何のためになぜこの風は薫るのか

0
    ラジオの収録。
    「一句一遊」15周年パーティーへの感想がまだまだ届いてました。
    お便りには「今回は行けなかったけど20周年には必ず行きたい」「20周年まで元気で続けてください」なんて嬉しい声もあり、細く長くコツコツ続けていかねばなあと、思いを新たにした次第です。

    ふつうのラジオ番組と「一句一遊」の一番大きな違いは、リスナーの皆さんから届くのが「俳句」という作品であるということです。「今日は○○○○をテーマに、メール&ファックスお待ちしています」という番組であれば、読まれる読まれないは時の運?みたいなもんですから、読まれたらうれしいけど読まれなかったとしてもそれはそれ〜(笑)

    が、「一句一遊」に投句されるのは作品です。
    自分の句は果たしてどのぐらいのレベルなんだろう、どうやれば巧くなるんだろう。金曜日レベルの句が作れるようになにはどうすればいいんだろう。投句してくださる皆さん一人一人の思いに、きちんと返事をしていきたいのです。

    初めて投句して、読まれない。何度投句しても読まれない。やっぱり自分なんて俳句に向いてないんじゃないか・・・と思ってしまう。だから、たった10分の番組で、どれだけの作品が読めるか。それがリスナー俳人の皆さんへの、返事だと思って15年このスタイルで続けてきました。

    が、いずれこの調子で投句が増え続けていけば、当然方針を考え直さない時期がやってきます。
    ・・ってか、もうやってきてるといっていいんだろうな。

    「投句数を制限したらよいのでは」というご意見もよくいただきますが、それは「俳句の種まき運動」をライフワークとする私のポリシーに反します。

    もし、一人一句と規定したとします。そもそも初心者は、自分の句のどれが良い句で、どれがベタな発想なのかという自選力はないのです。一人一句を自分で選んだ時、多くの人たちが「最もつまらない句」を選びがちであること。これは初心者誰もが経験することです。初心者を育てるための「投句制限のない投句」を受け入れられる場は滅多にありません。私は、そんな場をずっと作りたかったし、そんな場を真剣に育んでいきたいと思い続けているのです。

    つい先だっても、某局の某プロデューサーから「その一句一遊って番組を制作してる側は、そんなことを夏井さんに要求はしてないんじゃないですか。夏井さんが拘ってるだけでしょ。もっと楽にやったらいいのに」と言われて、ちと考え込んでしまいました。確かにたった10分の番組です。楽にやろうと思えばやれるのでしょう。でも、それはなんか違うんです。何が違うんだろう・・・。

    一つ思ったのは、私は「番組のために俳句を使っているのではなく、俳句のために番組を使っている」ということです。だから、こだわるところがある。絶対に譲れないところがある。

    なんのために風は薫るのか、きちんと見極めたい。細く長く続けてこそ手に入れられるものがあることを、59年生きてきて、私は少し知っています。「100年俳句計画」と掲げた志を再度、この薫る風の中でじっくりと考えてたい。
    そんな心持ちの5月もあと少しです。

    明日から、岐阜県大垣市の小学校をまわる句会ライブツアー。
    かの地の紫陽花はいかがでしょうか♪

    夏来る寝る子は育つとはこれか

    0
      久しぶりの我が家にて!・・・原稿の崖、選句の山。
      湯あがりの我が孫のこんな野放図な寝姿に爆笑しつつ癒される日。

      赤ちゃん用のバウンサーをはみ出してしまってるリー君。
      最近は、ハイハイとつかまり立ちが同時に進歩してきて、
      なんと身長は伸びているのに体重が減った!
      顔つきがどんどん変わっていくから赤ん坊って面白い♪

      俳都松山イベント〜愛知・明治村にて

      0
        開演前の「呉服座(くれはざ)」です。
        飛騨高山や富山から来て下さった方々も!
        一部をワタクシ務めさせていただきまして、二部は俳句対局を楽しんでいただきました。俳句対局の写真撮るの忘れてたよ!結果は、さまざまな皆さんのブログやフェィスブックでも、すでに紹介されてるんじゃないかなあ(笑)

        毎日新聞「女の気持ち」〜「風光る」句会ライブ

        0
          今朝、松山ももさんから電話をもらいました。「毎日新聞の朝刊に句会ライブのこと書いてあるの。感動して、朝っぱらから電話かけちゃいました」って、一体なんだろうと思いつつ、空港のラウンジにてその記事を読みました。そして、ありありとあの日の句会ライブのことを想い出しました。

          あの日の句会ライブの最前列で手話のやりとりをしていた二人。
          嬉しいエッセイをありがとう!

          今、私は愛知県犬山市にいます。
          明日は明治村にて俳都松山イベントです♪

          薫風や廃車買取いたします!

          0
            松山市内にて、こんな広告を見つけて個人的バカ受け!
            最近投句してきてる松山東高同窓会「しょい句会」の石川焦点にそっくりなんですけどッ!(笑)

            これ、伊予鉄バスの尻です♪
            松山に観光に来られる観光客のみなさん、このバス見たら手を振ってやってください(笑)。

            明日は、ワタクシ愛知・明治村に移動します。
            ご当地のみなさん、日曜日の俳都松山イベントにてお目にかかれますことを楽しみにしております!

            俳句甲子園実行委員会から 協賛金のお願い

            0
              いよいよ6月11日12日、6月18日19日の2週にわたって、『俳句甲子園』地方大会が開催されます。北海道から沖縄まで、全国20数カ所にて高校生たちが8月の第19回全国大会に向けて、しのぎを削ります。

              今年は最多の102校137チーム、34都道府県からノミネートがありました。
              地方大会を勝ち抜いた36チームが俳句の都松山に結集します。

              俳句甲子園実行委員会は、松山市民&俳句愛好者によって構成されています。さまざまな本業を持ったオジサン、オバサン、若者たちが俳句を愛する高校生たちのために、一年間をかけて準備に奔走しています。予算との闘いを続けて今年で19年目。何卒、募金にご協力いただけたらと思います。

              以下のURLにて、お志をいただければ幸いです。
              https://faavo.jp/ehime/project/1229

               

              今日は木曜プレバトナイト♪

              0
                毎週木曜日7時〜です!
                全国TBS系の局にチャンネルを合わせて下さい。

                ついでのご案内といってはなんですが、
                NHK俳句の只今募集中の兼題は「百物語」「幽霊」
                え?・・・幽霊は季語?と首をひねる方は、本ブログの5月11日の記事をご覧下さい。

                投句は以下から♪
                http://www4.nhk.or.jp/nhkhaiku/


                去年の誕生日にもらった紫陽花が今年も花芽をつけています。
                咲くのが楽しみな日々です。

                岡山井原市ふたたび

                0
                  井原市の市民大学講座の担当の皆さんとの記念写真。
                  今、スケジュール帳をみてて気付いたのですが、
                  私たぶん今年度中に再び井原市に行くことになりそうです。
                  詳しいことが決まったら、またお知らせしますね。

                  いつかの再会を約束したばかりなのに・・・また会う!(笑)

                  東京の夜の紫陽花

                  0
                    収録を終えてやっと宿に。
                    今日も熱い?展開でした(笑)。

                    紫陽花の別名は「よひら」、美しい名前です。

                    大雨注意報?の松山 そしてレモンの花

                    1
                    なんだったんでしょう。この雨は。
                    肌寒いし雨は降り続けるし、黙々と原稿&選句をしておりました。
                    ベランダのプランターには、こんなひそやかな花が。

                    レモンの花です。なんせちっちゃい鉢植えなので、一度しか実をつけたことがありません(笑)。でも、毎年この花の美しさを楽しんでおります。

                    先ほどケイタイがぎゅんぎゅん鳴りましたが、茨城県で地震があったようです。
                    明日から東京。全国どこに行ってもケイタイは危険を知らせて鳴ります。
                    皆さま、くれぐれもお気をつけ下さい。

                    | 1/339PAGES | >>

                    ※俳句新聞「いつき組」について詳しくはこちら(オンラインショップの詳細案内)、もしくは直接マルコボ.コム(電話089-906-0694:平日9時〜18時)へ。

                    【夏井いつき最新刊】

                    「才能アリ!」な季節の挨拶
                    季語を使ったお便り実用書

                    夏井いつきの
                    美しき、季節と日本語

                    (発行:ワニブックス)

                    【夏井いつき近著】

                    links

                    日本俳句教育研究会
                    俳句甲子園
                    俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
                    えひめ おひるのたまご
                    朧庵

                    calendar

                    S M T W T F S
                    1234567
                    891011121314
                    15161718192021
                    22232425262728
                    293031    
                    << May 2016 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM