【耐久ラブワゴン】席題11…「匂いを感じる俳句」

0

    席題11…「匂いを感じる俳句」

    そろそろお昼ご飯の匂いが漂ってくる時間。

    匂いにもいろいろありますね。
    17音で、匂いを感じる状況を詠んでください。


    投句締切は11:40です。

    締切の時間になりましたら
    「投句を締め切りました」というコメントを
    マルコボ.コム側で書き込みます。
    それまでに書き込みを済ませてください。


    ★ライブカメラ中継★
    http://www.marukobo.com/live2010ny.html
    定期的に切り替わる静止画で会場の様子をお届け!

    マルコボ通信でも会場の様子をお届け中!

    コメント
    大鍋の骨まで滾る根榾かな
    • 藻川亭河童
    • 2010/01/02 11:22 AM
    冬麗の本日マヨネーズコーンパン
    • あねご
    • 2010/01/02 11:23 AM
    羽子板の女の胸の高さかな
    • 藻川亭河童
    • 2010/01/02 11:24 AM
     ふる里の匂いほのかに薺粥
    • マスタロウ
    • 2010/01/02 11:25 AM
    寝正月いつもの匂い上がり来る
    • シオマネキ
    • 2010/01/02 11:25 AM
    焚き火からそろそろ芋を出してみる
    • とりとり
    • 2010/01/02 11:26 AM
    お汁粉ふつふつ平塚第二中継所
    • 灰色狼
    • 2010/01/02 11:26 AM
    注連飾行列長き饂飩店

    去年今年親子二代のカレー鍋
    • 2010/01/02 11:27 AM
    初売りの画材屋の隅色選ぶ
    • プチマダム
    • 2010/01/02 11:27 AM
    五袋の濡れ煎買いし初詣
    • 雪花
    • 2010/01/02 11:28 AM

    お正月整髪料のうすみどり

    腑分けして指で確かむ猪の脂

    包丁の元で削りし柚子の凸
    • 木琴
    • 2010/01/02 11:28 AM
    雪催ひ志功の裸婦の乳垂るる
    • ぽち
    • 2010/01/02 11:28 AM
    松山の俳句仲間の年賀状
    • 小木さん
    • 2010/01/02 11:29 AM
    鰤大根明き窓なり割烹着
    • しんじゅ
    • 2010/01/02 11:29 AM
    初風や隣に座る日本髪

    囲炉裏からこげる匂いと母の声
    • ぼたん
    • 2010/01/02 11:29 AM
    出汁ひいておでんの幕が上がりゆく

    流感の子の匂いせりすり林檎

    雪の香を飛び散らかしてじょんば鳴る

    大根炊く匂い嫌いな男ゐて

    • 2010/01/02 11:30 AM
    バイク音止まり二日のピザ来たる

    • なぎさ
    • 2010/01/02 11:30 AM
    万物の匂ひを消して雪匂ふ
    • 牛鈴
    • 2010/01/02 11:31 AM
    ※※ お名前の入力をお忘れなく! ※※
    • マルコボ.コム
    • 2010/01/02 11:32 AM
    初刷の新聞父の病床へ
    紫を好む妻なり着衣始
    • 樫の木
    • 2010/01/02 11:32 AM
     ふるさとの母の匂いや姫始め
    • マスタロウ
    • 2010/01/02 11:33 AM
    ウオッカとブルーチーズと冬の花


    肉球の鼻を押したる炬燵かな


    お向かいはカレーを煮込む二日かな


    トイレ?に行ってきます。
    • 理酔
    • 2010/01/02 11:33 AM
    初詣少女に貰うしょうがの湯
    • 蓮睡
    • 2010/01/02 11:34 AM
    切口の淵の色めく夜の林檎

    水仙や猫の小耳に挟むもの
    • めろ
    • 2010/01/02 11:34 AM
    藁納豆ぱかりと割って四日かな
    屠蘇酒に呼び覚まされる脳の箇所
    柚子風呂に行ったきりなる三女かな
    古年の中華酒場の臭豆腐
    このわたをつるりと呑める料理長
    シャンプーの香りひとつに去年今年
    • スズキチ
    • 2010/01/02 11:34 AM
    皆様、明けましておめでとうございます。
    いま、買い出しから帰りました。


    風呂のふた開け放り込む柚子七つ

    ドリップコーヒーで始める御元日

    三日の昼カレーうどんのリクエスト
    • ポメロ親父
    • 2010/01/02 11:34 AM
    林檎噛る新雪のど真ん中

    ぱりぱりの雑巾蘇生する四日

    重箱に入る順番大晦日

    彼の人の残せし空気宝船

    飯粒の勝鬨あげて立ち上がる

    三が日ライオンヘアーまぜ返す
    • ももかん
    • 2010/01/02 11:34 AM
    寒凪を魚の眼玉の濁るかな
    溢したるインクのなかの冬の月
    • 西連寺ラグナ
    • 2010/01/02 11:34 AM
    参道の枯れ草から鳥帰る

    風邪癒えて笑む雪隠の初荷かな

    • 天式@すみません
    • 2010/01/02 11:34 AM
    鯛めしや初漁の夫戻り来る
    • 樫の木
    • 2010/01/02 11:34 AM
    大蒜やオリオンを抜きにして

    冬の空ぼちぼち焼ける芋一つ

    焼肉の側におはする冬いちご

    冬薔薇残り香の掟

    冬銀河しゃぶしゃぶしゃぶと肉

    丸焼きや寒鯉を平らげて

    新雪やタクシーの行過ぎて

    カトレアや象舎に届く便りあり

    セロリセロリ相方がいません

    福岡や大根の煮えきれぬまま

    口開けててっさを放り込む

    冬の雨フル回転のダクトかな

    焼牡蠣をはふはふしてる二人かな

    カレーライス一杯四百円雪

    水仙や闇を溶かしてみたりして
    • 金太郎
    • 2010/01/02 11:34 AM
    出汁ひいておでんの幕が上がりゆく

    流感の子の匂いせりすり林檎

    雪の香を飛び散らかしてじょんば鳴る

    大根炊く匂い嫌いな男ゐて



    名前書くの忘れちゃった(汗)
    • 2010/01/02 11:35 AM
    ★投句を締め切りました★
    • マルコボ.コム
    • 2010/01/02 11:35 AM
    気づいたらもう12時。時間の感覚がおかしなことになってます。
    気は焦るが、雑煮を作らねば・・・。
    ちょっと失礼して。
    • 久子
    • 2010/01/02 12:02 PM
    ◎ぱりぱりの雑巾蘇生する四日
    一番「匂う」句を選んだ。
    「蘇生」するという普段清しく使っている言葉が雑巾と出会ったおかしさ。四日の季語もいい距離感でついている。

    ○お汁粉ふつふつ平塚第二中継所
    マラソンとか駅伝大会での光景と思われる。見学の人達は寒い外でいただく、汁物は美味しさも倍増。ふつふつ(ぐつぐつでないのがいい)といったお汁粉の煮え具合にあま〜い匂いが漂ってくる。

    ○流感の子の匂ひせりすり林檎
    子供の頃の風邪ひいたときだけ母が作ってくれたすり林檎を思い出してしゅんとなる。
    この句は母の立場から。すり林檎の匂いにもいとおしさが溢れている。

    ○柚子風呂に行ったきりなる三女かな
    おーーーい、もどってこーーい。
    大丈夫でしょうか?三女。さぞや柚子の匂いの素肌になっていることでしょう。

    ○セロリセロリ相方がいません
    お気の毒さま。
    セロリの繰り返しがしんみり匂う。

    ※テーマが「匂いを感じる句」だったので選ばなかったのですが、そのくくりがなかったら特選に推したかった二句
    寒凪を魚の眼玉の濁るかな
    圧倒的な存在感。大景とズームアップを組み合わせて堂々たる句。

    溢したるインクのなかの冬の月
    インクはブルーだと思う。匂うというより色の美しさに惹かれた。シュールで不思議な静けさをたたえた句。

    (あぶないあぶない、もう少しで採るところだった)
    水仙や猫の小耳に挟むもの
    「猫の小耳に挟む」だってー。きゃーーー。可愛すぎる。
    でも水仙に必然性を感じなかったので。

    肉球の鼻を押したる炬燵かな
    「炬燵」でなかったらねー。

    ※傍で箱根駅伝やってます。見たいー。が、まったく目に、耳に入ってきません。





    • 久子
    • 2010/01/02 12:53 PM
    この耐久レースも今どこを走ってるのかわけわかんなくなっている私。
    ええっと、もう1時ってことは次の次の分まで投句終わってる?
    追い上げなくては!
    落ち着け落ち着け。
    • 久子
    • 2010/01/02 12:56 PM
    コメントする








       

    ★当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    俳句新聞いつき組
    ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちらへ!

    【夏井いつき最新刊】

    季語と名句を毎日鑑賞!
    夏井いつきによる
    俳句上達のポイント満載!

    2017年版
    夏井いつきの
    365日季語手帖


    【夏井いつき近著】

    links

    日本俳句教育研究会
    俳句甲子園
    俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
    えひめ おひるのたまご
    朧庵

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM