200羽の鷹の渡り

0

    もうこんな季節なんですね。

    以下、いつき組野鳥倶楽部の部長鯛飯さんからのメールです♪

     

    組長、お疲れさまです。
    今年の鷹の渡りに、やっと立ち会うことが出来ました。
    定点観測にしている西条市内の小高い山は、今日も雲が低く垂れ込めていました。
    1時間ほど待ってあきらめかけた頃、雲が少なく青空も見えだした市街地の11号線上空にサシバが現れました。
    東の新居浜方向から続々と現れるタカは、45分間で200羽以上。
    親の敵のようにシャッターを押しまくるし、数と種類を確認するわで仕事より忙しかったです。
    9割以上がサシバでハチクマが少々。刺激を受けたのか近所のハヤブサも出張ってきました。
    頭上を通り越したタカは、西側の加茂川上空で最大で70羽の鷹柱を作りました。
    彼らの旅は、インドネシア辺りまでまだまだ続きます。
    初めて鷹の渡りを観察したとき、自然のダイナミズムの中に取り込まれたような感覚を覚えましたが、
    30年たってもそれは変わらず新鮮です。
    今年は毎週の俳句イベントが重なりましたが、来年は「観察会」を実現したいものです。
    上手く撮れなかったけど証拠写真を添付します。
    最後になりましたが、お身体お大事に。
    鯛飯

    八幡浜市日土より 茸レポート

    0

      まとむさんが俳句にしていた「コガネキヌカラカサタケ」に続いて、

      同じ「さえずり句会」のメンバー瑞木さんから、茸レポート。

      ううーむ・・・こ、これは・・・

       

      組長、瑞木です。
      土間に立て掛けていた木からキノコが生えました。
      名前は不明ですが、どう見てもまとむさんのコガネキヌカラカサタケにはかなわないな。
      ちょっと腹黒な感じのするキノコです。

       

      瑞木さん、

      こりゃ、かなり腹黒ですな、ははは!

      が、なんともはや、俳人魂を揺する色と形。むふふふ。。。


      我がふるさと 愛南町塩子島の夕日

      0

        ワタクシの故郷愛南町で、子どもたちに「俳句の種まき」を続けてくれている同士、

        かのこさんからのメールです♪

         

        夏井先生、かのこです。
        夕陽のしおご島の写真を添付します♥
        ふるさとのこどもたちは、大先輩を慕って句作に励んでいます。「いつか夏井先生を追い抜いてやる」と、頼もしいことを言う子もいます。私も、その日を楽しみに、こどもたちの俳句をこつこつとストックしています。
        兵頭重徳さんから、読売新聞の記事が届きました。
        夏井先生にも転送してほしいとのことです。
        記者が山口優夢君ということに俳縁を感じます。
        俳句は、いつもどこかでつながっています。
        うれしいです。 かのこ
        かのこさん、ありがとう!
        そうか、輝ちゃんは山梨の大学に進学したのですねえ。この記事を書いている山口優夢君は、「小鳥来る三億年の地層かな」で最優秀賞を受賞した開成高校OB。現在は新聞記者として山梨県で勤務しています。「俳句は、いつもどこかでつながっています。」そうだね、ほんとに有り難いね。
        この数日、みんなが心配して色々メールくれたり、書き込みしてくれたり。
        「あたたかい小石」を手渡してもらたような、嬉しさ。
        守られている実感。しみじみと感謝。

        八か月ぶりの大阪句会〜屋上の秋風はサイコー!

        0

          なかなか開催できないままでした大阪句会。

          午後から、ありったけの椅子を集めての句会。

          ひらりさんのビルの一室を貸していただけるようになって、会場探しの苦労もなくなり、感謝。

           

          句会は三十八人の参加。久しぶりの顔、顔、顔。愉快に過ごしました。

          大学生から七十代後半?まで、多彩な句が並び、若きライバルたちの作品に刺激されました。

           

          そして夕方からは、ビルの屋上でのバーベキュー!

          これは最初に集まったメンバー。

          バーベキュー食べるのに、こんな気合入れる集団って、何〜(笑)

           

          こっちは最後まで残っていたメンツ。

          賄い方をかって出てくれた皆さん、ありがとう!

          大いに語り、大いに飲み、笑い、良い時間をいただきました。

          仲間って、有り難い。ほんとにしみじみ有り難い。


          秋うららなる五百人

          0

            高校の同級生セイケ君が、奥さんと一緒に来てくれてた!

            教え子のヨシダユリコの消息を、彼女のおばさんたちが知らせてくれた!

            嬉しかった。慰められた。

            ありがとう。皆さん。

             


            志とは秋風の旗一本

            0

              それなりに頑張ってきたつもりですが、思いというのは十全に伝わるわけではないのだと。

              足りないのは、己自身の修行ですかね。

              今夜は神戸です。

               

              明日は、こちらでの句会ライブ。

              良い出会いがありますように♪


              俳句アルアル 「投句寸前の迷い」の巻

              0

                先日の句会でも「名月」「満月」の違いについて話が出ました。皆さん、先週の『プレバト!』を観て下さって、この二つの似て非なる季語について認識を深めて下さったようです。

                 

                先週のオンエアで、フジモンさんの句について「この句の場合は『名月』じゃなくて『満月』とすべき」と解説したところ、彼が微妙な口ごもり方をしてたんです。モニターの画面を見ながら、あれ?と思ったんですが、収録後「実は、最初は夏井先生が添削した通りの句を作っていたのに、考えているうちに迷いだして、結局あの形で俳句を提出してしまったんです〜」と、打ち明けてくれました。これは、まさに俳句アルアル! 投句寸前に迷って・・失敗という経験、誰にもありますよね〜(苦笑)。出演者の皆さんが、それだけ真剣に迷いながら俳句と格闘してくれていることが、やはり嬉しく。

                私も負けずに精進しなくては!と思います。

                木曜日夜7時から、今夜も是非お楽しみ下さい♪


                東京の曼珠沙華 八幡浜のコガネキヌカラカサタケ

                0

                  東京こまさんからの曼珠沙華の続報が届きました♪

                   

                  赤白咲きました!
                  遅刻覚悟で園内に行くあほなワタクシ…。

                  実はその後、ピンクの曼珠沙華発見。これは私も初めて見ました!
                  そりゃあ赤と白を混ぜれば…とはいえ。むむむ。
                  お役に立てれば幸いなり♪

                   

                  ありがとう、こまさん。

                  私たちは今日、東京から松山に戻ってきました。

                  台風一過の曇り空。風がすっかり秋のなりました。

                  そして、先日さえずり句会で話題になった茸の写真をまとむさんが送ってくれました。


                  組長、こんにちは。台風16号えらいことになってます。
                  こちらは風雨とも大したことなかったです。
                  これ以上被害が広がりませんように。

                  このところの秋霖でちょうどええ湿度になったんか、鈴虫の家がきのこ畑に〜。
                  この前観葉植物に生えたコガネキヌカラカサタケとはちょっと色が違います。
                  嬉しかったので組長にも見てもらいたいので送ります。
                  虫俳句のまとむさん、鈴虫も飼っとるんや〜
                  コガネキヌカラカサタケとは、俳人心をゆする名前ですなあ。
                  あ、明日は『プレバト!!』です。
                  誰が出演する週なんだろ? 最近の特待生さんたちは、真剣に勉強を始めてくれたので、嬉しいよ♪

                  新聞記事二つ

                  0

                    以前、大分の樫の木くんが「こんな記事を見つけました」とメールしてくれたものなんですが、ちょうどその頃、私のパソコンが勝手にウィンドウズ10にバージョンアップしてしまい、写真の扱いがわからないという初歩的な要因で紹介できなかったものです。やっと写真を回転させたり色合いを調整したりトリミングする方法がわかりました。ヤッホー!

                     

                    そして、もう一つは高知まほろば句会の三竜さんが切り抜きをくださいました。

                    キスマイ横尾くんの作品です。こんなふうに年代を超えて共感の輪が広がっていくこと、ほんとに嬉しい♪


                    またまた台風 またまた旅程変更

                    0

                      明日移動する予定でしたが、また台風です。

                      今日中に発って欲しいとの連絡で、ドタバタしてます。

                       

                      あ、昨日の記事の写真へのお詫びか?

                      石川焦点から写真が転送されてきたぞ。

                      ははは!

                       

                      明日は『プレバト!!』の収録&その他取材もろもろ。

                      では発ちます〜♪


                      | 1/353PAGES | >>

                      俳句新聞いつき組
                      ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちら!

                      【夏井いつき最新刊】

                      だれでもカンタンに
                      「才能アリ!」な俳句が作れる!

                      夏井いつきの
                      超カンタン!俳句塾

                      (発行:世界文化社)

                      【夏井いつき近著】

                      links

                      日本俳句教育研究会
                      俳句甲子園
                      俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
                      えひめ おひるのたまご
                      朧庵

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << September 2016 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM