東京にて 『プレバト』収録は1月4日の特番!

0

    平戸から福岡空港へ。そして羽田へ。

    九州は夕暮れから雪の予報でした。『雪の歳時記』お手元に1冊いかがですか。

    雪の美しい写真、さまざまな雪の傍題の知識、雪についての科学的知識。

    冬の俳句作りの参考にして下さい。

    3月刊行予定の「花」つまり桜の句も募集中です。

    詳しい応募要領は、上記『夏井いつきの「雪」の歳時記』巻末を参照して下さい。

     

    『プレバト!!』は、いつものスタジオにて賑やかな収録、無事終了。

    良き日でした。


    長崎・平戸高校にて句会ライブ 2017

    0

      地元の高校生のために毎年講演会を開いているのが、同窓会の皆さん。

      今年は句会ライブをすることに♪

       

      高校生&四校の中学三年生。特に告知はしなかったとのことですが、会場一杯の地元の皆さん。

      向かって左側最前列の白シャツがシンペイ! 面白い男でした。

       

      前夜祭で同窓会の皆さんと一献したのですが、そこに高田純次に似たオジサンがおりまして、愉快に酌み交わしたのですが、そのタカダジュンジの息子がシンペイだったと後で知って、個人的に大受け! オーラという血は争えないもんですなあ(笑)

       

      そして、音楽のケンタロウ先生。ファンファーレを吹いてくれました。大拍手!

      熱い地元愛を感じた平戸でした。また会いましょう♪


      福岡・八女市にて句会ライブ2017

      0

        七百人ぐらいの皆さんとの句会ライブ。客席に役者が多くて、腹抱えて笑いました。バスクリーンの入れ方に議論が紛糾し、離婚届のハンコにあたたかい拍手がおこり、フラダンスの指の合図を覚えましたな。ははは!

         

        素晴らしい句を出してくれた俳句甲子園出場経験のある高校生三人が、句会ライブが終わってから楽屋に会いに来てくれました。

        名付けて「はるかトリオ」福岡明善高校&熊本信愛高校、俳句甲子園をきっかけに一緒に吟行したり句会したりしてるそうです。ここにも、嬉しい俳句の輪が広がっています。来年の俳句甲子園、松山で会おうぜ!


        福岡から ありがたい図書館の話題

        0

          福岡の谷口詠美さんからの特派員レポート届きました。

          ありがたい図書館の話題です。

           

          組長、スタッフの皆さまいつもお世話になりまして、 ありがとうございます。けふ、勤務先の図書館で、 美しい日本語コーナーを発見! 中には夏井いつき先生コーナーもあり、こうして拝見して、 しみじみ先生のおしごとの密度を感じています。「寝る前の一句二句」はおもしろくて一晩で読了!「花の歳時記」 も楽しみに存じています。みなさま寒さ厳しき折、ご自愛くださいますように。詠美

           

          ありがとう、詠美さん。

          お便りの中にある『寝る前に読む一句、二句』(ワニブックス)は、二列目の向かって左端の黄色のヤツ。「寝る前に読んではいけない!」という、嬉しいような苦笑いするしかないようなお便りがたくさん届き、嬉しく思っている一冊です。「花の歳時記」へのご投句も是非お待ちしています。

           

          今日は、八女市にて各位ライブ。八女市って福岡でしたっけ?

          月曜日は平戸の高校にて句会ライブです。行ってきます!

           

          追伸

          律川エレキ女史の個展も10日が最終日だったか?

          愛媛県立美術館南館にて。更紗さんのこんな写真も届いていたぞ。

           


          龍の玉青い 内出血も青い

          0

            八幡浜市日土の瑞木さんから写真が届きました。

             

            組長、この冬、初めて見つけた龍の玉です。こころなしか、まだ色が淡いような。話は変わって、昨日、耐熱ガラスでできた鍋の蓋を落として割りました。割れてこそガラス蓋。普通の陶器より分厚いから、割りごたえがありました。耐熱ガラス、要注意ですね。

             

            ははは!ありがとう瑞木さん。

            後半の話題は『寝る前に読む一句、二句』からのネタですね。

            耐熱ガラスを割った時のショックは、あの分厚さのショックですね。耐熱ガラス、要注意です。

             

            いつでしたか、句会の折に瑞木さんからもらった竜の髭。うちのベランダのプランターに植えてます。まだ龍の玉はできてないです。この青も、翡翠の青も、どちらも忘れがたい天然の青です。

             

            無事に松山に戻りましたが、いつぶつけたのやら分からない青痣が二の腕の外側に。嗚呼、いてえ、いてえと愚痴りつつ、明日からまた県外遠征。荷造りもしつつ、原稿も書きつつの夜です。


            帝塚山学院中高PTAの皆さんとの句会ライブ

            0

              今年度、帝塚山学院大学の客員教授を務めております関係もあり、今日は帝塚山学院大学中高PTAの皆さんとの句会ライブを開催することになりました。いやはや、笑いましたがな!

               

              今日の句会ライブを企んでくれた事務局の皆さん。頼りになる会長ありがとう。ネタにしてごめんね、中村くん(@副会長)。そして、諸々の準備をしてくれたカキウチ嬢ありがとう!いつかここの生徒たちと句会ライブができる日がくればいいな〜♪

              盛大に送り出されて、伊丹空港まで来て取材一件受け、最終便で帰ろうとしたのだが、なんと松山便は欠航! 明日は、孫の「ファンファンデー(@お遊戯会)」♪・・・だったのだが、あう〜残念無念(@涙ちょちょぎれ〜)


              ちと焦った!

              0

                旅立つ時には、たくさんの選句やら原稿やらを仕上げなくてはなりません。

                そーとー頑張っております!

                 

                そんな日は、皆さんから届いたこんな写真に心を癒やされるのです。

                これは、小市さんの写真。

                最速フル回転してる脳みそが、うっとり癒やされました。ありがとう、小市さん。

                 

                明日は、日帰りにて大阪帝塚山学院中高PTAにての句会ライブです♪


                次回『花の歳時記』〆切は1月20日〜取材も進んで

                0

                  全国の書店には『夏井いつきの「雪」の歳時記』が並んでいることと思いますが、

                  すでに次回、春刊行予定『夏井いつきの「花」の歳時記』の準備も着々と進んでいます。

                  前回に引き続きローゼン千津を派遣。今回は「日本花の会」にて、桜の話をたっぷり聞いてきてもらいました。

                  http://blog.goo.ne.jp/msgecko/e/0bda2865c0ee8542579a041e6dbdbc74

                   

                  美しい写真の選定も進んでいます。

                  それらの写真や古今の名句とともに、ご投句いただいた貴方の俳句が載る!かも〜という企画。小林一茶の隣のページに「酒井おかわり」なんてヘンな俳号の秀句が載る!というのが、この企画の目玉です。

                   

                  詳しくは、『夏井いつきの「雪」の歳時記』95頁を参照して下さい。

                  さまざまな桜の句、お待ちしています。

                  「花」ってのは、桜のことだから間違えないようにしてね!

                   

                  この写真は桜とは関係ありません、念のため(笑)

                   

                  今日は、我がふるさと愛南町内海地区三校合同句会ライブ&ひよこ句会でした。

                  子どもたちの赤裸々な告白が幾つも飛び出て、先生たちも苦笑い&大笑いの句会ライブでした。

                   

                  そして、ひよこ句会は年に一度の忘年句会でした。この若きお父さんが「モッチァレラえのくし」です。子どもたちと一緒に小さな俳句連を作って、楽しんでくれてます。この色紙は、連衆たちとのアジトに飾るのだとか(笑)

                  小さな俳句の種蒔きの輪が広がることが嬉しくて♪

                  ありがとう、モッチァレラえのくし君!

                   

                  あ、ところで明日は『プレバト!!』あるのかね、人見直樹よ。


                  ラジオ『夏井いつきの一句一遊』×ラジコプレミアム×俳句ポスト365の合力

                  0

                    十七年続けているラジオ番組『一句一遊』最近投句がまた増えた。

                     

                    ずーーっと、聞き書きをしてくれてる勝手連「聞き書き隊」の皆さんがアップしてくれてる「落書き俳句ノート」(HP『朧庵』)を読んで、ラジオの電波が届かない人たちからの投句が届くようになった時代を越えて、今は「ラジコプレミアム」という秘密兵器ができた。全国どこからでも、月額三百ウン十円で『一句一遊』が聞けるってヤツだ。そのおかげで、ぐんぐん投句が増えてきたが、さらにここのところ、『まつやま俳句ポスト365』に集うハイポニストたちが『一句一遊』にも投句し始めるようになった。

                     

                    そんなあれやこれやの結果、今日の収録に届いた投句はこんなことに!

                    コピー用紙二束ぐらいは軽くいってるのではないか・・・?

                     

                    「最近、三週間も読まれてないんですけど」なんてコメントのついた投句も届くが、なんせ番組はたった十分間。月〜金の帯番組だとはいえ、紹介できる句には限りがある。今は、四週に一度読まれるか否か・・・という状況。す、すまんと謝りたいが、こればっかりはどうしようもない。が、ここは「す、すまん」と謝っておく。毎週投句を続けている人のほうが、読まれる確率は高いので、「どうせ読まれないから」なんて言わず、コツコツ投句を続けて欲しい。

                     

                    各地に小さな俳句連が生まれているとの知らせ、今日も沢山届いていた。

                    そんなメールが、私の活力となる。そんなお便りを読む度に、チカラが湧く!

                    一つ一つの俳句連の名前、そこに集う人たちの俳号を、覚えていくことも楽しい。

                    各地をめぐって、新しい俳句仲間と会うことを思うだけでウキウキする。

                    それが私の「百年俳句計画」の一つのカタチ♪


                    2017 冬の瀬戸内海俳句大会 入賞者のみなさんと

                    0

                      二年前だったかな、この俳句大会で出会った「28ひろきち」と「28あずきち」。三重県からはるばる来てくれたことを知り、「『まつやま俳句ポスト365』っていう無料で投句できるサイトがあるよ」と誘いました。以来、二人ともハイポニストとして投句を始めてくれました。その後、投句に添えられているコメントで、赤ちゃんができることを知ってたのですが、なんと今回は子連れで中島に来てくれました。事前投句の結果が届かないうちから、飛行機&宿の手配をしていたとか。無事に「あずきち」が入賞してて、喜んだらしい(笑)。俳号「28しんきち」は、まだ一歳二カ月。

                      一緒に写ってるのは、東京ロマンチカ句会のメンバー。この人たちは事前投句もしてないのに、当日投句を目当てに吟行がてら中島まで来てくれました。なをさんは、有言実行、見事に当日句入賞♪

                       

                      そして、夏井いつき特選。高校生の三瀬未悠さん。

                      先だっての、『道後俳句塾』でも夏井いつき特選五句の中の一席として選んだ句の作者が彼女でした。三人の選者、宇多喜代子・黒田杏子・夏井いつき全員が、二句投句のうち「二句ともいい!」と誉めたのは、彼女と高須賀あねごさんのみ。着々と力をつけているのが嬉しい限りです。

                       

                      さらに群馬県から来てくれてたのは、利平さんと奥さん。兼題「シャワー」からハイポニストの仲間となった利平さん。今回の入選を機に、松山を訪れてくれました。一緒に写真撮ったのに、うちのカメラで撮るのを忘れていた! ごめん。今度、北関東に行った時に、また会いましょう。広がる仲間の輪。嬉しい輪です♪


                      | 1/401PAGES | >>

                      ★当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

                      俳句新聞いつき組
                      ↑購読のご案内・発行状況のお知らせなどはこちらへ!

                      【夏井いつき最新刊】

                      「プレバト!!」俳句コーナー
                      番組公式本 第2弾!

                      2択で学ぶ赤ペン俳句教室
                      (発行:ヨシモトブックス)

                      1日の終わりに
                      愉快な俳句と小さな気づきを。

                      寝る前に読む一句、二句。
                      (発行:ワニブックス)

                      一冊丸ごと雪づくし!
                      ビジュアルで発想を鍛えて
                      季語に強くなる

                      夏井いつきの
                      「雪」の歳時記

                      (発行:世界文化社)

                      【夏井いつき近著】

                      links

                      日本俳句教育研究会
                      俳句甲子園
                      俳句の街 まつやま 俳句ポスト365
                      四国 おひるのクローバー
                      朧庵

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM