
    小川めぐる(大阪)50歳女性

    靴箱に空き缶並ぶ夏休み
    • めぐる
    • 2017/03/25 1:54 AM

    ・去年師走門をたゝきし「いつき組」

    ・集荷待つ三和土ににほふ聖菓かな

    ・初刷を両手にかゝへ深呼吸

    ・表札の上にちょこんと雪だるま

    ・あたゝかな朝靴磨く母の背や

         明 惟久里・東京都・女性・53歳
    • 明 惟久里
    • 2017/03/25 2:28 AM
    愛媛県 41歳 男 モッツァレラえのくし

    永き日とただいまと土こぼす靴
    ただいまと余韻残したランドセル
    遊ぶなら靴揃えんか葱坊主
    • モッツァレラえのくし
    • 2017/03/25 6:09 AM
     愛媛県 66歳 男

     宅配の緑の服や夏近し
     入学や揃いし靴の前に母
     ドアフォンのむかふにまごとなのはなと
    • 南亭 骨太
    • 2017/03/25 8:25 AM
    俳句の投稿以外のことで。

    大人気の企画なので、連日投稿が増えていきます。一生懸命スクロールして、読ませていただいています。
    コメントが新しい順に表示され、新規投稿するコメント欄が上の方にあると、わたしは大変助かるのですが、いかがでしょう。
    • akiko
    • 2017/03/25 8:58 AM

    梅が香や猫の足跡消えぬ土間
    鮟鱇や玄関灯のぼうとつき

    塗り立てコンクリートの土間に足跡をつけた愛すべきバカ猫と結局そのままにしてる飼い主。肉球のような梅が香る季節。そんな景のつもりで詠みました。
    二番めは玄関灯と鮟鱇のちょうちんが重なったので。
    • せり坊 埼玉県 女 51
    • 2017/03/25 9:28 AM
    玄関の吾を見送る青蛙

    涼風や玄関を出て深呼吸

    ドアを開け学生を見て夏を知る

    燕の子挨拶するか表札に

    燕の子親の帰宅を知っており

    夜のしじまドアを叩くは金亀子

    • 重波
    • 2017/03/25 9:54 AM
    *炎昼や玄関の棒おんど計
    ・車いす生活になってからの私の出入りはスロープの付いたデッキから直接リビングへ。玄関を忘れてしまった私なのです。

    痺麻人・兵庫県・男・64歳
    • (淡路島の)痺麻人
    • 2017/03/25 10:29 AM
    沢田朱里 愛知 女 66

    脱走の鈴虫土間に凛と生く

    流行風邪子のくつ整頓されしまま

    お正月靴はどんどん数増やし

    ランドセル放り駆け行く土筆摘み

    裸足の子追うサンダルのちぐはぐで
    • 沢田朱里
    • 2017/03/25 10:30 AM

    玄関に合鍵置いたまま二月

    ローファーの硬く置かれて冬の入

    玄関に蜘蛛の巣母の入院日


    城内幸江 静岡県 女 49才
    • 城内幸江
    • 2017/03/25 11:46 AM
    三足の賀客の靴の揃ひけり
    ひでやん 愛媛県 男 48歳
    • ひでやん
    • 2017/03/25 12:56 PM
    跣の子沓脱ぎ石にそと降りぬ
    孫来たか土間に白靴揃ひける
    式台に屈みボーナス勧誘す
    引戸開く無言の背中や巣立鳥
    男郎花隣のおばさんいつ帰る
    夜学から戻りし父や引戸閉む
    鷦鷯表の鍵閉めたかしら
    盛り塩とポインセチアと高下駄と
    先帰れ合鍵は盆梅の下
    誰ぞ呉れぬ上り框の林檎かな
    押し売りは入る可からず葦簀かな

    宵嵐 愛媛県 男性 46歳
    • 宵嵐
    • 2017/03/25 1:00 PM
    亀田荒太 石川県 男性 58歳


      息殺すドアスコープに夏の客

      鍵のある扉の外に銀河かな
     
      鍵のある扉の中は木下闇

    よろしくお願いします。
    • 亀田荒太
    • 2017/03/25 1:56 PM
    酒井おかわり 北海道札幌市 男性 51歳

    下駄箱へ少しの内緒シクラメン
    ラーメンの湯気玄関は浅き春
    呼び鈴の鳴らず蛙の目借時
    夕刊の音六月のママレモン
    呼び鈴を押してダッシュや雲の峰
    玄関へ色なき風とランドセル
    呼び鈴は眠り鯛焼あちちちち
    祖父として玄関を出る鱈場蟹
    冬北斗ラテンな俺に扉を開けろ
    • 酒井おかわり
    • 2017/03/25 1:56 PM
    とりとり 三重県 59歳 女性

    犬にまず顔舐めさせる帰省の子
    • とりとり
    • 2017/03/25 2:18 PM
    はじめまして。毎週プレバド楽しみに拝見してます。先生の本も愛読書に、趣味の域にはまだまだですが「玄関の句」おくります。宜しくお願いします_(._.)_

    松竹梅福を迎えて我れ初心

    「ただいま」に犬のシッポとフリージア

    吾亦紅おかえりなさいとポッと待つ

    猛暑日に涼む愛犬昼寝床

    姿見の春制服の愛し姪

    以上 五句です。
    〆切に間に合えばまた送らせていただきます。

    秋月文美江 熊本県 51歳 女



    • 秋月 文美江
    • 2017/03/25 2:50 PM
    帰省子を待ちまた玄関へ立ちにゆく
    • めいおう星
    • 2017/03/25 3:28 PM
    また、プロフィール、書き忘れましたので、再送します。

    めいおう星  東京  女  58


    帰省子を待ちまた玄関へ立ちにゆく
    • めいおう星
    • 2017/03/25 3:31 PM
    ことまと 愛媛県 女性 66歳

    玄関へ蟷螂の腹太しふとし
    玄関の主の居ぬ間の冬野菜
    侘助やケアマネとする死の話
    置物の猫の目光る風ひかる
    • ことまと
    • 2017/03/25 3:37 PM
    三ノ宮ねこ 兵庫県 女 48歳

    『門番も見守りし燕の親子』
    昨日の愛犬シロの句の続きです笑
    • 三ノ宮ねこ
    • 2017/03/25 4:12 PM

    ●梅雨の入りカルダンのだけ傘立てに

    ●冬の故紙除けて玄関のノブ回す

    ●出勤を達磨見送る夏はじめ

    ●どのシューズ新宿御苑紅葉狩

    ●靴庫のうへシクラメン鉢ひとつ

    ●玄関で梅雨の模様をおしはかる

    回文俳句 ふたつ              

    ●燕(つばくろ)来き玄関観劇記録初
      つばくろききげんくゎんくゎんげききろくはつ
    燕の子育ての「演劇ノート」に見立てました。

    ●長靴仕舞ふ年越し訪ふま沈くかな
      ながぐつしまふとしこしとふましづくかな
      梅雨明けて長靴も不要になったので来年まで奥の  ほうにお休みね。

    ウロ 87歳 男 東京都
    • ウロ
    • 2017/03/25 4:31 PM
     月の道
     ドイツ
     女
     47才

    のぞき窓まつげ伝いくる炎昼
    回覧板ことり戸に在り蟋蟀
    鬼やらひ牛乳受けの開くやうな

    ドイツの仲間が増えていて嬉しいです〜
    つながって、一緒に勉強できるといいなあ♪なんて夢も広がります。
    玄関の鍵を出す間の火取虫
    朝顔の支柱を越えて玄関へ
    柊を挿す玄関の御札かな
    ひでやん 愛媛県 男 48歳
    • ひでやん
    • 2017/03/25 5:24 PM
    追記

    エゴノキも芽吹いて始まる新年度

    玄関で待ちわびまわる犬散歩


    秋月文美江 熊本県 51歳 女
    • 秋月 文美江
    • 2017/03/25 5:32 PM
    デート前靴を選んで春愁ひ

    瓦すずめ 大阪府 男 37歳
    (送信できているかどうか、分からないので再送します)
    • 瓦すずめ
    • 2017/03/25 6:32 PM
    こま・東京都・50代・女性
    玄関の河骨妻の主張の黄
    • こま
    • 2017/03/25 8:36 PM
    ヤッチー・東京都・女性・68歳

    ドアホンに回覧覧版と花菜漬け
    • ヤッチー
    • 2017/03/25 8:38 PM
     兼題も折り返し点を過ぎ、さびしく思っています。

    ・パラソルやシェルブールさえ蘇る

    ・除雪車や玄関先に仕事置き

    ・朝寒し母の声とぶ玄関か

    ・玄関に三つ指つくや春の夢

    ・春の暮れ回覧板で井戸端に

     玄関に思いを巡らすことなどなかった生活でした。
     あらためて蘇る情景を詠みました。

     灯瑳緒 岩手県 男 64歳

    • 灯瑳緒
    • 2017/03/25 8:40 PM
    東京都 ヒカリゴケ 女性 42歳

    モニターに頭頂部のみ夏休み
    亀鳴けば三つ指ついて迎えましょ
    うりずんは無くてシーサー梅雨に入る
    靴箱に小さき聖樹点灯す
    子猫きて目の白黒す雄の猫
    玄関にザリガニ生きる濾過の音
    • ヒカリゴケ
    • 2017/03/25 8:41 PM
    白石 美月 55歳 福岡県
    玄関に椿一輪活けし夜
    • 白石 美月
    • 2017/03/25 8:57 PM
    門口に置かれし西瓜謎の午後
    西瓜が玄関先にある。知り合いがくれたのかわからない。

    春昼に踏まれぬマット閑古鳥
    玄関マットの踏まれぬ流行らぬ店

    赤馬福助・山口県・男・51歳

    • 赤馬福助
    • 2017/03/25 9:37 PM
    小倉じゅんまき 愛知県 女 30代

    玄関の監視カメラに猫の恋
    襟足と靴下チェックする九月

    探偵会社へ浮気の調査依頼が一番増える時期は、秋だそうです。
    • 小倉じゅんまき
    • 2017/03/25 10:17 PM
    初投稿です。よろしくおねがいします。

    ・下駄箱に8年前の夏の砂
     
    ・白菜を玄関先に置いとくよ

    ・3時過ぎ汗で濡れてた不在票

    ・入船のヒールと出船のボアブーツ

    ・あの春よりその日を待つ避難用具

    ・おでんかな換気扇から名推理

    ・内鍵の音に送られ春深し

    ・開けるなりセミの死骸と影法師

    ・秋湿立てかけてある松葉杖

    ・背中だけ日焼けしていた薬売り

    パインあめ 千葉県 43歳 男性
    • パインあめ
    • 2017/03/25 11:16 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2017/03/25 11:23 PM
    小川めぐる(大阪)50歳女性

    玄関に入るやいなやの驟雨かな


    • めぐる
    • 2017/03/25 11:54 PM
    七瀬 ゆきこ 三重県 女性 59歳

    春愁は鈴鹿おろしの夫待つドア


    還暦を間近に一緒になった、年下の夫を見送る事が、朝の習慣。
    新居は、鈴鹿山脈からの風が吹きおろし、陽射しは、明るくなっても寒い日が続く。
    朝、玄関を開けると、待っていたかのように、風が吹き込む。唯一の心配事。
    • 七瀬 ゆきこ
    • 2017/03/26 12:31 AM
    久我恒子 栃木県 女性 58歳
    帰省子へ上がり框を犬滑る
    • 久我恒子
    • 2017/03/26 12:50 AM
    宅配便 届きて 風薫るを知る
    カラカララ 玄関の音 帰省の音

    ゆあーん 山口県 女性 48歳
    • ゆあーん
    • 2017/03/26 3:08 AM


    蝉しぐれ朽ちた表札ノックする

    恒泰/東京都/女/43歳

    • 恒泰
    • 2017/03/26 3:52 AM
    1.俳  号  椋本望生(むくもとぼうせい)
    2.都道府県  大阪府
    3.性  別  男
    4.年  齢  69歳

    5.俳  句

     おいと呼びはいと応へる風信子
     水槽の目高の世界観て飽きぬ
     靴履けば寄りくる目高見捨ておく
     十返舎一九と金魚と靴ベラと
     餌を焦らす金魚は終ぞ逆立ちに 焦(じ)らす
     下駄箱の上でよからう金魚鉢
     汗臭ひなんて言ふなよ九官鳥
     獺祭忌三途の川に下駄が無い
     玄関か座敷か口舌室咲いて   口舌(くぜつ)
     跳炭や素性明かさぬ鍵の出て

    6.その他  

     以上よろしくお願いします。    (望生)
    • 椋本望生
    • 2017/03/26 8:26 AM
    姫山りんご 女 兵庫県 39歳

    うららかや大中小のズック笑む
    長靴の好きな幼子春日かな
    春の夜の明珍鳴りし夫帰る
    春の夜のカレーの香と子迎え抱く
    門戸の主婦話の尽きぬ日永かな

    夏井先生、昨日夫に歳時記を買ってもらいました♪
    歳時記、すごい楽しいです。
    俳句、うまくなりたいです。
    コツコツと勉強していこうと思います。
    • 姫山りんご
    • 2017/03/26 9:54 AM
    としなり、大阪府、男、60歳代
    さみだれを恋ひて雨傘眠りおり
    傷ひとつ重ね恋猫凱旋す
    • としなり
    • 2017/03/26 10:37 AM
    春雪やビニル袋の朝刊紙

    玄関の戸を半開き夜の秋

    玄関の三和土の隅のむしの声


    ささのはのささ 茨城県・男・64歳
    • ささのはのささ
    • 2017/03/26 11:01 AM
    としなり、大阪府、男、60歳代
    さみだれを恋ひて雨傘眠りをり
    (仮名遣い間違えました。差し替えてください。よろしくお願いします。)
    • としなり
    • 2017/03/26 11:04 AM
    こすみ 大阪 女性 56才

    冬あらし北向きドアに相撲取り
    ドア放つ飛び込む春の水彩画
    宅配のいつもの人のハズム春
    足音やあの人春を連れてくる
    • こすみ
    • 2017/03/26 12:29 PM
    ひらき初む月下美人を三和土へと 

    回覧板上がり框に新茶汲む

    春泥を歩き回った小さき靴 

    ガリバーの靴かと思う帰省子よ

    花くちなし薫るニッチに印鑑も

    柝の音 千葉県 女 67
    • 柝の音
    • 2017/03/26 12:57 PM
    さとう菓子 東京都 女 54歳

    ただいまの靴ひもにひとつ春つけて
    犬哮る名乗らぬ客の雪の夜
    傘立てのころりと潜む鬼の豆
    足音で出迎え渋る冬隣
    五月雨や詰めてふくれた靴並ぶ
    • さとう菓子
    • 2017/03/26 1:54 PM
    寝静まるドアにヤモリのドアボーイ

    仕事で深夜に帰宅したらヤモリくんが迎えに出てくれました。
    • 満る 愛知県 女56歳
    • 2017/03/26 3:21 PM
    「元日の朝刊冷気運び込む」
    廊下も玄関も寒い日本家屋、冷気を含んで朝刊は一層重い。

    『ゲストブック友の笑顔も刻みつつ」
    結婚以来のゲストブックは夫婦の歴史そのもの。
    • 鶴(海外在)
    • 2017/03/26 3:57 PM
    茨城県 女 77
    勧誘の人来て長し黄水仙
    訪れれば季節の色のミニ兜
    春泥を運び来てあり運動靴
    チューリップにひとしきり声して句座に

    • 2017/03/26 4:36 PM
    姫山りんご 女 兵庫県 39歳

    玄関のたんぽぽ積みし三輪車
    花疲れ乱れしままの靴直す
    下駄箱の迎えの蝋梅足ゆるむ
    上がり口の並べられたる春の草
    北窓を開き夫(おっと)を送る朝
    クリスマス夫(つま)の出迎え誘う子よ
    新年度光りし靴を隅に置く
    戸から戸へ挨拶回り風光る
    上がり口にタオル三つの春時雨
    初虹や玄関先に顔そろう

    • 姫山りんご
    • 2017/03/26 4:49 PM
    柚子 京都府 女性 58歳

    玄関の香りなつかし沈丁花
    上り框に並べしみやげ夏往きぬ
    鉦叩くつをねぐらと思ひけり
    • 中西柚子
    • 2017/03/26 5:04 PM
    遠きいち 栃木県 男 67歳

    ・開け放つ玄関涼し胡座組む
    ・玄関の春日に立つは子の担任
    ・薬屋の声朗らかや春玄関
    ・音たてて玄関揺らす白雨かな
    ・玄関を開けし匂うは沈丁花
    ・子らの声玄関先は春爛漫
    ・玄関のドアを護りし雨蛙

    • 遠きいち
    • 2017/03/26 5:47 PM
    大阪府
    ひまわり猫
    64歳
    三つ指で迎える猫や春うらら
    • ひまわり猫
    • 2017/03/26 6:40 PM
    大阪府 女性 64歳 ひまわり猫

    先程投稿しましたが、女性というのをわすれましたので、再度とうこうします。煩雑になり、申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

    三つ指で迎える猫や春うらら
    • ひまわり猫
    • 2017/03/26 6:45 PM
    よろしくお願い致します。

    玄関を開けて蜘蛛糸切れる朝
    玄関に木の葉いちまい珍客か
    玄関を開かり行けぬ東京豪雪
    玄関でその声を待ち石焼き芋

    衷子 東京都 女 44歳
    • 衷子
    • 2017/03/26 7:43 PM
    はつなつを束ねてドアの穴光る
    冬銀河かぼそき雷がノブより来
    玄帝に押し返される朝のドア

    魚ノ目オサム 埼玉県 男 50歳
    • 魚ノ目オサム
    • 2017/03/26 7:46 PM
    たれかある葎の門に猫が鳴く
    赤薔薇が埴生の門に猛り咲く
    玄関の背なに夕立がけふの福
    • 花屋,・長野県・女性・57
    • 2017/03/26 7:53 PM
    さるぼぼ 神奈川県 47歳 女性

    清め塩さらさらと落つ寒北斗
    ドアノブに回覧板と夏蜜柑

    忘れないうちに投句します。
    またできたら送りたいです。
    • さるぼぼ
    • 2017/03/26 7:59 PM
    マットにウェルカムの文字や風光る
    • めぐる
    • 2017/03/26 8:16 PM
    玄関を出て二歩三歩あゝ春だ

    靴脱いで仮面を脱いで花疲れ

    玄関の要らぬ真夏の島暮らし

    玄関を凝視する犬盆の夜

    玄関の灯り落としてさあ夜長

    玄関に若きなまはげ会釈せり

    玄関に田の神送る冬の果て

    (無季)
    「ドッコイショ」日本語講座玄関編

    永井潤一郎 山梨県 男性 52歳
    • 永井潤一郎
    • 2017/03/26 8:46 PM
    亜紀 兵庫県 44歳 女性

    父帰る日は ガーベラ飾り 靴揃える

    単身赴任の父が帰って来る日は、父の好きな花を飾り玄関もいつもよりちょっとちゃんとして待つのです
    • 亜紀
    • 2017/03/26 9:27 PM
    次郎の飼い主 女性 兵庫県 年齢黙秘でお願いします

    新しい表札隣に春来たる

    集合住宅に住んでいますが、先月、長らく空き家だったお隣さんに人が入ったことを思い出し、詠んでみました。まだ一度も顔を合わせたことがないので、男性なのか女性なのか、何人でお住まいなのかもわかりませんが…。

    来月の高槻現代劇場での夏井先生の講演会のチケットを取りました。当日を楽しみにしております。
    • 次郎の飼い主
    • 2017/03/26 10:24 PM
    直木葉子 女 74歳 東京都

    退任の花束香る目高の死
    • 直木葉子
    • 2017/03/26 10:30 PM
    出立の無言のきみの背に桜
    玄関狭すぎ冷蔵庫返品(実体験)

    ざうこ 神奈川県 49歳 一応オンナ
    • ざうこ
    • 2017/03/26 10:52 PM
    小倉じゅんまき 愛知県 女 30代

    雛菊と疲れたヒール斜塔めく
    外商を知らぬ敷居と絨毯と
    炎昼に帰宅沓脱石を抱く
    • 小倉じゅんまき
    • 2017/03/26 11:56 PM
    喜多輝女  愛媛県  67歳  女

     玄関に今年も飾る硝子雛

     玄関に靴の散らばる夏休み

     玄関の靴増えにけり盆休み

     ドアチャイム付けて痴呆の父の春

    冬の間はそうでもなかったのですが春になると
    認知症の父が勝手に出歩くのでドアを開けたら
    わかるように長めのドアチャイムを付けました。
    父が亡くなってからもドアを開けるとメロディが
    ながれます。
    • 喜多輝女
    • 2017/03/27 1:33 AM
    柊鰯うつす防犯カメラかな

    縁側が玄関になる夏休み

    生贄を玄関前で待つ炎帝

    玄関をはさみ恋猫鳴く夜かな

    サンダルの跡ある足を置く三和土
    sol 埼玉県 42歳 女

    「ただいま」とランドセル投げ青嵐 
    • sol
    • 2017/03/27 4:06 AM
    九寸の大黒柱春の風
    夫の活けたる大甕の山桜

    新築した時、父が私のためにと一番いい木を大黒柱用に切ってくれました。自分の家よりいいのを残しておいたという言葉を時々思い出します。
    山に登るなんてとんでもない話ですが、夫が大きい山桜をドーンと伐って活けてくれました。

    まりりん  愛媛県  女性64歳 
    • 上田 満里子
    • 2017/03/27 7:57 AM
    スナックのアンパンマンやちさき雛
    玄関に小さな雛人形をかざる。ひなあられ代わりの
    お菓子の袋にはアンパンマンが

    門灯や帰らぬ娘夏の朝
    門灯をつけておいたが思春期の娘は帰宅せぬまま朝を
    迎えた夏休み

    赤馬福助 山口県 男 51歳
    • 赤馬福助
    • 2017/03/27 8:41 AM
    西川由野・埼玉・女性・48才

    玄関にスノボ釣竿春コート

    という家族構成です。片付けが苦手でお恥ずかしい。
    • 西川由野
    • 2017/03/27 9:56 AM
    豊田すばる 徳島県 女 30代

    退職の赤き花束生ける春
    悲鳴なり土間に若布の散りばるる
    回覧板ついでに新茶啜る人
    • 豊田すばる
    • 2017/03/27 10:53 AM

    日脚伸ぶ靴を磨いて三回忌

    八幡風花 福岡県 女性 53歳
    • 八幡風花
    • 2017/03/27 10:55 AM
    猫ふぐ 高知県 男 60才

    真っ白な靴ひも結び夏に入る
    掘りたての筍二本玄関に
    玄関で息を殺している裸
    • 猫ふぐ
    • 2017/03/27 11:26 AM
    岡山県 54歳 女性

    下駄箱のすみのしっぽや花火鳴り
    玄関ののぞき窓より虹来たり

    先ほど寝室のところに間違えて投句してしまいました。
    申し訳ありません。
    • ミセウ愛
    • 2017/03/27 11:47 AM
    姫山りんご 女 兵庫県 39歳

    しめ飾り忙しすずめ戸から戸へ
    獅子舞の人垣よその門戸まで
    玄関の毛長の犬に扇風機
    玄関のうなだる犬に氷やる
    玄関の飾るどんぐり増えていき
    • 姫山りんご
    • 2017/03/27 12:25 PM
    〇ドアマンが歯ぎしりをする北下し

      ドアのショックアブソーバーを「ドアマン」(商品名?)というそうです。

    〇玄関土間チラシ春物大処分

    〇玄関のマペットサンタ繰るバンザイ

        マペット…操り人形

    〇ラックのスリッパモヘヤ麻手へ更ふ薄暑

    〇アパートの我が名確かむ春深更

    よそのお宅のブザーを押したことがあります。我が  家はもう一階上でした。
    • ウロ
    • 2017/03/27 12:38 PM
    えりこ 徳島県 女 61歳
     入学の朝玄関の声はずむ
     故郷の名水土間へ月の客
     玄関へ栗飯ほのと匂いけり
    • えりこ
    • 2017/03/27 1:06 PM
    猫ふぐ 高知県 男 60才

    玄関を間違えている四月馬鹿
    亀が鳴く靴箱の中靴の中
    • 猫ふぐ
    • 2017/03/27 1:39 PM
    ぐずみ 針間國 / 性別・年齢は逸・忘
    こんにちわ!
    「類想から離れる試み」してみんと、ない知恵絞りました。時間かかりました。で、また投句させて頂きます。

    例句募集 第4回 「玄関」は<外の世界とつながる空間♪>と云ふことで、こんな連句から

    まずは、「空」の玄関

    【発句】 馬の仔の耳に念仏三里塚
    【脇】 「成田は“いま”」も空の玄関

    * 1985年(昭和60年)10月20日の成田現地闘争。その年の4月の全国紙に掲載された「成田は“いま”」と題する政府広報がその発端を担った、ともされています、・・・・・・・・。

    次は「海の玄関」三句付け
    【発句】 布引の清水茶屋への遠汽笛      【脇】  盆に新茶とバームクーヘン
    【第三】 街の灯の焼かれ蛍火舞ふ神戸

    これより発句ばかしです。

     冬館泥の靴手に風除室
     夏館車寄せにはオープンカー

     吾庵ポストに袋蜘蛛の息
    • 山崎ぐずみ
    • 2017/03/27 2:00 PM
    麦吉 東京都 女 57歳

    厳寒の扉に竦む意気地なし
    厳寒や戸口に錠を掛ける母
    玄関に残るチャイムと筍と
    人も無く開きたる戸口盂蘭盆会
    入船の靴を出船へ返す夜

    すみません、つい出来心で厳寒の句を詠んでしまいました。
    • 麦吉
    • 2017/03/27 2:27 PM
    すみません、一句無季でしたので再投稿します。

    入船を出船へ返す春の靴

    • 麦吉
    • 2017/03/27 2:35 PM
    夏休みハの字ソの字と踊るクツ
    山焼きの煤届けくる風に乗り
    下駄箱に空席多し菊の家
    冬の朝回覧板をそっと置く
    入学子なまえ黒々スニーカー
    • しー子    静岡県 女  62才
    • 2017/03/27 4:01 PM
    室咲や北国の真夜中の雨
    • 吉川哲也 福島県 男 50歳
    • 2017/03/27 4:51 PM
    盛り場の匂ひのコート脱ぎにけり
    • 吉川哲也 福島県 男 50歳
    • 2017/03/27 4:58 PM
    紅の子
    埼玉県
    女性
    52歳

    春入園左右を逆に靴履く児
    夏の暮プリズムとなるドアスコープ


    長男2歳、次男がお腹にいた頃に移り住んだマンションは、北西向の玄関でした。夏の夕方いっときですが、陽の光がドアスコープを通し、小さな虹に変わりました。「虹がいる」と言っていた長男も三十路になりました。
    • 紅の子
    • 2017/03/27 5:25 PM
    じゃすみん 新潟県 女 65歳

     サンダルに塩の匂いや夏来る

     郵便のコトンと落ちて西日差す

     入梅や傘立て賑わう宵の客

     回覧板待つ座布団や冬に入る

    • じゃすみん
    • 2017/03/27 5:34 PM
    立川六珈 大阪府 女 51歳

    玄関に泥んこ靴と花びらと
    電報受けとる遠花火のあがる
    靴べらをすべりゆく足秋来る
    水鳥のこゑ朝刊の届く音
    鍵穴へ夕日の届く去年今年
    • 立川六珈
    • 2017/03/27 5:41 PM
    俳号;月夜同舟
    県名;徳島
    性別;男
    年齢;59

     玄関の井戸端会議秋の宵

     右左靴ひも固く冬の朝

     玄関にピザ待つ子供クリスマス

     靴の上蝶々ふたつ新入生
    • げつやどうしゅう
    • 2017/03/27 6:01 PM
    姫山りんご 女 兵庫県 39歳

    玄関前成人の日の家族かな
    成人式門戸で写真父母の笑み
    玄関で家族写真の七五三
    • 姫山りんご
    • 2017/03/27 6:02 PM
    俳号:浜風
    都道府県:神奈川
    性別:男
    年令:77才

    春泥の乾びし靴の賑へり
    • 浜風
    • 2017/03/27 6:27 PM
    キラキラヒカル 兵庫県 42歳 女

    朝戸風子は沈丁花となりけり
    一面を飾る向日葵仰ぐ空
    雨間に来る鵯と回覧板
    インターホン越しに数える実南天
    • 今北紀美恵
    • 2017/03/27 6:41 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2017/03/27 7:45 PM
    ・歌鈴  福岡県  女性  35歳


    ●帰巣待つ戸口の上へ女王蜂

    ●傘取りに戻る飛燕の低し朝

    ●靴音へ猫は入待ち冬の宵

    ●夏暁やそろそろ帰宅常夜灯

    ●喧嘩せど朝は見送り花笑う

    ●吾の靴へどんぐり一つ子の笑う

    ●戸をたたくリズムで誰か知る春昼

    ●五月晴れ長靴カッパ子の弾む

    ●赤子靴試す五歳へ雛笑う

    ●戸を放ちはしゃぐ足跡薄ら雪

    (福岡では雪がちらつくだけで子供のテンションが上がりますので、滅多に積もらない雪が薄らでも積もったら大喜びです)

    • 歌鈴
    • 2017/03/27 8:34 PM
    カリン 神奈川県 27歳 女

    欠伸して出かける家族山笑う
    靴べらの冷ややかな朝故郷発つ
    • カリン
    • 2017/03/27 9:36 PM
    カリン 神奈川県 27歳 女

    羽子板とバットが譲り合う三和土
    紫陽花に雫滴る彼の家
    • カリン
    • 2017/03/27 9:46 PM
    配置薬きっちり箱へ黄水仙
    玄関を大きく開けて春祭

    よろしくお願いします♪

    富山の露玉 富山県 女 54

    • 富山の露玉
    • 2017/03/27 9:51 PM
    布団から行ってらっしゃいドア閉まる
    ドア開けて働き蜂をお見送り
    マンションは蜂の巣次々と出社
    三つ指はつけない間口栗ご飯
    主張する安全靴に花の雨
    ドアポストに初夏の意気込みチラシ入る
    ドアポストより木枯らしが漏れて来る
    ドアポストから端くれの空っ風
    • ときこ 大阪府 女性 55歳
    • 2017/03/27 10:13 PM
    *夕まぐれ土間の竈と祖父の咳

    *吾のしごと玄関掃除五〇〇円

    *下と上たどる目線や燕の子

    神谷 燕 愛知県 女 37歳
    • 神谷 燕
    • 2017/03/28 2:34 AM
    めだか 兵庫県 女 70代

    社会へと孫送り出す初桜

    玄関口に鳥の土産か金柑ひとつ

    店先にセキレイの来て客迎え

    人感し外灯光る沈丁花

    下駄箱に鎮座する猫春ららら

    ドアの外「帰ったぞー」は恋の猫
    • めだか
    • 2017/03/28 6:15 AM
    玄関の知らぬ日傘をさしてみき
    玄関をバルコンにして猫の恋
    • 花屋,・長野県・女性・57
    • 2017/03/28 8:16 AM
    ひなたろー。/広島県/女/11歳

    ●うぐいすの初音や見送る父の背
    • かつたろー。の娘ひなたろー。
    • 2017/03/28 8:51 AM
    かつたろー。/広島県/男/41歳

    ●暖かや歩き始めた吾子の靴
    ●ただいまの声の静寂春浅し
    ●吾の匂い消えた玄関帰省せり
    • かつたろー。
    • 2017/03/28 8:54 AM
    あまぶー 兵庫県 55歳 女

     送り火や古びたる靴見当たらず
    • あまぶー
    • 2017/03/28 10:03 AM
    御器かぶり三和土の隅をうごめけり

    下駄箱の中より青き風信子

    鍵穴のかすかなあかり秋の暮

    白靴を脱いで孤高の令夫人

    鈴木麗門 千葉県 67歳 男
    見送りの犬の眼澄みし冬の朝  


    はなゆき  静岡県 61歳 女
    • はなゆき
    • 2017/03/28 2:31 PM
    ◇玄関に夏来るらしさんざめき

    ◇春愁を脱ぐ玄関の重々し

    □台所のキフジン・62才・東京・女子?
    • 台所のキフジン
    • 2017/03/28 2:50 PM
    〇吉といふ鬼門玄関水を打つ

    玄関が鬼門に当たるのは正しくは〈吉〉なのだそうで、自分の思い違いにびっくりしました。「鬼門玄関」というコトバを今回はじめて知りました。

    〇三社祭玄関御札重ね貼り

    〇地虫出づここのザムザは百足なる

    たくさんの靴が散らかっているのを見て、カフカの『変身譚』を思い出しました。

    〇ズック靴玄関神がマスクする

    ズック靴の匂は強烈です。

    〇犬の運気つけてサンダル帰還する

    ウンチとするのが憚られたので「運気」としました。「サンダル」は夏の季語と考えてもよいように思いますが、いかがでしょうか。

    〇おもて風入れ押売り除けの男靴

    女世帯では、亡くなったご主人の靴をわざと出しておくそうです。表札も男名前を変えないで残しておくそうです




    • ウロ
    • 2017/03/28 2:53 PM
    大阪府 年齢不詳 おぢさんまたはJK

    卒業の日も踏んで履くスニーカー

    新入社員革靴を履く手が震え
    • ちびつぶぶどう
    • 2017/03/28 3:07 PM
    東京都 ヒカリゴケ 女性 42歳

    卒業の朝スニーカー残さるる
    干からびて土間のめだかのくの字かな
    五月闇鏡の配達夫いびつ
    戸の玻璃のラリックめきて夏朝日
    シーサーのうりずん南風を吸うて濃し
    • ヒカリゴケ
    • 2017/03/28 3:33 PM
    柊 月子 北海道 46歳 女

    濡れ鼠ただいま言わず干菜風呂
    雪しまき扉の愁い開け難し
    扉開け呼込む花の来たらずや
    • 柊 月子
    • 2017/03/28 3:40 PM
    ・緑陰の門口へ泥団子二個
    ・「行って来ます」祖父のめでたる万年青の実
    ・住む人なき家の玄関を実南天

    ぷりむらかりの 神奈川県 50代 女
    • ぷりむらかりの
    • 2017/03/28 3:51 PM

    花の外へ小さき柩を送り出す

    粉雪を連れて太宰のご帰還だ

    久遠・イギリス・女性・56歳
    • 久遠
    • 2017/03/28 4:04 PM
    俳号・ゆ

    富山県



    58歳

    食いしん坊の私は、困ったときは、「食べ物俳句」になります。
    お題は「玄関」ですが、今回も「食べ物」入ってます。

    ・玄関に草履も並ぶ入学式

    ・「ただいま」の声豆飯の炊き 上がる

    ・朝寒や子の背をぽんと送り出す
    • 俳号・「ゆ」 富山県 女 58歳
    • 2017/03/28 5:10 PM
    ガラス絵の白木蓮は下駄箱に
    門扉に吊る班長札へ朧月   @町会の班長は輪番制
    桜草三色咲(わら)ひ玄関に
    手土産は苺大福来訪者
    玄関の注連縄つつく雀かな
    玄関先下洗いするラガー服
    大寒や作法正しき靴揃う
     ↑
    三つ子の魂百までといいますが、幼稚園に通っていた頃、祖父に教わった通りに18歳になったラガーマン
    は、ずーっと守っています。祖母の私も、両親もできないです。唯一誉められることです。

     よろしくお願いします。

    • 市川七三子 
    • 2017/03/28 5:16 PM
    すみません、
    先ほどの市川七三子 大阪府 75歳 女性
    • 市川七三子 
    • 2017/03/28 5:22 PM

    青萄/栃木県/女/64

    玄関に譲らぬ男西日負う

    玄関を出てポストまで棘の薔薇

    • 青萄
    • 2017/03/28 6:34 PM
    表札の一家六人春うらら
    夕薄暑厄除け魔除け男下駄
    吉報は玄関から来花の朝
    東京の玄関羽田とりぐもに
    杖を置く上がり框や島四国
    広島市 ぼたんのむら 59歳 女
    • ぼたんのむら
    • 2017/03/28 7:02 PM
    てん点 東京都 女 68歳

    龍淵に潜む玄関占める複製機
    (55年前の実家の玄関です)

    玄関の扉全開魂迎へ

    • てん点
    • 2017/03/28 7:15 PM
    傘立てに傘また増やす芒種かな
    玄関の砂はき出して夏に入る
    蛍光にうかぶ鍵穴雪もよひ
    玄関の隅へ花疲れのヒール
    新涼の靴べらはイタリア土産

    剣持すな恵 群馬県 50才 女
    • 剣持すな恵
    • 2017/03/28 7:51 PM
    ほしの有紀 大阪府 51歳 女

    見送りのあと夏の暁を泳ぐ
    • ほしの有紀
    • 2017/03/28 7:59 PM
    カリン 神奈川県 27歳 女

    梅雨の傘首長くして父を待つ
    梅雨の傘背くらべして父を待つ
    夕焼けや郵便受けは今日も空
    玄関で子らが欲しがる氷水
    玄関に水着忘れて母待つ子
    • カリン
    • 2017/03/28 8:07 PM
     玄関に弟子の湿打ち茶事始め
     (湿打ち=打ち水 高知県の方言)
     寒の闇外出の鍵ジャラジャラと

     桜姫 愛知県 73歳 女性
    • 桜姫5
    • 2017/03/28 8:36 PM

    富樽
    東京都 女 60代

    ・玄関の鍵穴ずれて梅雨に入る

    ・玄関の扉たたくは秋風か

    ・古傘の林こおろぎ鳴きつづけ

    ・玄関に空蝉のごと死者の靴

    ・玄関に火鉢とベンチのある暮し

    ・木枯らしや扉隔てて他人かな

    ・玄関に雛を飾り老を行く

      @雛:ひいな
    • とみだる 
    • 2017/03/28 8:55 PM
    久我恒子 栃木県 女性 58歳

    「悪かった」背に家を出ぬ夏の霜
    • 久我恒子
    • 2017/03/28 9:09 PM
    竜胆 愛媛県 69歳 男性

    昼寝覚インターホンが呼びつける
    春夕焼次男玄関あける音
    玄関の灯へ守宮手を広ぐ
    ゴム紐買うてや冷たき上り框へと
    鍵のなき玄関締めて祖父の萩
    玄関にツバメ注意の木札打つ
    紅梅の玄関先へ客送る
    靴の少なし還暦の大晦日
    • 竜胆
    • 2017/03/28 9:15 PM
    一人居の義姉の便りや黄水仙

    春風や亡兄居る如く靴揃え

    玄関の鍵の鈴音春寒し

    玄関の内外目高増えにけり

    亀鳴くや玄関床の藁の亀

    よっちゃん 高知県 女性 74歳
    • よっちゃん
    • 2017/03/28 9:16 PM
    剥製の雉の目怖い黄水仙
    怒られて靴を並べるヒヤシンス
    • むらさき(4さい)
    • 2017/03/28 9:33 PM
    誰か来たともちゃんですよチューリップ
    今日は黄色の長靴よ菜種梅雨
    • ちま(3さい)
    • 2017/03/28 9:49 PM
    本ブログで今週のプレバト休みを知りました。がっかりです。今週の楽しみが消えた夜に詠む。

    ・吹雪く朝妻萎えし声玄関に

    ・宅配の労ねぎらいし歳暮かな

    灯瑳緒 岩手県 男 64歳
    • 灯瑳緒
    • 2017/03/28 10:18 PM
    桂奈 女性 46歳 愛媛県
    たっぷりの春日吸い込みただいまと
    三十度腰を折り曲げ春の客
    • 桂奈
    • 2017/03/28 10:20 PM
    抹茶金魚・愛知県・女・30代

    メチレンブルーの輪染みと空の金魚鉢
    送りたる祖母の花瓶に水仙花
    置物の干支に狸も入り辱暑
    春光や靴箱に敷く新聞へ
    長靴のかまぼこ型の春泥よ
    敷石の溝ゆく団子虫うらら
    ががんぼの居着く埃の明かり取り
    出迎えの今日は右巻く尾の守宮
    水色に褪せる航空写真初夏
    航空写真の青は棚田でありし夏
    航空写真の夏野へ続く玄関よ
    航空写真の夏の玄関いま出でて
    航空写真のかの夏へいま玄関を
    下駄箱に飼ったつもりの鈴虫よ
    玄関の段差の高し籠に蕪
    回覧板を受け取り話す田植え時期
    春の朝玄関鏡のアルバムめく
    敷石に一晩過ごす靴の凍つ
    土間跡の天井高し冬の朝
    土間跡の天井暗し夏の昼

    うちの玄関はもとの土間の名残があります。
    またなぜか、我が家周辺を映した古い航空写真がどーんと飾ってあります。
    • 抹茶金魚
    • 2017/03/28 10:24 PM
    玄関に時計がふたつ長閑なり

    酔芙蓉 埼玉県 男性 57歳
    • 酔芙蓉
    • 2017/03/28 10:44 PM
    実峰 愛媛 女 51才

    小さき靴並びし朝のチューリップ

    ででむしや靴べら光る独りの夜

    三指はついて待たない吾亦紅

    濡れ傘の傾いており漱石忌
    • 実峰
    • 2017/03/28 10:45 PM
    珠桜女あすか 岩手県 女性 50歳

    引っ越しの挨拶の品春や逝く
    宅急便猫の物ばかりや春の宵
    春陰や客を迎える茶トラねね
    誰も居ず鳴った気がした花曇
    • 珠桜女あすか
    • 2017/03/28 11:20 PM
    このはる紗耶 新潟県 43歳 女性

    センサーで点る門灯多喜二の忌
    • このはる紗耶
    • 2017/03/28 11:43 PM
    くま鶉 東京都 女性 50歳

    戸を引きし間に吹き寄せし沈丁花
    傘帽子靴みな黄色春るるる
    マヨルカのローファー磨く青時雨
    三足の中年ブーツ支え合ひ
    正座猫花見に勝る家路駆く
    • くま鶉
    • 2017/03/28 11:51 PM
    高橋鰈舟(ちょうしゅう)・埼玉県・男性・66歳

    冬靴や勤めを終へて休みをり
    晴明や定年明くる玄関先
    くつさめや玄関先の二連発
    定年や明くる晴明靴磨く
    玄関の覗き穴や万華鏡
    玄関の現の証拠が乾きをり
    玄関の靴僅かなりいと寒し
    厳寒の扉を開けて将軍来る
    • 高橋 鰈舟
    • 2017/03/29 2:49 AM
    めだか 兵庫県 女 70代

    玄関に「頭上注意」やツバメの巣
    • めだか
    • 2017/03/29 5:40 AM

    玄関の幅の佐保姫ゆくりなく
    ビニル傘まだ白南風を飛びたげに
    ドアひとつ隔て溽暑のストーカー

     小泉岩魚・千葉県・女・49歳
    • 岩魚
    • 2017/03/29 9:08 AM
    出楽久眞・宮城県・女・43

    *深秋の玄関あいだみつをの詩
    *夕立やビニール傘のまた増える
    *釘の位置迷ふ新居の注連飾
    *風光る玄関先のプロポーズ

    • でらっくま
    • 2017/03/29 9:34 AM
    春恨や敷居踏めずに父憎し

    玄関の敷居は「父の頭」と言われて育ちました。
    禧祐 大阪府 女 60歳
    • 禧祐
    • 2017/03/29 10:31 AM
    ・凩を連れてきた父風呂直行

    ・君のベル抱かるるシャンパン風花す

    ・雪だるま門扉の前に堂々と

    ・白き靴履かれぬままを虎落笛

    ・一枚の諭吉代引きの春愁

    ・制服の年に植えたるライラック

    ・ライラック家族を迎えて二十二年

    ・出番待ちファーストシューズの菜種梅雨

    ・お裾分け籠へ盛らるる薇よ

    よろしくお願いします
    • 莎草 東京 女 40代
    • 2017/03/29 1:05 PM
    土井探花 千葉県 女 40歳

    客人の靴へ逃れしちちろかな
    • 土井探花
    • 2017/03/29 1:32 PM
    なないろ 静岡県 女性 40歳

    玄関にたんぽぽ五輪光る朝
    • なないろ
    • 2017/03/29 1:52 PM

    里帰り上り框に青梅あり

    表札の窪みに嵌る蒼き蜘蛛

    うらら 55歳 女 愛知
    • URARASAN
    • 2017/03/29 3:42 PM
    戸をあけて花屑の渦踏む一歩
    我知らぬ桜一片夫の靴
    秋日傘玄関の隅火照るまま
    帯解の草履明るき三和土かな
    柊挿す戸にもどかしき錠のあり


    わ〜、みなさんの、凄い投句の量ですね…!

    • うしうし 東京都 女 55歳
    • 2017/03/29 4:14 PM
    天野姫城 大阪府 女性 43歳

    ピンポンと急ぎクロネコ汗光る
    • 天野姫城
    • 2017/03/29 5:01 PM
    靴紐を結び始まる四月かな

    春色の玄関を開け社会人

    次のお題はトイレかなー、どーしよー??
    • 有瀬こうこ 44 女 大阪
    • 2017/03/29 5:06 PM
    春野いちご / 兵庫 / 女性 / 60代

    *玄関のウエルカムボードや春愁

    *友帰る三和土に花の塵ひとつ

    *永き日のドアスコープに歪む空
    • 春野いちご
    • 2017/03/29 5:16 PM
    深草あやめ・大阪府・女・46歳
    玄関に留守番の子や冬の暮
    • 深草あやめ
    • 2017/03/29 6:21 PM
    喪の靴の黴を拭うている静夜
    喪の靴の黴の香くしゃみ一つする
    靴底へ問う行先や枯葎
    • うしうし 東京都 女 55歳
    • 2017/03/29 6:45 PM
    カリン 神奈川県 27歳 女

    燕の巣我が家覗いているような
    外は雪スリッパ揃え踏み出そう
    燕の巣我が家覗いて子の育つ
    • カリン
    • 2017/03/29 6:48 PM
    ただいまのまを遮つた春日傘

    香野さとみ・埼玉県・女・37歳
    • 香野さとみ
    • 2017/03/29 7:43 PM
    線量計かざす燕の巣の下に 
    • ふづき 愛媛県 55歳 女
    • 2017/03/29 7:45 PM
    真宮マミ 大阪府 43歳 女性

    夏の朝くつの減り方父似かな
    • 真宮マミ
    • 2017/03/29 8:36 PM
    俳号・24516・神奈川県・44歳・男


    注連飾り歪み気にする無精者

    ただいまと届く泣声春の雨

    玄関へ吠え跳ぶ犬や夜の桜

    木枯らしと玄関ふざけ蹌踉めけり
    • 24516
    • 2017/03/29 8:50 PM

      一斤染乃 ・ 滋賀県 ・ 女性 ・ 53歳

    春泥の犯人梅の型は猫
    • 一斤染乃
    • 2017/03/29 8:55 PM
    貝殻の鍵落ちた春星が砕けた

    芳春の夜をあかるく扉ひく

    花片をうけて不在者通知かな

    春風へひらく双子のべびぃーかぁー

    喪主を終へ緑陰をゆるゆるかへる

    玄関や「猛犬注意」てふ暑さ

    あをくひかります盆路はすぐわかります

    玄関へ空蝉だけがのこされる
    • 有田けいこ 61歳 愛媛県
    • 2017/03/29 9:07 PM
    春泥を連れたゴム長黄の眩し
    春灯し八角鏡の笑う人


    あまいアン/和歌山県/女性/59歳
    • あまいアン
    • 2017/03/29 9:17 PM
    小市・埼玉県・男・66歳

    下駄箱の隅に福豆鎮座せり
    長靴に去年の泥や年明ける
    玄関やハの字トの字の靴のあり
    消化器のドアストッパー風薫る
    「神を恐れよ」と言われていますクリスマス
    • 小市
    • 2017/03/29 9:22 PM
    行ける秋畳み入れたる担架かな
    傘立てにバットも立つや春日和
    菊池洋勝・栃木県・男・45才
    • 菊池洋勝
    • 2017/03/29 9:24 PM
    中山月波     大阪  53才  女

    玄関に目あり耳あり蚊遣草
    • 中山 月波
    • 2017/03/29 9:49 PM
    霞山旅 宮城県 女性 40代

    白靴を白きままとす人と住む
    鍵ふたつ温める役目春夕焼
    割物のように鍵挿す朝寝守

    • 霞山旅
    • 2017/03/29 9:59 PM
    今日はアッシー  愛媛県  50歳

    しめ縄を三十回目飾りをり

    嫁ぐ子を送る玄関春の朝

    夕立で駆け込み滑る玄関よ

    玄関を開けて眺める雪景色
    • 今日はアッシー
    • 2017/03/29 10:09 PM
    Hoh 東京都 34歳 男

    ・寒さより戻りて匂ふカレーかな

    ・囀るよノブ回しドア開けたれば

    ・あたたかや汚れて曇る吾子の靴

    • Hoh
    • 2017/03/29 10:26 PM
    みやこまる 千葉県 女性 五十代

    おかえりと云ふ玄関の大夕焼
    ただいまはクワガタの待つ玄関へ
    着ぶくれて圧力かかりたる玄関

    よろしくお願い致します。
    • みやこまる
    • 2017/03/29 11:09 PM
    俳号:山崎点眼(新潟県)
    年齢:65歳
    性別:男性

    玄関を出れば雲海飯豊山
    宅配に印鑑押して啄木忌
    ピンポンの音すれば春の訪問者
    玄関の飛び出す音や新社員
    春たけなわ玄関施錠火の用心
    玄関に十六文の春の靴
    玄関に瞽女の門付け秋夕日
    押し売りの貧乏ゆすり春の怪
    こぬか雨カラフルな靴一年生
    惜しみなき拍手をさらう入学式
    玄関に丸ごと棄つる雪叩
    玄関にシルクロードの秋夕日
    ひとり居のただいまの声春浅し
    玄関に春一番客の声
    玄関にあかり灯して冬隣
    玄関に角巻羽織る母のゆめ
    客送る門灯消して十二月
    女二人あがりかまちに くちは夏
    • 山崎点眼
    • 2017/03/29 11:11 PM
    俳号・人見直樹
    都道府県・栃木県
    性別・男
    年齢・21歳
    1#お年玉ドカドカ子らの帰宅かな
    2#玄関のドアをひとりで開けた春
    3#同居するふりして玄関のホタル
    4#誕生日インターホンを待つ夜長
    5#「ただいま」を待つは金魚と浮かれ猫


    俳号・村上勝巳(人見直樹の後輩)
    都道府県・栃木県
    性別・男
    年齢・20歳
    1#ただいまも返事は来ない新生活
    • 人見直樹
    • 2017/03/29 11:11 PM
    まゆ熊  愛媛県  50歳

    靴箱にガラスケースのお雛様

    クワガタムシ逃げて隠るる靴の中

    台風や尾下ぐる犬と植木鉢

    亥の子まで蓋は開けまいポリタンク

    行儀よく整列するや暮の靴
    • まゆ熊
    • 2017/03/29 11:11 PM
    小野更紗 愛媛県 女性 58歳

    合鍵に揺るる真珠や女正月
    男衆の担ぐ柩を鳳蝶
    全身を緑雨の人の帰り来る
    百年の家の傾ぎや燕来る
    ジーンズの裾に連れ来し春の泥
    春帽子おく転出届飛ばぬよう
    門松の蹴飛ばされては起こさるる
    秋霖へ小さき棺の舟出かな
    狂ひなき合鍵二つ春隣
    歓待のカサブランカに襲はるる
    • 小野更紗
    • 2017/03/29 11:12 PM
    まゆ熊  愛媛県 50歳

    台風や尾下ぐる犬と鉢植えと
    • まゆ熊
    • 2017/03/29 11:26 PM

    佐藤直哉・神奈川県・男・31歳

    それぞれに汚れ白靴帰りきぬ

    • 佐藤直哉
    • 2017/03/29 11:34 PM
    しまった〜、年度末でバタバタしていて
    締め切りを忘れていた〜(>_<)

    出目金や魚眼レンズを覗き見る
    • ちゃうりん 静岡県 女 50歳
    • 2017/03/29 11:43 PM
    森なゆた/千葉県/女性/30才

    うばぐるま幌静かなる春の暮
    捺印の代わりにミモザ差し上げる
    戸口よりままならず我は帰省子
    入り船を糺しつかれて秋の蝉
    足袋ごしの楡の框のつめたさよ
    蝶番最後に拭うて年送る

    いよいよ歳時記をamazonで買ってしまいました。
    季節を詠む俳句の面白さに気づいたのも、
    育児休業という小休止があったからこそかもしれません。
    • 森なゆた
    • 2017/03/29 11:49 PM
    三ノ宮ねこ 兵庫県 女 48歳

    『花衣落ち合いはリカちゃんハウス』
    皆んなでリカちゃん家前で待ち合わせして、お花見行こうねって句です(^_^;)
    • 三ノ宮ねこ
    • 2017/03/29 11:57 PM
    春野いちご 兵庫 女性 60代

    朝刊の指に撓へり菜種梅雨
    • 春野いちご
    • 2017/03/30 12:01 AM
    カリン 神奈川県 27歳 女

    長靴で歩く練習梅雨近し

    12時過ぎてしまいました。すみません。
    • カリン
    • 2017/03/30 12:06 AM
    ちゆうちゃん 千葉県 女 19歳

    *玄関で冬眠せずに笑うクマ
    • ちゆうちゃん
    • 2017/03/30 12:16 AM
    奈津 石川県 51才 女

    靴ベラで押し込むかかと油照り

    まだ間に合いますでしょうか・・・。
    • 奈津
    • 2017/03/30 12:18 AM
    麻中蓬子 愛媛

    新涼の朝刊ぴしと折られけり
    • 麻中蓬子
    • 2017/03/30 12:30 AM
    みなさま、12時も回りましたので、この回の投句を締め切らせていただきました。今回も、たくさんのご投句ありがとうございます。明日以降、次の兼題を発表します。よろしくお願いします。
    • おウチで俳句制作スタッフ
    • 2017/03/30 12:43 AM
    ろここ 宮崎県 女 42才

    玄関の真中にゴロリ猫の避暑
    春めきて往来増ゆる猫のドア
    水羊羹下げてひょっこり父来る

    目が覚めたら、朝でした。間に合いますでしょうか。
    • ろここ
    • 2017/03/30 6:17 AM
    あっ!しまった!
    お風呂はサッサと投稿しよう(゜゜;)
    • 誉茂子
    • 2017/03/30 3:38 PM
    登美子 京都府 女性 74才

    向日葵のゴッホの絵画鏡中に
    シリンダー錠のかちやりと開けて春霰
    空瓶の窓の飾りや鳥の恋
    冬薔薇母の葉書を読む框
    壺割れて蘆火色なりその破片
    淀大根ごろと頂く戸口かな
    魔鏡ごと訪問者見る万愚節
    黄昏を来て靴ベラ笑ふ文化の日
    眼福や紫檀の廊は雪囲ふ
    箔打の下駄箱飾る明り障子
    何処まで外どこから内や黒牡丹
    春の雨玄関に見ゆ転居の荷

    遅くなりまして、すみませんでした。
    • 登美子
    • 2017/03/31 10:16 AM

    ほとほとと戸をたたき来る花の闇

    スミマセン
    もう締め切ってますね……

    京田京子 49歳 女 神奈川県
    • 京田京子
    • 2017/03/31 9:53 PM
    靴の中猫の遊んだ木の実独楽
    • 丸山 志保 長野県 女性 47歳
    • 2018/11/21 6:44 PM
    丸山 志保さま、ご投句いただきましたが、このスレッドは「おウチで俳句」発行のための募集用でしたので、締め切っています。申し訳ありません。書籍でお楽しみください。
    • 兼光
    • 2018/11/22 7:31 AM
    コメントする








       

    ★当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    俳句新聞いつき組
    ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちらへ!

    【夏井いつき最新刊】

    第3弾の夏は
    「時鳥(ほととぎす)」!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「時鳥」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    【夏井いつき近著】

    第2弾の春は、まるごと桜!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「花」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    季語と名句を毎日鑑賞!
    待望の2018年版登場!

    2018年版
    夏井いつきの
    365日季語手帖


    「プレバト!!」俳句コーナー
    番組公式本 第2弾!

    2択で学ぶ赤ペン俳句教室
    (発行:ヨシモトブックス)

    1日の終わりに
    愉快な俳句と小さな気づきを。

    寝る前に読む一句、二句。
    (発行:ワニブックス)

    一冊丸ごと雪づくし!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「雪」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    だれでもカンタンに
    「才能アリ!」な俳句が作れる!

    夏井いつきの
    超カンタン!俳句塾

    (発行:世界文化社)

    「才能アリ!」な季節の挨拶
    季語を使ったお便り実用書

    夏井いつきの
    美しき、季節と日本語

    (発行:ワニブックス)

    夏井いつき第一句集復刊!
    新装版となって登場

    句集 伊月集 龍
    夏井いつき
    (発行:朝日出版社)


    超辛口先生の赤ペン俳句教室
    夏井いつき
    (発行:朝日出版社)


    俳優 勝村政信×俳人 夏井いつき
    付句のある往復Eメール書簡集



    句集シングル 龍尾



    句集シングル 蝶語

    links

    日本俳句教育研究会
    俳句甲子園
    俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
    四国 おひるのクローバー
    朧庵

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM