【耐久ラブワゴン】席題10…「十」

0

    席題10…「十」

    今年は2010年。そして10個目の席題。
    “プラス”じゃないですよー
    漢数字の「十」ですよー。

    “十”という漢字が入っていれば
    どのような使い方をしても構いません。


    投句締切は11:20です。

    締切の時間になりましたら
    「投句を締め切りました」というコメントを
    マルコボ.コム側で書き込みます。
    それまでに書き込みを済ませてください。

    席題11は、11:25発表です。


    ★ライブカメラ中継★
    http://www.marukobo.com/live2010ny.html
    定期的に切り替わる静止画で会場の様子をお届け!

    マルコボ通信でも会場の様子をお届け中!
     ただいま、職人がうどんを打ってますよ〜。
     うどんは無事完成するのか!?
     うどん職人に呼び出されては写真を撮りに行く、
     すっかり職人に翻弄されているマルコボ通信担当のまーくん。

    コメント
     十という切りよき数字初暦
    • マスタロウ
    • 2010/01/02 11:03 AM
    十分な年の数なる数の子よ
    • 2010/01/02 11:03 AM
    十円でお年玉やるひいばあちゃん
    • シオマネキ
    • 2010/01/02 11:05 AM
    十人十色宝舟のくれし夢

    冬帝の牛馬眠らす十勝かな



    • 木琴
    • 2010/01/02 11:06 AM
    ぷひー

    義母到着
    これから実家へ向かわねばならん

    どうにか参加しつづけたいものだ〜
    • 木琴
    • 2010/01/02 11:07 AM
    正月に集う二十歳の晴れ着かな

    今日は一足早い成人式のようです。長女も来年は着物を着てくれるのかしら?(着物を着たら水たまりで転ぶ名人ですが…)
    • 2010/01/02 11:07 AM
    冬ひなた十の講釈うどん捏ね
    • しゃげ
    • 2010/01/02 11:08 AM
    十枚の賀状で多い歳となる
    • シオマネキ
    • 2010/01/02 11:08 AM
    大寒の五つの十となりにけり
    • ぽち
    • 2010/01/02 11:08 AM
    正月も休みは無いぜ十手持ち


    初夢の十万マイルを飛び還る


    十日ほど旅して来るよ冬の猫


    焼いたフランスパンが欲しい。
    • 理酔
    • 2010/01/02 11:08 AM
     一羽二羽十羽の鴨を数えけり
    • マスタロウ
    • 2010/01/02 11:08 AM
    八十島を下に機窓の初景色
    • 藻川亭河童
    • 2010/01/02 11:09 AM
    十分に絞りきつたる柚子湯かな
    • そそる
    • 2010/01/02 11:09 AM
    あかぎれて十日程をんなになります
    • 2010/01/02 11:09 AM
    人日の十時十薬煎じけり
    • 灰色狼
    • 2010/01/02 11:09 AM
    千両万両俺十両
    • 小木さん
    • 2010/01/02 11:10 AM
    十一時過ぎの鍋焼うどんかな
    十台を連ね初荷の車かな
    • しゅん
    • 2010/01/02 11:10 AM
    十人の客にふるまう伊勢海老よ

    初空や十の島影急降下

    陶工の十指の泥や初電話



    • なぎさ
    • 2010/01/02 11:12 AM
    冬麗や十時にラジオ付ける癖
    • あねご
    • 2010/01/02 11:12 AM
    十悪のひとつ殺生除夜の鐘

    十薬の吾子の初湯に立ちこめり

    十戒のモーセの髯や風花す
    • 樫の木
    • 2010/01/02 11:12 AM
    初御空九十九里浜波荒し
    • とりとり
    • 2010/01/02 11:12 AM
    十年が瞬きとなり寒すばる
    • ぼたん
    • 2010/01/02 11:13 AM
    初雀数十羽来る一人の家
    • シオマネキ
    • 2010/01/02 11:13 AM
    十億倍時間かけたる冬銀河

    初髪の二十歳に見えるままでおく

    十五分毎に嫁が君騒ぐ

    女礼者きっちり徒歩十分で来る

    十分に髪の日を吸う初鏡

    しなしなと初湯の十に至る頃
    • 百夏
    • 2010/01/02 11:14 AM
    朝十時正月二日の忘れん坊

    記名せず投句してしまいました。
    • 2010/01/02 11:14 AM
    膝悪き母は六十初詣
    • 蓮睡
    • 2010/01/02 11:14 AM
    十五分毎の席題初句会
    二十日忌の引戸を開ける記念館
    仏壇と屠蘇を交せる二十歳かな
    • スズキチ
    • 2010/01/02 11:14 AM
    十戒や犬の眼の枯野かな
    • 西連寺ラグナ
    • 2010/01/02 11:14 AM
    十円でかなうお願い初日の出
    • ももかん
    • 2010/01/02 11:14 AM
    枯葎文字のごとくに塔の窓
    • 木琴
    • 2010/01/02 11:14 AM
    柚子十個頂き物を湯に浮かべ
    • プチマダム
    • 2010/01/02 11:14 AM
    人日の十全大補湯苦し
    • とりとり
    • 2010/01/02 11:15 AM
    ★投句を締め切りました★
    • マルコボ.コム
    • 2010/01/02 11:15 AM
    十分で全てを洗ふ初湯かな

    二日目にして十分過ぎる酒

    十戒や雪を説かす溶かす
    • 金太郎
    • 2010/01/02 11:16 AM
    駅伝の十位中大淑気かな
    • 雪花
    • 2010/01/02 11:16 AM

    ◎陶工の十指の泥や初電話 なぎさ
     陶工の指に柔らかくついた泥、既に固まりかけている泥。
    作品を生み出し続け、作品と向き合い続けている陶工の
    指がクローズアップされる。人生を思う。
     初電話はどんな要件だろうか。新年の挨拶だろうが、受話
    器を汚さぬように、さっと指を拭ったかもしれず、そのシー
    ンまで見えてくるようだ。
     砥部焼は今日初売りだろうか。

    ○十戒や犬の眼の枯野かな 西連寺ラグナ
     「かな」が気になるが、この句のもつ色合いや世界は
    とても魅力的だ。十の教えと、野犬が己の目の中にもつ
    枯野と。
     この犬の目に映る枯野はいつか我々も行きつく枯野なの
    かも知れない。

    ○冬ひなた十の講釈うどん捏ね しゃげ
     職人第二弾。今日ならではの挨拶句。
     こういう講釈なら冬日向で聞いていたい。

    ○十分に絞りきつたる柚子湯かな そそる
     十というお題で即座に作られているのに、しっかりと
    決まっている。下五の着地で、柚子の香りが届いてきた。

    ○一羽二羽十羽の鴨を数えけり マスタロウ
     数え方がおもしろい。だんだんと増えてくる鴨を想像した。

    ☆締め切り後ですが、「十戒や雪を説かす溶かす 金太郎」も
    おもしろかった。

    ☆   ☆   ☆

    おうちのことや親戚づきあいや、二日酔いの克服や…
    いろんなことがあるのに(そしてコメント欄から垣間見えるのに)
    皆さんすごいです。
    私は久子さんの選の時に投句しよう〜☆なんて思っていましたが
    選に必死でいまだできていません…。とほほ。
    辞書と歳時記と珈琲とメモ帳とパソコンとスケジュールを
    テーブルに置いて参加中です!

    しかしながら、二時のゴールまで、既に復路。
    ファイターな皆さんと、私も燃えるゴールを切りたいです!
    オー!
    • 十亀わら
    • 2010/01/02 12:07 PM
    わらちゃんこんにちはー。
    お雑煮食べながら遊びに来ました。
    私も!!わらちゃんのときに投句する予定だったのですが、とてもじゃない。
    すごいスビートで時間が過ぎていきます。
    いつの間に往路?
    がんばりましょー!
    • 久子
    • 2010/01/02 12:18 PM
    コメントする








       

    ★当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    俳句新聞いつき組
    ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちら!

    【夏井いつき最新刊】

    季語と名句を毎日鑑賞!
    夏井いつきによる
    俳句上達のポイント満載!

    2017年版
    夏井いつきの
    365日季語手帖


    【夏井いつき近著】

    links

    日本俳句教育研究会
    俳句甲子園
    俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
    えひめ おひるのたまご
    朧庵

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM