座右の銘は「清貧」

0
    中将湯試してみました。ワタクシ的には、許容範囲の不味さでした。なんか付き合っていけそうです。一袋を朝振りだして飲み、その袋をまた夕方振りだして飲み、さらに就寝前にその袋を煮出して煎じて飲む・・・ということなので、これは実現可能な飲み方だなあと思ってます。そして「一袋を三回使う」という使用方法の、倹約な気分がとても気に入りました。

    ちなみにワタクシの最近の座右の銘は「清貧」です〜(笑)

    そして、命の母A+中将湯の力を借りて、
    いよいよ例の経済紙との会見が明日午後に迫ってきました。とにかく先方の事情をお聞きしてみるしかなく、会見の内容・結果その他また報告します。 


    コメント
    清貧洗うが如しって、あつ赤貧かあ
    • ねこ
    • 2010/02/11 7:53 PM
    明日がんばってください・・・
    • kenken
    • 2010/02/11 8:30 PM
    本当なら明日、完全装備で加勢に行きたいところですが…
    どうか負けないで下さい!
    • 灰色狼
    • 2010/02/11 8:45 PM
    お袋とお婆が飲んでいた、越中富山は【実母散】だったと思う。お袋は、血の薬と言っていた。その中の成分、川骨採りで河童はノート代を稼いだ。河童も飲まされたが拷問である。ほんまに血の薬である。組長、男はどうでもいいけど女は子どもより先にくたばったらあかんで。からだが一番。この組は組長をこき使う組なんだなあ・・・言い過ぎたかなごめんなさい。
    • 藻川亭河童
    • 2010/02/11 9:29 PM
    河童ちゃん。こき使うのではなくて「誰にも組長を止められない」んですよ。
    このへんで、少々ペースダウンして、ゆっくりしていただきたいですね。
    • とりとり
    • 2010/02/11 9:54 PM
    いつきさん、大変お疲れさまです。


    明日の会見、ごく個人的には、件の経済誌のいう俳句の本旨とは何か、伺ってみたく思います。江戸時代につくられた全国俳人番付(たしか小林一茶も載っていたような)の写しを、庚申庵にて見たことがあります。それも俳句の本旨を歪める行為と言えるのか、そうした一種の遊び、ゲームの要素が含まれた行為と、俳句甲子園との間に決定的な違いがあるのか、あるとすればどこに?

    俳句の本質は勝ち負けではありませんし、感性を磨くことが大切、なのは、件の経済誌が仰る通りと思いますけれど、では、俳句甲子園がそうした考え方に真っ向から反しているとされる根拠は、一体どこにあるのかな…。

    • 2010/02/12 12:15 AM
    あ、ひとつ前の書き込みは私でした。ごめんなさい。
    • 灯馬
    • 2010/02/12 12:17 AM
    今日やっと件の記事をじっくり読ませていただきました。

    稲畑汀子さんのコメントとされる部分に「(俳句甲子園は)きっかけ」って書いてありましたね。
    その「きっかけ」が俳句という文化が途絶えず、後世へ受け継がれていくのに重要であること。
    そしてその「きっかけ」がまた、高校生が様々な経験をして人間的により豊かな人生を歩む「きっかけ」の一つに十分になり得ること。

    以上の点を考えて、やはり「俳句甲子園」は有意義だと私は思います。

    (以上メールで送ります)

    明日はその記者の方がより俳句甲子園というものを理解してくださることを切に祈ります。
    • かるみん
    • 2010/02/12 1:52 AM
    漢方良いですよね♪
    でも、味が苦手でさくっと水で飲んで、そのあとお白湯をゆっくり飲んでいます。
    昔、漢方薬局の薬剤師をしている友だちのお父さんに薬を合わせてもらったら超効きました。証にあった漢方に出合えたらすごい効き目だし、止め時も何となくわかるんですよね。
    一度、腕の良い漢方薬局の薬剤師さんに薬を合わせてもらうと面白いかもしれませんね♪
    漢方俳句とか出来そう(笑)

    そして、今日頑張ってください!
    • 2010/02/12 5:43 AM
    組長、無理しないでくださいね、今日は気が重いかもしれませんが、むこうの挑発的な態度に乗らないでください、人は合わせ鏡のようなものです、嫌いだと思ったら相手も同じです、なかなか難しいかもしれませんが、相手が何を言いたいのか、第三者的立場で聞いてください、みんな組長を応援してます。
    • 野市アンパンマン
    • 2010/02/12 9:13 AM
    夏井さんの俳句活動のすべてではないだろうが、かなりの部分を「プロの俳人」としての活動が占めていると思う。夏井さんは、誰に強制されたわけでもなく、誇りと自覚を持って、その道を選び、歩んでおられるはず。
    「組員にこき使われている」なんて認識は、逆に夏井さんに失礼だと思いますよ。
    • 河童さんへ
    • 2010/02/12 2:43 PM
    河童さんのコメントの優しい成分は十分に読み取れました。
    組長、これしか言えませんが、どうかお大事にm(__)m
    • チィープ
    • 2010/02/12 6:57 PM
    「組員にこき使われている」と言われて一番に喜び自慢するのは組長でしょうね。
    でも、組長〜。ご自愛ご自愛。
    河童様、いつかお逢いしませう。
    • 理酔
    • 2010/02/12 7:54 PM
    河童ちゅあんはええおっちゃんです。
    河童ちゅあんに電話しておいおい泣いたことが
    ありますもん。
    あしたの落語会よろしく〜〜!
    • ねこ
    • 2010/02/12 8:32 PM
    シクラメン落語は目黒にかぎる
    (久々にニジりました)
    • mero
    • 2010/02/12 9:47 PM
    今日の会見のこと、ぶんぶく句会で少しだけ社長からお聞きしました。お疲れ様でした……

    それはそれとして、当分はなるべく体を休めて、また美味しいお酒が飲めるようになってください。
    • sumako
    • 2010/02/12 11:30 PM
    人に議を言うなら名乗って欲しい。

    夏井さんの俳句活動のすべてではないだろうが、かなりの部分を「プロの俳人」としての活動が占めていると思う。夏井さんは、誰に強制されたわけでもなく、誇りと自覚を持って、その道を選び、歩んでおられるはず。
    「組員にこき使われている」なんて認識は、逆に夏井さんに失礼だと思いますよ。
    | 河童さんへ | 2010/02/12 2:43 PM |

    ご迷惑をおかけしました。
    すみませんでした。

    かかるBLOGなら退場致します。

    長い間お世話になりました。
    退会の手続き致します。

    母の歳超えたる朝の新茶かな  藻川亭河童
    なあんで河童様がやめるの退会するのって話になるわけ?河童樣が何か組長に対してに失礼な事した?いつき組ってそんな不自由な組織?もしそうなら私の指なんてとおの昔に牛乳八本にヤクルト二本しか買えない程組長に無礼やってるけどね、笑って許してもらってるよ。
    • なんなん
    • 2010/02/14 2:25 AM
    河童さん、退会しないでください。
    少なくとも、俳缶で河童さんを知っているいつき組組員ならば、迷惑だなんて思ってないと思います。
    少なくとも私は河童さんのあの文章を読んで、ぷっと吹き出してしまったし、河童さんなりの組長への優しさが滲み出ていると思いました。
    たった一人にそういわれた退会なんて、河童さんらしくないです。
    組長は組長だけに懐も広くて許すも何も、多分読んで
    がはははは〜♪

    って笑ったと思うんですけどね(笑)
    • 睡涼
    • 2010/02/14 2:34 AM
    あ〜れ〜

    河童ちゃんはいつき組をやめません(きっぱり)。
    他に行くとこないし。

    可愛いおっちゃんやでしかし(はぁと)。
    出入り自由だから大丈夫です。
    いつでもいいから戻ってきてな、河童さん。
    • 南骨
    • 2010/02/14 11:43 AM
    ここを読まれるかどうか、分かりませんが。

    タイトル欄が無かったので、前回、name欄へ「河童さんへ」と記載いたしました。今回は「イチロー」と名乗らせていただきますが、もちろん本名ではありません。ネット上では記号にすぎないものだと私は考えています。

    もちろん書き込み・交流する方々が互いにある程度知り合っていて、サークル的なノリの掲示板やブログも多数あります。
    しかし、基本的にネットは(ミクシィなどの場を除けば)無名性・匿名性の世界だと思います。その是非はともかく、それが現実ではないでしょうか。
    これはあくまでも私見です。
    反論・異論はありましょうし、河童さんは私とは認識を異にされているのでしょう。
    その点において、不快な気持ちにさせてしまったことは謝罪いたします。申し訳ありませんでした。

    が、私のコメントに怒ることとブログそのものを否定することは、まったく別次元の問題です。
    その伝でいけば、世の中のほとんどのブログや掲示板を否定することになってしまいます。私のコメントが許せないから退会という発想が、私にはどうしても分かりません。

    ただ、この件に関して、これ以上書き込むのはブログ主にご迷惑でしょう。以後、私は沈黙いたします。
    あとは、河童さんが冷静に判断してくださることを願うのみです。

    • 再び河童さんへ(イチロー)
    • 2010/02/14 7:17 PM
    河童さん、ボクが立場上、言いにくいことなど、言っていただいてありがとう。感謝しとります。
    近縁の回数の記録と同じように、いつき組の退会と入会の記録を作るかもしれませんねえ。
    何回でも、入会してくださいよ。また、ボクの個人アドレスにメールください。
    • 兼光
    • 2010/02/14 7:20 PM
    あれ・・「禁煙」のつもりが、「近縁」に・・・
    まあ、当たらずとも遠からずかなあ。
    • 兼光
    • 2010/02/14 7:38 PM
    『待ってましたぁ!いつき組の時の氏神・い組の頭!兼光樣ぁぁぁっ!』と家内と二人で思わず電話にひれ伏してしまいました。   いつき組宗教部ではお籠もりの行に入ってしまわれた河童樣の心のケアを鋭意考え中です。なんなん個人としては組長・社長・リンダの三嬢による『セーラー服天の岩戸ダンス』あたりが最適かと思いますが…  お戻りになられるまで毎日河童樣のご自宅前にて、うちの小僧の龍笛にあわせて賑やかに。組員こぞって行くだろうしね。
    • なんなん
    • 2010/02/15 12:02 AM
    コメントする








       

    ★当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    俳句新聞いつき組
    ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちらへ!

    【夏井いつき最新刊】

    第3弾の夏は
    「時鳥(ほととぎす)」!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「時鳥」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    【夏井いつき近著】

    第2弾の春は、まるごと桜!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「花」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    季語と名句を毎日鑑賞!
    待望の2018年版登場!

    2018年版
    夏井いつきの
    365日季語手帖


    「プレバト!!」俳句コーナー
    番組公式本 第2弾!

    2択で学ぶ赤ペン俳句教室
    (発行:ヨシモトブックス)

    1日の終わりに
    愉快な俳句と小さな気づきを。

    寝る前に読む一句、二句。
    (発行:ワニブックス)

    一冊丸ごと雪づくし!
    ビジュアルで発想を鍛えて
    季語に強くなる

    夏井いつきの
    「雪」の歳時記

    (発行:世界文化社)

    だれでもカンタンに
    「才能アリ!」な俳句が作れる!

    夏井いつきの
    超カンタン!俳句塾

    (発行:世界文化社)

    「才能アリ!」な季節の挨拶
    季語を使ったお便り実用書

    夏井いつきの
    美しき、季節と日本語

    (発行:ワニブックス)

    夏井いつき第一句集復刊!
    新装版となって登場

    句集 伊月集 龍
    夏井いつき
    (発行:朝日出版社)


    超辛口先生の赤ペン俳句教室
    夏井いつき
    (発行:朝日出版社)


    俳優 勝村政信×俳人 夏井いつき
    付句のある往復Eメール書簡集



    句集シングル 龍尾



    句集シングル 蝶語

    links

    日本俳句教育研究会
    俳句甲子園
    俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
    四国 おひるのクローバー
    朧庵

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM