京都の桜

0
    こちらは、福岡の理酔くん経由〜広島の睡花ちゃんからの写メール。優雅に京都旅行に行ってるらしいぞ、睡花ちゃ〜ん。こちらは哲学の道の桜。
     
    なんか桜の色が京都っぽい上品さ。

    皆さん、今年の「花百句」の進み具合はいかがですか? 桜の花が咲き始めてから散るまでに一人が百句作ってみましょうというのが、「花百句」の修行。ワタクシの師・黒田杏子と出会ってからこの方、毎年続けている「花百句」です。今年の花との出会いを一句一句刻んでまいります。

    そんな花の頃に届いた吉報!黒田杏子先生の句集『日光月光』が、蛇笏賞を受賞したとの知らせが届きました。ももこセンセー、おめでとうございます!

    コメント
    組長、訂正です。

    これはインクラインでした<(_ _)>

    京都は花真っ盛りで人も多かったですが外国の方をあまり見かけてませんでした。震災の影響でしょうね。

    花百句!!頑張ってみます。
    • 睡花
    • 2011/04/09 12:04 AM
    あ、そうですか。大学時代には京都に住んでたのに、すんません、なんも分かってなくて〜(苦笑)。

    「花百句」一緒にやりましょう!花を愛しむ心が毎年毎年深くなってまいりますよ。
    • 組長
    • 2011/04/09 9:40 AM
    組長おはようございます(●^o^●)
    このブログを読んだときは『ムリムリ(^_^;)』と思っておりましたが、今年は桜100句にチャレンジしてみます&#8252;
    チーム天地夢遥のあ〜すけさん、めぐるさん、葉音さんたちがぶち頑張っているのを見続けていたら、『なにかやりとおしてみたいな&#8252;』と思いました。
    チームメイトありがたいです( ;∀;)
    コメントする








       

    ★当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    俳句新聞いつき組
    ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちらへ!

    【夏井いつき最新刊】

    「プレバト!!」俳句コーナー
    番組公式本 第2弾!

    2択で学ぶ赤ペン俳句教室
    (発行:ヨシモトブックス)

    1日の終わりに
    愉快な俳句と小さな気づきを。

    寝る前に読む一句、二句。
    (発行:ワニブックス)

    一冊丸ごと雪づくし!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「雪」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    【夏井いつき近著】

    links

    日本俳句教育研究会
    俳句甲子園
    俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
    四国 おひるのクローバー
    朧庵

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM