「花の歳時記」〜例句募集〆切は20日!

0

    編集部に続々と投句ハガキが届いているようですが、「花の歳時記」例句募集〆切はいよいよ明日です。

    消印有効です。

     

    桜の句を募集しています。

    時々「チューリップ」とか「菜の花」とか「春の花」みたいな句が混じってますが、

    それは違います。

    俳句で「花」といえば「桜」です。

    投句ハガキには、前回の「雪の歳時記」の感想も書いて下さってる方もいらっしゃいます。

    一枚一枚読んで、嬉しくなります。

     

    ◆装丁も美しいですが、パラパラとめくった時、写真の美しさにますます惹かれました。俳句とのバランスも◎ 見やすいです。本全体の「手触り感(紙質)」も好きです。大人のための写真集。ひとつの季語に特化しているというのも面白いです。

     

    ◆本屋さんでぱっと目に入り、ほしかった本です。すぐに買いました。とても分かり易くて素晴らしいです。

     

    ◆ちょうどクリスマスや年末年始の贈り物の時期でしたので、俳句の種蒔きも兼ねて多くの人らに差し上げました。ローゼン千津さんのpart3まで一気に読め、美しい写真が多い割には手ごろな価格のステキな一冊だと思います。

     

    ◆季語や俳句を味わうとともに、科学の側からのアプローチにも十分紙幅がとられており、現代における歳時記のカタチのひとつを見たように思います。次巻を楽しみにしております。

     

    ◆写真が大変美しく、とっても心癒される一冊でした。小林一茶などと並び現代の俳人の作品が紹介されている新しいタイプの本で、とても勉強になりました。

     

    ◆美しい写真の数々に加え、専門的な知識に触れることで「雪」という季語の持つ様々な表情を楽しむことができました。まだまだ興味本位の素人ですが、創作意欲を刺激されています。続刊も楽しみにしております。

     

    「花の歳時記」の例句募集の〆切は明日!

    たくさんのご投句、お待ちしています♪


    長浜盆梅展〜今年も句会ライブやります!

    0

      まだ席が空いてるそうです。今年もご一緒いたしましょう♪

       

      【日     時】 2018年1月27日(土) 10:00〜/14:00〜

      ◆第1部(午前の部) 10:00〜 (当日受付:9:00〜)

      【料金】2,500円(盆梅パスポート付き)
      【会場】北ビワコホテルグラツィエ(長浜市港町4-17)
      【申込方法】 お電話・またはHPからお申込みください。(定員になり次第締切り)

       

      ◆第2部(午後の部) 14:00〜(当日受付:13:00〜)
      【料金】5,000円(ケーキバイキング・盆梅パスポート・お土産付き)
      【会場】北ビワコホテルグラツィエ(長浜市港町4-17)
      【申込方法】 お電話・またはHPからお申込みください。(定員になり次第締切り)

       

      【申込・問合】 長浜観光協会 TEL:0749-65-6521


      俳壇賞最終選考に仲間たちの名が!

      0

        「ふじみん」こと岡田一実さんからメールが届き、おおー! 

        『俳壇』二月号が届くのを待ちかねる。第三十二回俳壇賞決定発表という特集号。

         

        岡田一実は、審査員富士真奈美さんの◎3点

        強烈に推して下さってる。

        お、もうひとり、亜桜みかりさんの名もある。こちらは審査員鳥居真理子さんの△1点

        みんな頑張ってるなあ、嬉しいなあ!

         

        今は、ちと、時間との勝負をしてる最中なのが、

        夜にでもゆっくりと読もうと思う。ひとまず、健闘を讃えたい!

         

        これも小市さんの写真。冬空が奇麗。


        2018 各地の冬の便り〜今治・八幡浜

        0

          とんど焼きのニュースがもう一つ。三日月句会の会場となっている法華寺さんの境内です。

          みかりさんからの特派員レポートです♪

           

          今治からの冬便りをお届けします!
          一枚目はご存知法華寺の境内にて、今朝行われたとんどさんです。
          この後毎年如月さんの準備してくださるおぜんざいを三日月のメンバー有志?と一緒によばれるます。お上人さんである水邨さんも写っています(*^_^*)

          二枚目は国体のボート競技の行われた、玉川湖畔の公園です。
          小さな氷筍!わかりますか〜?
          みかり
          おおー!みかりさん、ありがとう。
          こんな具合に「氷筍」ってできるのか!納得!
          さらに、蜜柑どころでもある八幡浜日土の瑞木さんからも特派員レポートです♪
          組長、
          今朝の我が家の軒先です。私はさっきまで、これが「雪庇」やと思っていました。
          ふふふ、瑞木さん。
          正直にいうと、私も「雪の歳時記」を作る準備の途中で、初めて知ったのですよ。
          「雪庇(ゆきびさし)」ではなく「雪庇(せっぴ)」という読み方もね。
          なんぢゃそれは?!という方は、是非『夏井いつきの「雪の歳時記」』を参照して下さい。
          そして、皆さん!
          『夏井いつきの「花の歳時記」』投句〆切が迫ってきております。
          1月20日が〆切です。「花」の句、つまり「桜」の句を大募集しております。うっとりするような写真もすでに選定が終わっております。あとは、うっとりするような、ぞくぞくするような、哀しみがひたひたと溢れてくるような、げらげら笑ってしまうような、様々な桜の句をお待ちしておりますよ♪

          広場のどこにいてもいい

          0

            おんちゃんからの特派員レポートです。

             

            昨日、久し振りに外に出て、近所の本屋に行きました。お目当ては、別に有ったのですが、ふと思い立ち「み」の欄を眺めたら、ズバリ「ポラーノの広場」が目の前に! 恥ずかしながら、一読もした事がなく、図書館に行って訪ねてみようか、と思っていた矢先の事。早速、買い求め、真っ先に読みました。(天沢退二郎さん注解の新潮文庫です)   

            改めて、私は、広場の隅っこで、じっと座り込んで皆が楽しそうに集うのを眺めている、ちっぽけな自分を思い浮かべました。去年の末に「山梔子の実 白南天の実」のタイトルで写真と共に、ブログに取り上げて頂きましたが、それまで、かれこれ半年以上、俳句が作れないでいたのです。春から、ずっと、ただ季節が流れ通りすぎて行くだけでした。未だ、句らしい句は作れないでいるので、広場の隅っこで、木や花や空の色を眺めている、そんな心持ちです。句が作れない今、出来ることは、外に出て、これ!と思う写真をとる事です。長くなりましたが、写真を添付させて頂きます。私が通院するクリニックで撮影しました。「シダーローズ」松ぼっくりならぬ杉ぼっくり、ヒマラヤ杉の実 だそうですが、一見、ドライフラワーのようです。シダーローズ、もし組長が御存知でなければ、と、僭越ながらお届けさせて頂きました。この写真で、再び組長と繋がれますように。    おんちゃん。

             

            おんちゃん、お便りありがとう。

            「いつき組」という広場には、いろんな人たちが集まってきて、それぞれが自分の時間を自分の好きなように過ごします。歌う人がいる、じっと聞いている人がいる、拍手する人がいる。自分も歌いだす人がいる。踊る人がでてくれば、議論する人もでてくる。知らん顔して雲を眺めている人もいる。酒ばっかり飲んでる人もいる。急にいなくなる人がいるかと思えば、知らぬ間に帰ってきてる人もいる。そんな広場のどこかには、居心地のいい自分の場所がある。「いつき組」は、そんな広場でありたいと願っているのです。そのようなことを、いつだったか、ねこ端石くんが書き込んでくれてたように思います。俳句が作れなくてもいいんです。季節の風や匂いを感じながらそこに座っているだけでいい。俳句とは、そのぐらい懐の深いものなのです。安心して、広場に集いましょう。いろんな人の作品という名の歌に耳を傾けましょう。我が心をふるわせてくれた作者に「ありがとう」と声をかけるだけで、私たちはみな繋がれるのです。大切なのは繋がっていくこと。俳句を作る作らないではない、上手い下手でもない、「俳句って楽しい」という一点で繋がることなのです。「いつき組」とは、そういう広場なのです。


            2018 冬の便り〜群馬のどんど焼き

            0

              かま猫からの特派員レポート♪ これも、どんど焼きの楽しみね!

               

              組長おはようございます
              はや小正月
              倍速で過ぎていくような日々です。
              こちら鄙の里でも地区ごとの小さなどんど焼きがあちこちで行われました。
              寒い中木蓮の蕾がまっすぐ空を刺していました。
              どんど焼きで焚き上げた達磨も達磨市で新しくしました。
              松山は雪だったんですね!
              どうかお身体大切にお過ごしくださいね。
              かま猫拝
              かま猫ちゃん、さんきゅ。
              松山市内は雪が降ることはないんだけど、その周辺には降ります。
              今朝も石鎚山は真っ白です。今日も気持ちよく働きます!

              2018 各地の氷だより

              0

                なんとまあ、南国愛媛ながらこんな特派員レポートが! 以下、大洲の瀑さんからです。

                 

                瀑です。
                お疲れ様です。
                余程の寒波が来ないと凍らない、滑床渓谷の奥にある大瑤梁譟覆おくらのたき)。

                寒波が続けばもっと膨らみ、青白く光る氷結の瀑布が望めるらしいですが、地球温暖化の為にここまで凍ることは少なく、近年では久し振りに見事な凍滝でした。

                 

                すげー〜!

                瀑さん、滑床渓谷までこうなりましたか!吃驚。

                松山は夕暮からまた気温が下がってきました。

                めろさんの住む鬼北町のどんど焼きも無事に終わりましたかね〜


                2018 各地の雪だより

                0

                  福岡の理酔兄ちゃんから、13日付特派員レポート♪

                   

                  e body

                  組長様、今朝から長崎市に来ています、市内は昨日まで雪が積もっていたらしく、この様な作品が歩道に鎮座してました。理酔拝

                  ははは! 理酔兄ちゃん、長崎か。

                  茶色の雪だるまも句材だね。

                  そして愛媛県鬼北町在住めろさんからも、今朝付で特派員レポート届いてます。

                   

                   

                  めろです。お寒いですね。
                  どんど焼き、本日13:00からです。餅まきもあります。
                  2句は作ります。

                   

                  うわ、寒そう!

                  めろさんの住む愛媛の西南、南予地方は毎年雪が沢山降る地域です。

                  すごいなあ、この設え。どんど焼の火を想像しつつ、私も2句ぐらいは作ってみます!

                   

                  今日の松山は少し気温もあがって、気持ちのいい冬の日差し。でも、石鎚山は下のほうまで真っ白に光ってるし、近くの砥部や東温市あたりの山々も雪が積もってます。うちから見える烏天狗くんの棚田(「てっぺん米」産地)も雪一色。烏くん、家から出られないんじゃないのか??


                  2018 各地の冬の便り

                  0

                    松山在住まゆ熊から特派員レポート、以下ご紹介ぢゃ♪

                     

                    組長、まゆ熊です。
                    まる裏お疲れさまでした。
                    もう昨日になりますが氷が張ってて寒かったですね。写真分かり辛いですが、草を抜こうとたところ土の中まで凍っていたので写真を取りました。水面に張る氷と違って繊細ですね。

                     

                    まゆべあ君よ、

                    人はそれを「霜柱」と呼ぶのだよ〜(笑) 松山で初氷だったのが昨日?一昨日?だったらしいが、かま猫からはすでに十一月初旬にこんな写真が届いていた。群馬は北国か?!

                     

                    これを人は「霜」と呼ぶ。

                    そんな霜の中で平然と霜を舐めている、かま猫っちの犬。

                    日本列島は実に長いね。

                    俳句を楽しむわたしたちにとって、四季のある国に住むことは何ものにも替え難いラッキー♪やね。

                    霜そして霜柱、季語の現場の一句を書き留めましょう!


                    元気がついてあしたの仕事中からだいっぱい勢がよくて面白いようなそういうポラーノの広場

                    0

                      宮沢賢治著『ポラーノの広場』にあるこの一節のように

                       

                      「そうだ、あんな卑怯な、みっともない、わざと自分をごまかすような、そんなポラーノの広場でなく、そこへ夜行って歌えば、またそこで風を吸えば、もう元気がついてあしたの仕事中、からだいっぱい勢がよくて面白いような、そういうポラーノの広場を、ぼくらはみんなでこさえよう。」

                       

                      と、心に旗を掲げていないと、

                      時々自分が何をやってんだか?!・・・と、分からなくなることがある。

                      情けないことではあるが、そんな自分も反省材料の一つだ。

                       

                      ポラーノの広場に掲げた自分の旗を見失わない!

                      それが、2018年の目標。

                       

                      埼玉の小市さんからの1枚。

                      この冬青空のような自分でいたいよ。


                      | 1/405PAGES | >>

                      ★当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

                      俳句新聞いつき組
                      ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちらへ!

                      【夏井いつき最新刊】

                      「プレバト!!」俳句コーナー
                      番組公式本 第2弾!

                      2択で学ぶ赤ペン俳句教室
                      (発行:ヨシモトブックス)

                      1日の終わりに
                      愉快な俳句と小さな気づきを。

                      寝る前に読む一句、二句。
                      (発行:ワニブックス)

                      一冊丸ごと雪づくし!
                      ビジュアルで発想を鍛えて
                      季語に強くなる

                      夏井いつきの
                      「雪」の歳時記

                      (発行:世界文化社)

                      【夏井いつき近著】

                      links

                      日本俳句教育研究会
                      俳句甲子園
                      俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
                      四国 おひるのクローバー
                      朧庵

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM