俳句ソングス「密会」 そして「太一と申す」〜マユミーヌさん♪

0

     

    昨日の大忘年会のサプライズ・ゲストは、

    先日『サワコの朝』でご紹介した曲『密会』を歌って下さってるマユミーヌさん!開場大歓声!

    彼女の歌声に皆がうっとり〜♪ ほんとに血が綺麗になるのです、この声。

     

    この絵本は、作マユミーヌさん。そして、絵が畑野憲一さん。この日初めてのご披露となった新曲『太一と申す』の太一くんへどうぞ♪と、サインを入れて下さいました。

    二歳八か月のタイちゃん、まだ平仮名と片仮名しか読めませんが(一部、「俳句」「夏井いつき」などの漢字のカタマリは認識しているらしい〜笑)、この絵本喜びます!ありがとう、マユミーヌさん♪

     

    さらに兼光さんとのスリーショット。

    この人の声に参加者全員が魅了された夜でした。


    松山市公式俳句サイト『まつやま俳句ポスト365』〜今年も「オフ会」やるぞ!

    0

      以下、取り急ぎのご連絡です♪

       

      ★俳句ポスト365「オフ会」開催決定!★
       日時 2017年1月7日(土)18時30分〜20時30分
       場所 国際ホテル松山(http://www.kokusai-h.jp/)
       参加費 5000円
       問合・申込 マルコボ.コム(土・日・祭日は休み)
      089-906-0694またはinfo@marukobo.com
      (※件名を「俳句ポスト365オフ会について」としてお送り下さい。)
       一次〆切 12月25日(日)(お席の都合上お早めに!)
      *お食事(と飲める人はお酒も)メインの交流会です。翌日のまる裏俳句甲子園への士気を高めて参りましょう♪

      2016 大忘年会は今日♪

      0

        昨日記事に、福岡の理酔兄ちゃんが「松山着いた、眠い」と書き込んであるのを見て、あ!そっか今日は大忘年会や〜と(笑) なんでも今年は、句会ライブが30分ぐらいであとは飲んで歌うらしい?(笑)

         

        今日は原稿を書きまくり、ピシッと仕上げ、気持ちよく大忘年会に参加する!

         

        そんな朝の1枚・・・2枚は、先日の女性ばかりの句会ライブIN大阪♪

        帝国ホテルのお庭に面した会場一杯の女性たち。

        やりっぱなしの嫁を詠んだ句やら、当日12月1日は離婚記念日です!という句やら、

        女の人生は「俳句の種」だらけでした(笑)。


        空飛ぶ落語〜立川志の輔さん

        0

          松山に住む人間としては、全日空を利用することが多いのですが、新しい月になるとイヤホンで聴けるメニューが変わります。月が替わると真っ先にチェックするのが、落語チャンネルです。今月の「全日空寄席」は立川志の輔さん! いつもでしたら、二人の落語家さんの短い演目が聴けるのですが、今月は彼一人が同じ時間を使っての番組というのですから、ファンとしては胸が躍ります。

           

          創作落語「ディアファミリー」

          笑いました。静かな機内にて、声を出さないように笑うのって、どんなに大変か!

          横隔膜と喉の筋肉が疲労するぐらい、笑うのを我慢しました。

           

          帰りの飛行機でも、もう一度聴きたくてチャンネルを合わせる。

          二度目だから、笑いどころを注意しつつ、横隔膜を宥めつつ聴いていたのですが・・・ワタクシ、分かってしまいました。斜め前の、やはりヘッドフォンをしている男性が、私と同じところで肩を揺らせたり、変な息を吐いたりしてるのに気づきました。あ!同じもん聴いてる!と思ったけど、さすがに「チャンネル10聴いてますね?!」なんて話しかけるチャンスもなく、ただひたすら、かの御仁とワタクシは、同じ笑いどころで静かに横隔膜を震わせ続けておりました。これぞ、『全日空寄席』アルアル〜(笑)

           

          是非、皆さま、チャンスがあれば聴いて下さい。

          志の輔さん、最高です!

           


          雨の東京から大阪へ

          0

            これから大阪へ移動です。

            元気な女性たちの会にて句会ライブの予定。

            あ、今夜は『プレバト!』ありますね。人見直樹くん〜(笑)

            私の声は、この回から回復しているはずです♪


            次の本への打ち合わせ

            0

              取材&打ち合わせ、そして『NHK俳句』の収録。

              さらに新しい本のための議論。このところずっと続けているが、実に面白い。ふふふ。

              思わず、長い時間を過ごしていることに驚く。

              明日は、大阪へ。


              東京の石蕗の花

              0

                東京にて『プレバト!』収録です。

                寒くなってきましたが、ツワブキの花咲いてます。

                明日は、NHK俳句の収録です♪


                若い世代へ 俳句の種をまく仕事

                0

                  昨日、ニフレルでの「生きもの五七五」句会ライブの後、

                  某誌の企画にて高校生たちへの俳句の授業。

                  四人の高校生たちとの出会い、楽しく嬉しく。こんな少年少女が育っていることに安堵しつつ、感嘆いたします。

                   

                  そして今日昼、松山に戻り『夏休み句集を作ろうコンテスト2016』審査会へ。

                  十年目に入るコンテストですが、続けるということの意義を改めて実感いたしました。

                   

                  審査会後の食事会が終わって帰宅。

                  原稿一本仕上げてから寝ます。

                  明日は東京へ。


                  大阪 ニフレル〜「生きもの五七五」句会ライブ

                  0

                    生きものと触れあえるから「ニフレル」。この水族館(といいつつ、ホワイトタイガーとかもいるけど)の種名板(生き物の解説板)は五七五で書かれています。それを監修させていただいてるんですが、今回の句会ライブは種名板に載せる新しい「生きもの五七五」を競うものでした。1位になった人の五七五が、種名板として採用されるということね♪

                     

                    一班20人で三班、60人の定員。

                    当たらなかったという人、ごめんなさい。

                    また次回もやる!と小畑館長が言ってましたので、次の情報をキャッチして下さいね。

                     

                    小畑館長は、この間のNHK俳句のゲストにお招きした人物。

                    鮫の歯をもってきて、どれぐらい切れるか実演もしてくれました。

                     

                    その館長と伊藤獣医との3人でのトーク。

                    この後、館内の三ポイントをまわっての吟行という名の情報収集。

                    戻ってきてから、今回の種名板の対象となる生き物の名前が発表。

                    皆さん、楽しく頭をひねってくれました。

                     

                    参加者全員の多数決で決めた種名板の作者は、富山の露玉さん!

                    俳句とはちょっと違うコツを、あっという間に習得してしまうのが、さすがでした。

                     

                    参加者の皆さんとの記念写真。これは、賑やかなA班。

                    こちらはB班。惜しくも決勝で敗れた「2ミリ」の句のおねえさん、うつむいてます〜(笑)

                    C班です。小畑館長賞、伊藤獣医賞の2人はこの班から。

                    優勝した富山の露玉さん、そして館長賞&獣医賞の3人には、ミニカバに餌をやり、体を触らせてもらえるという賞品?!

                    私も一緒に、ラッキー♪

                    カバの体は柔らかくてヌルヌル。

                    「昆布みたい!」とは露玉さんの感想。撫でると、どんどん白くヌメヌメしてきます。

                    耳の下あたりには白い汗がしたたっていました。


                    和歌山県御坊市 平成28年度市民教養講座 句会ライブ

                    0

                      「和歌山県に来るのは初めてや!」と言ったら、冷静なマネージャーという名の夫が「先だって投宿した高野山は和歌山です」と言われた・・・。すんません、和歌山に来てました〜。

                       

                      会場には八百人?いやいや、もっと入ってたかもしれん?

                      この写真の向かって右側にいるのが、手話通訳の方。私のグダグダの話を丁寧に伝えてくださって、恐縮です。

                      今日のお客さんは、ゆっくりと乗ってきてくれました。

                      最前列(私から)左側で変なオーラを発していたハルオ君。この写真には写ってないな、ハルオ、ふふふ。

                      やはり面白い男でした。ふふふ。

                       

                      舞台裏はこんな感じ。

                      たくさんの皆さんに支えていただいての句会ライブなのです。

                      企画してくださった皆さんとの記念写真。

                      またお会いできますよう♪ありがとうございました。


                      | 1/360PAGES | >>

                      俳句新聞いつき組
                      ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちら!

                      【夏井いつき最新刊】

                      だれでもカンタンに
                      「才能アリ!」な俳句が作れる!

                      夏井いつきの
                      超カンタン!俳句塾

                      (発行:世界文化社)

                      【夏井いつき近著】

                      links

                      日本俳句教育研究会
                      俳句甲子園
                      俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
                      えひめ おひるのたまご
                      朧庵

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << December 2016 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM