俳句ネットワーク 兼題「薄暑」

0
    ※タイトルコールおよび前説

    アナ 俳句集団「いつき組」組長夏井いつきさんです。夏井さん、おはようございます!
    夏井 おはようございます。
    アナ 夏井さんはこの度、俳都松山大使に任命されました。意気込みの一句をお願いします。
    夏井 ハイ、大使を拝命した名刺に書いてある一句。「風薫る俳句の種を蒔く仕事」(笑)
    アナ 全国に俳句の種を蒔いて、ますますご活躍下さい。

    アナ 今朝ご紹介する季語は「薄暑」です。夏井さん、これはどういう季語なんでしょうか?
    夏井 初夏の、少し暑さを感じる気候をいいます。一年中でいちばん気候のよい時でもありますね。服装もだんだん軽いものになってきて、日中は少し汗ばむほどになる頃です。時候の季語ではありますが、5月の光の要素も含んでいるようなところもあります。「薄暑」の「光」と書いて「薄暑光」という使い方をすることもありますが、そうなると「光」へと焦点がシフトしていきますね。その辺の違いも今日ご紹介する句を例に解説いたしましょう。

    アナ 「薄暑」を詠んだ句には、どんなものがありますか。
    夏井 はい、まずは、しっとりとしたこんな一句はいかがでしょう。

    薄暑来ぬ人美しく装へば 星野立子

    夏井 「薄暑来(き)ぬ」は「薄暑が来ました」という意味です。人が美しく装ったから薄暑が来ました、って薄暑が来るのがそんな原因なはずはないんですが(笑)、この詩的な屈折によって薄暑という季語が美しく描かれています。人を美しく装わせる、そんな力を持った薄暑の時期が来たよ。「装へば」と下五で切れない形にすることで、読み終わったあと、再び「薄暑」という季語へと戻っていく。その構造も一句の魅力の源泉になっています。

    アナ それでは、俳句集団いつき組の皆さんが詠んだ俳句を紹介してください。
    夏井 今回も私のブログで「薄暑」の句を募集しました。たくさんの投句ありがとうございました。今日は集まった166句の中から三句をご紹介いたします。

    アナ では一句目をお願いします。
    夏井 こんな迫力ある一句から。

    新車千台積まれ薄暑の巨船発つ ふづき

    夏井 勢いというか、重みのある句ですね。重量感があります。「新車千台」と物質的な重さを上五に字余りさせて、中七下五でリズムを取り戻していきました。同じ方の投句で「新車千台載せて薄暑の巨船発つ」っていう別バージョンもあったんですが、「積まれ」にするか「載せて」にするか、動詞の選択によって一句のニュアンスは変わってきます。
    アナ どう違うんでしょう?
    夏井 「積まれ」だと自動車に焦点がいくんだけど、「載せて」にすると船の方に焦点がいきます。「新車千台」の迫力を活かすには「積まれ」の方が効果的かと思いますね。千台もの新車を積んで悠々と薄暑の海へと動き始める巨船。「薄暑」という季語をこういう重量感をもって描くという発想に惹かれる一句です。


    アナ では二句目をお願いします。
    夏井 薄暑の光、「薄暑光」として詠んだ一句です。

    薄暑光運河の水の几帳面

    アナ 「薄暑光」という使い方をすると「薄暑」とどう違うんでしょうか?
    夏井 「薄暑」自体は時候の季語でありますから、「薄暑光」とした場合、当然その時候の「光」であることが明確になりますね。眩しさや熱気といったもの、そして薄暑の光の中に浮かび上がってくる物の姿が鮮明になってきます。作者は薄暑の中にいて、運河を見ている。その水の姿が几帳面である、っていう把握が面白いですね。その把握の面白さを納得させるだけの映像化を果たしてるのが「薄暑光」という季語です。海のように荒ぶるでもなく、ひたひたと流れる運河を照らす光も薄暑という時候の一側面といえるでしょう。

    アナ 最後の一句をお願いします。
    夏井 ちょっと不思議な句です。

    鳥生まれ来るは薄暑の窪みから 鞠月

    アナ 薄暑の窪みって、どういう意味ですか?
    夏井 いろんな解釈のできると思いますが、私は「薄暑のひかりの窪みから、鳥たちは生まれてくるのだよ」というふうに読みました。春の季語で「抱卵期」という言葉があります。鳥たちが巣を作り、あたため、子鳥が生まれてくるという意味の季語です。春の抱卵期がおわり、初夏になると鳥たちがふえているのに気付く。あの「鳥」たちは「薄暑」の「窪み」の中から生まれてくるのだよ、という美しい詩的断定です。
    アナ 「薄暑」の光のあたらない鳥の巣が「窪み」という意味にもとれますね。
    夏井 あなた、読みが素晴らしいじゃないですか!
    アナ いえいえ、恐縮です(笑)。

    アナ 夏井さん、「いつき組」の皆さん、今日はありがとうございました。

    ※御礼選は追ってアップいたします。皆さんご投句ありがとう!
     

    コメント
    コメントする








       

    ★当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    俳句新聞いつき組
    ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちらへ!

    【夏井いつき最新刊】

    第3弾の夏は
    「時鳥(ほととぎす)」!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「時鳥」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    【夏井いつき近著】

    第2弾の春は、まるごと桜!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「花」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    季語と名句を毎日鑑賞!
    待望の2018年版登場!

    2018年版
    夏井いつきの
    365日季語手帖


    「プレバト!!」俳句コーナー
    番組公式本 第2弾!

    2択で学ぶ赤ペン俳句教室
    (発行:ヨシモトブックス)

    1日の終わりに
    愉快な俳句と小さな気づきを。

    寝る前に読む一句、二句。
    (発行:ワニブックス)

    一冊丸ごと雪づくし!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「雪」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    だれでもカンタンに
    「才能アリ!」な俳句が作れる!

    夏井いつきの
    超カンタン!俳句塾

    (発行:世界文化社)

    「才能アリ!」な季節の挨拶
    季語を使ったお便り実用書

    夏井いつきの
    美しき、季節と日本語

    (発行:ワニブックス)

    夏井いつき第一句集復刊!
    新装版となって登場

    句集 伊月集 龍
    夏井いつき
    (発行:朝日出版社)


    超辛口先生の赤ペン俳句教室
    夏井いつき
    (発行:朝日出版社)


    俳優 勝村政信×俳人 夏井いつき
    付句のある往復Eメール書簡集



    句集シングル 龍尾



    句集シングル 蝶語

    links

    日本俳句教育研究会
    俳句甲子園
    俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
    四国 おひるのクローバー
    朧庵

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM